LCCセール情報 台湾の交通機関 台湾旅行 のお勧め記事

台湾総額1.8万円!スクートが787運航2年目記念セール開催中

2016/09/20

DSC_8344

日本各地から台湾やシンガポールなど東南アジアを結ぶ路線を多数運行しているLCCのスクートが、787運航2年目記念セールを開催しています。

台湾・シンガポール・バンコクへのお得なチケットを探してる人は今すぐチェックしてみましょう!

セールの内容

今回実施されるスクートのセールの内容は以下のようになっています。

PROMO_20160715_JP_Network_Sale_PP

  • 販売期間:2016年7月15日10:00〜2016年7月18日23:59まで

  • 販売対象期間:2017年3月25日まで

  • 価格:(※いずれも片道、空港使用料込み)

  • 札幌(新千歳)発着

目的地価格
台北(桃園)8,500円
シンガポール19,500円
  • 東京(成田)発着
目的地価格
台北(桃園)8,500円
バンコク11,500円
シンガポール16,500円
  • 大阪(関西)発着
目的地価格
高雄8,500円
バンコク11,500円
シンガポール19,500円
ところで、海外旅行保険の準備はお済みですか?
C-STUDYイチオシのEPOSカード年会費完全無料なのに、
 海外旅行保険自動付帯
 治療保障最高270万円
 キャッシュレス診療対応
といいことづくめ。
海外旅行に行くなら持っておいて絶対損はしませんよ。
【今なら8000pt還元中】エポスカードに入会するなら今がチャンス! 

手数料を含めた総額は約1.8万円!

スクートでは、2016年7月現在、燃油サーチャージを徴収していません。

また、スクートの表示価格は空港利用料(空港税)を含めた表示になっているため、表示価格と支払総額に大きな違いがなく、分かりやすいです。

試しに東京(成田)-台北(桃園)の予約画面を見てみたところ、支払手数料まで含めた往復の総額は17,710円(オプション料金含まず)となりました。

2016-07-15 (1)

LCCの中では快適度が高いスクート

スクートはLCCの中ではちょっと格上という印象があります。

  • 座席に電源があったり
  • 機内WiFi(有料)が使えたり

  • 快適性の高いボーイングB787で運行されていたり

このクラスのサービスが利用できて、この値段で台湾に行けるのは非常に安いですね。

IMG_5711s

私もB787に乗る機会がまだないので、どこかでスクートを利用できないかな、と狙っています^^

Low Cost, Long Haul Airline with Unique Attitude | Get cheap flights at FlyScoot.com!

-LCCセール情報, 台湾の交通機関, 台湾旅行

この記事を書いた人

C-STUDY管理人。フリーランスのプログラマー+中国語通訳翻訳+ブロガーをやってます。中国語は独学でHSK8級+中検準1級。中国・中華圏を中心に東アジア~東南アジアが活動範囲です。もっと詳しく

共有する

これは役に立つ!面白い!と思ったら共有してくださるとうれしいです。シェアしていただけると、がぜんやる気がでます^^

C-STUDYの定期読者になりませんか?

ブログの更新情報をメールでお届けします。購読は無料、解除も簡単です。 読者数:245人

関連記事