台湾の交通機関 台湾へ行く 台湾旅行 のお勧め記事

チャイナエアラインが受託手荷物の上限を30kgに増量!

2016/09/22

チャイナエアライン 中華航空

日本各地と台湾を結ぶ路線を運行しているチャイナ・エアラインが、受託手荷物の上限をこれまでの20kgから30kgに変更することを発表しています。

チャイナエアラインの受託手荷物は重量制

受託手荷物の制限方法は航空会社によって異なり、主には重量に上限があるが原則として個数には制限がない重量制と、「23kg以内の荷物×2個まで」というような個数制があります。

チャイナ・エアラインは、中南米、米国、カナダ以外の路線では受託手荷物に重量制を採用しており、これまでは最高で20kgまでの荷物を預けることができました。

7月15日以降は最高30kg

チャイナ・エアラインの公式サイトによれば、2016年7月15日から、この重量上限に変更が加えられ、最大で30kgまでの荷物を受託手荷物として預けることができるようになりました。

手荷物に関する規則 | チャイナ エアライン

重量制のメリット:おみやげが増えてもムリにまとめなくても良い

おみやげ 手荷物 福岡空港

重量制の場合、原則として個数に制限がないので、特に重さは軽くてもかさばる荷物があるような場合に非常に助かります。

例えば、旅行の帰りにおみやげなどを購入して荷物が増えてしまっても、きちんとパッキングさえされていれば、ムリにスーツケースにつめ込んだりしなくても良いというメリットがありますね。

これで、台湾旅行に行ったら思う存分買い物を楽しむことができそうです。

ところで、海外旅行保険の準備はお済みですか?
C-STUDYイチオシのEPOSカード年会費完全無料なのに、
 海外旅行保険自動付帯
 治療保障最高270万円
 キャッシュレス診療対応
といいことづくめ。
海外旅行に行くなら持っておいて絶対損はしませんよ。
【今なら8000pt還元中】エポスカードに入会するなら今がチャンス! 

-台湾の交通機関, 台湾へ行く, 台湾旅行

この記事を書いた人

C-STUDY管理人。フリーランスのプログラマー+中国語通訳翻訳+ブロガーをやってます。中国語は独学でHSK8級+中検準1級。中国・中華圏を中心に東アジア~東南アジアが活動範囲です。もっと詳しく

共有する

これは役に立つ!面白い!と思ったら共有してくださるとうれしいです。シェアしていただけると、がぜんやる気がでます^^

C-STUDYの定期読者になりませんか?

ブログの更新情報をメールでお届けします。購読は無料、解除も簡単です。 読者数:244人

関連記事