ブログ のお勧め記事

ブログを2年間続けたまとめと夏休みのお知らせ

2016/09/22

C-STUDYをご愛読の皆さん、こんにちは、C-STUDY管理人です。

もともとは中国語スカイプレッスンの生徒さん向けだったこのブログを一般向けにリニューアルして、2年が経過しました。

ブログって何を書けばいいの?から始まった手探りの2年間について、ちょっと記録を残しておきたいと思います。

2年間ブログを続けると

振り返ると、ブログを一般公開にした2014年9月、最初の月の月間アクセス数は約4,000PVでした。

PVとは「ページビュー(ページ閲覧数)」の略です。アクセス数を数える単位にはPV以外にも様々なものがありますが、今回の記事では一番分かりやすいPVを使用します。

1日あたりに直すと133PVですが、このアクセス数ではなかなかモチベーションを維持するのが難しいですね(^^;

ただ、月の後半には1日あたりのPVも増えてきて、「このまま続ければPVも伸びそうだ」と思ったことを覚えています。

さて、そこからコツコツと2年間ブログを更新し続けて、2年が経過した2016年8月の月間アクセス数は約24万PVまで増えました。

PV201608

単純計算で、2年間でアクセス数は60倍になったことになります。

本当はもっと上手なやり方などがあるのでしょうが、自分なりに試行錯誤しながらここまでこれたのはなかなか感慨深いものがありますね。

グラフを見ていただくと分かると思いますが、一見右肩上がりのように見えて、途中で何回か停滞期があります。

この期間にひたすら耐えて記事を書き続けるのが、やっぱりなかなか難しいんですよね。

ただ、ここまで来てから振り返ると、続けていればかならず次のステップに進めるものなんだな、と感じます。

2年間に試したことを振り返る

この2年間、ブログのアクセス数向上のため、いろいろな方法を試しました。

アメブロやはてななどのブログサービスではアクセスが比較的集まりやすいのですが、独自ドメインではだれもアクセスを誘導してくれないので、知恵を絞らないといけません。

そんな訳で、私のブログでもこの2年間にアクセス向上のためありとあらゆる方法を試してみました。

ブログ運営の難しさでもあり面白いところでもあるんですが、他の人のブログで上手く行ったことが自分のブログでも当てはまるとは限らないというのを、私もこの2年間に実感しました。

それぞれのブログによって読者層や書く人の個性が違うので、当然と言えばそうなのですが^^;

今も述べたように、アクセス向上策はブログによって最適な方法が異なるので、私の場合に上手く行った(もしくは上手く行かなかった)からと言って、その方法が良いとか良くないということでありません。

あくまで一つの事例としてお読みいただければと思います。

ブログランキング:ごく初期にはオススメ

PV201608-1

ブログを始めて最初の半年ほどにまずやったのが、ブログランキングへの参加。

有名なのでは「にほんブログ村」などがありますね。

ブログランキング・にほんブログ村へ

よくブログなどで「1日1回のクリックをお願いします」とあるのを見たことがあると思いますが、あれです。

私も両方のランキングに登録してみて、最初のころはアクセス向上にかなり貢献してくれました。

ランキングの順位がブログ更新のモチベーションにもなりましたね。

ただ、効果があったのは1ヶ月ほどで、その後はアクセス数は頭打ちでした。

上のグラフでも3ヶ月目からしばらくアクセス数が伸び悩んでいるのが読み取れると思います。

分かったのは、「ブログランキングはあくまで順位を競うものであって、集客の効果は限定的」ということです。

何より私はランキングには興味がなかったので、ブログランキングのバナーは半年ほどで外してしまいました。

ページ速度のチューニング:いいサーバーを借りるのが近道

PV201608-2

次の半年間に行ったのが、サイトの最適化による読み込み速度のチューニングです。

このブログは主に、WP Super Cache+エックスサーバーのmod_pagespeedを利用して速度の最適化をしています。

私は、しばらくはスタイルシートの遅延読み込みやJavascriptコードの最適化など、細かなチューニングにはまってしまいましたが、一般の方はそこまでしなくてもいいと思います。

なにより、数ヶ月間あれこれチューニングを試した後にエックスサーバーに引っ越したところ、てきめんに速度が向上して、「これまでのチューニングはなんだったんだ…」と思ったのを覚えています(^^;

もちろん、チューニングの経験はその後の10万PV超えでも耐えられるサイト作りに役立ったので無駄にはなりませんでしたが。

特にWP Super Cacheなどキャッシュ系プラグインは不具合や他のプラグインとの相性問題などもあるので、スキルに自信のない方は速度チューニングの世界には足を踏み入れない方がいいと思います。

それよりも、性能の良いレンタルサーバーを借りるのが、一番安全で時間もかからないのでオススメです。

私が今使っているエックスサーバーは、速度が早く、サーバートラブルもほとんどないので、サーバー管理にストレスがかかりません。

サーバー代が少し高いと思うかもしれませんが、アクセス数がある程度まで行けば、すぐに元が取れますよ。

エックスサーバー

過去記事のリライト(書き直し):長期的な効果は◎

PV201608-3

ブログ運営が2年目に入り、いくつかの記事が検索経由で継続的に読まれるようになってきました。

そうした記事の検索キーワードを見ていると、その記事を見つけてくれた読者の方が求めていた情報が見えてきます。

その検索キーワードを元に、読者の方が求めているであろう情報をさらに充実させ、関係のない情報はそぎ落とす、リライト(書き直し)作業を行ってみました。

そうすることで、よりユーザーのためになる有益な記事となり、将来的には検索エンジンからの評価も上がることが期待できます。

この方法を何度も繰り返し行うことで検索流入が大幅に増加しました。

毎日更新:効果はあるが気力が必要

PV201608-4

そしてここ数ヶ月間取り組んだのが、毎日(できれば複数記事)更新です。

主にはLCCのセール情報などを中心に、毎日ブログ記事を投稿することを心がけました。

「LCCのセール情報なんて、有名ブロガーさんが既にやっているし」と思っていたのですが、どうもそうではないようですね。

ある人から、「何十ものブログのRSSフィードを登録して購読しているのはごく一部の人で、ほとんどの人はお気に入りの2つか3つを定期的に見るぐらいだから、あなたのブログの読者にお知らせすることには意味がある」と教えてもらいそれを実践してみました。

毎回の記事の閲覧数は思ったより多くなかったので、果たしてこれは読者のためになっているのだろうかとも思いましたが、ある時期から他の記事へのアクセスが急上昇し始めました。

おそらくは、検索エンジンの中でC-STUDYの更新頻度が高いと評価されたのではないか、と思っていますが実際のところは不明です。

ただし、この毎日更新は、覚悟がないとなかなか続けるのが難しいです。私はまだそこまでの覚悟が足りないようです…(^^;

ちょっと長めの夏休みをいただきます

という訳で、最近は情報のインプットとアウトプットのバランスが崩れてきているのを何となく感じていました。

今はまだ楽しくできているのですが、ブログ更新が負担になってしまうのは嫌なので、ちょっと今のうちに対策を講じることにしたいなと、ここ最近はしばらく考えていたんです。

先週末を挟んで、プライベートで台湾の友人を訪ねに行っていたのですが、実験的にブログの更新を脇において友人と思う存分遊んできたところ、やはり最近の自分はバランスが取れていなかったなと実感しました。

1-DSC03186

そんな訳で、今月(2016年9月)末まで1ヶ月間、ブログの更新を夏休みをいただこうと思っています。

かなり記事数も増えて、サイト内の導線がグチャグチャになっているのも気になっているので、夏休みをいただいている間に、サイト構成や過去記事の見直しを行って、夏休み明けには「もっと読者のためになるC-STUDY」となるようにしたいなと、そう思っていたりもします。

あとはブログ更新って思ったより体力要るなーと言うのが最近の実感なので、体力づくりもガンバレたらな、と・・・

再開時に何も変わっていなくても笑わないでください(^^;

毎日の更新を楽しみにしてくださっていた方には申し訳ありませんが、ご理解いただければ幸いです。

私が書いているようなLCCセール情報やガジェット情報はほとんどがShimajiro@mobilerさんのブログに書かれていますので、Shimajiroさんのブログの読者登録がオススメです。

LCCのセールなど、旅行系に特化した情報なら、「トラベルメディアTraicy」さんもいいと思います。

最後に:みんな気になる?20万PVの収益は…

さて、一部の読者の方には気になるかもしれない、C-STUDYの管理人はこのブログで収益が上げられているのかという問題。

収益は月によって変動があるので、何とも言えないですし、今はまだアクセス数が変動している時期なので、これが答えということもないと思うのですが、参考までに直近3ヶ月の収益(確定分)は1PVあたり1円+アルファかな、というところです。

これが多いか少ないかは分かりませんが、ブログを副業にするには悪くない数字かなと思っています。

ただし、ここからサーバー代や資料代、取材費などを引くので、実際の手取りはもっと少なくなります。

まだまだコツを話すようなレベルには達していないのですが、一つだけ言えるのは「誰かが必要としている情報を、詳細に分かりやすく提供する」ことに注力し始めた時から売り上げが上がるようになってきた、ぐらいでしょうか。

それがどんなにニッチな情報でも、意外とその情報を求めている人は多いのだなと実感しました。

例えば、C-STUDYで今いちばん読まれているのは、[2016年版]銀聯カードを日本のATMで使う時の手数料レートまとめという記事なんですが、最初はこんな情報を(日本語で)必要としている人がいるとは全く思わず、自分の使っている銀聯カードの、中国側の銀行手数料がどうなっているのだろうと調べたのがきっかけです。

でも、記事にまとめてみると、予想を超えて多くのアクセスがあり、今では月間閲覧数が1万PV前後の一番人気のある記事になっています。

この辺りは書くと長くなりますし、ほとんどの人が興味もないと思うので、このぐらいにしておきます。

興味のある方は個別にご連絡くださればお答えできる、かもしれません^^

それではまた、来月にお会いしましょう(^_^)/

-ブログ

この記事を書いた人

C-STUDY管理人。フリーランスのプログラマー+中国語通訳翻訳+ブロガーをやってます。中国語は独学でHSK8級+中検準1級。中国・中華圏を中心に東アジア~東南アジアが活動範囲です。もっと詳しく

共有する

これは役に立つ!面白い!と思ったら共有してくださるとうれしいです。シェアしていただけると、がぜんやる気がでます^^

C-STUDYの定期読者になりませんか?

ブログの更新情報をメールでお届けします。購読は無料、解除も簡単です。 読者数:244人

関連記事