LCCセール情報 中国の交通機関 中国出張 のお勧め記事

武漢・重慶往復1.2万円!春秋航空日本が737セールを開催!

2016/09/20

B737-800 春秋航空日本

格安旅行者の間では最近ではすっかりおなじみになっている春秋航空のグループ
会社、春秋航空日本(スプリングジャパン)が全路線を対象とした737円セールを実施しています。

737円セールの内容

今回実施されている春秋航空日本の737円セールの内容は以下の通りです。

page01

  • 販売期間:2016年8月7日~ 2016年8月12日

  • 販売対象期間:2016年8月20日 ~ 2016年10月29日

  • 対象路線:Spring Japan(春秋航空日本)運行の全路線

  • 販売価格:(空港使用料等別)
    • 国内線:片道737円~

    • 国際線:片道3,000円~

  • 公式サイト:737キャンペーン 片道737円~ Spring Japan全路線対象

ところで、海外旅行保険の準備はお済みですか?
C-STUDYイチオシのEPOSカード年会費完全無料なのに、
 海外旅行保険自動付帯
 治療保障最高270万円
 キャッシュレス診療対応
といいことづくめ。
海外旅行に行くなら持っておいて絶対損はしませんよ。
【今なら8000pt還元中】エポスカードに入会するなら今がチャンス! 

武漢・重慶線は往復約12,000円!

春秋航空日本のセール価格には、空港使用料や燃油サーチャージは含まれていません。

空港使用料やクレジットカードの支払い手数料860円がプラスした総合計は、成田-武漢線で12,000円程度になると思われます。

春秋航空《日本》と春秋航空本社の違い

DSC_1949

春秋航空日本は中国LCCの春秋航空が出資する日本の航空会社で、成田空港を拠点に国内は広島と佐賀、中国へは重慶と武漢への路線を運行しています。

春秋航空《日本》は春秋航空本社と同じサイトから予約することができますが、キャンペーンなどはそれぞれ独自に開催しているので、キャンペーン開催時には運行会社と対象路線に注意が必要です。

機材も春秋航空日本はボーイング737-800、春秋航空本社はエアバスA320-200と異なっており、春秋航空本社とは機内の雰囲気も機内サービスもかなり異なる模様です。

成田空港はちょっと遠いので私が利用するのは少し先になりそうですが、いつか乗ってみたい航空会社の一つです。

手荷物制限に注意

春秋航空日本にも、他のLCCと同じく厳格な手荷物制限があります。

特に、キャンペーン料金「ラッキースプリング」の場合は、持ち込み手荷物は5kg以内というかなり厳しいルールとなっています。

springjapan

当日、超過料金を支払うとかなり高額になる可能性があるため、あらかじめ追加手荷物などを購入しておくことをお勧めします。

また、この重量制限のため、春秋航空のチェックインカウンターは毎回かなりの行列になっているのを見かけます。

チェックインの際は時間に十分余裕をみてカウンターに到着すると良いでしょう。

イチオシ!中国でもGmail, Facebook, Twitter, LINE等が自由に使えるSIMカードを使ってみました

-LCCセール情報, 中国の交通機関, 中国出張

この記事を書いた人

C-STUDY管理人。フリーランスのプログラマー+中国語通訳翻訳+ブロガーをやってます。中国語は独学でHSK8級+中検準1級。中国・中華圏を中心に東アジア~東南アジアが活動範囲です。もっと詳しく

共有する

これは役に立つ!面白い!と思ったら共有してくださるとうれしいです。シェアしていただけると、がぜんやる気がでます^^

C-STUDYの定期読者になりませんか?

ブログの更新情報をメールでお届けします。購読は無料、解除も簡単です。 読者数:246人

関連記事