中国の交通機関 中国出張 地下鉄・バス のお勧め記事

浦東空港から虹橋空港へ乗り継ぐには?移動時間と費用を比較してみた

2016/09/20

中国国内線や香港への乗り継ぎなどで、浦東空港と虹橋空港の間を移動しなければならない場合があります。

この2つの空港間をどうやって移動するのがベストか、リニア・地下鉄・タクシー・空港バスの料金と所要時間を調べてみました。

上海にある2つの空港

上海には、上海市の東の端にある浦東空港浦东机场と、西側に位置する虹橋空港虹桥机场という2つの空港があります。

日本からの便の多くは浦東空港に到着しますが、羽田発着の一部の便は市内へのアクセスが若干便利な虹橋空港に到着します。

なんだか、日本の成田空港と羽田空港の関係に近いように感じますね。

浦東⇔虹橋の乗り継ぎ便

そこで、問題になるのが、中国内陸部や香港などへの旅行・出張の際に上海乗り継ぎとなっていて、それが浦東/虹橋での乗り継ぎとなるパターン。

日本で言えば、成田⇔羽田の乗り継ぎにあたるでしょうか。

私も今回ついに、この乗り継ぎパターンに当たってしまいました(^^;

虹橋空港の第一ターミナルと第二ターミナルは離れた場所にある

さて、ここでさらに問題になるのが、虹橋空港のT1(第一ターミナル)とT2(第二ターミナル)が離れた場所にあるということ。

浦東空港の場合は、T1とT2が隣接していて、その間に地下鉄・リニア・バスのターミナルがあるため、T1とT2の違いは問題になりません。

どういうことかと言うと、虹橋空港は滑走路を挟んで向かい側にT1とT2が位置しており、その距離は直線でおよそ2.5km、ターミナル間を移動するには地下鉄に1駅乗車するか、無料のシャトルバス、またはかなり大回りになりますがタクシー(約30元=約500円)を利用しないといけません。

虹橋空港のT1-T2間シャトルバスは30分に1本運行しており、乗り場はそれぞれ第一ターミナルP2駐車場(始発6:00、終発22:30)と第二ターミナル到着ロビー一号出口(始発6:30、終発23:00)です。(虹橋空港公式サイト

もし到着ターミナルを間違えると、ここで結構な時間のロスになる可能性がありますので、自分の利用する便が虹橋空港のどちらのターミナルから離発着するのかを、あらかじめよく確認しておきましょう。

浦東空港から虹橋空港へ乗り継ぐ方法と所要時間

さて、肝心の浦東空港から虹橋空港への乗り継ぎですが、主に空港シャトルバス、地下鉄、タクシーの3種類の移動手段があります。

ずいぶん昔には、浦東空港から虹橋空港までリニアが直通するなんて話もあったんですが、住民の反対運動で中止になってしまいました。

[30元 75分~]おすすめは空港シャトルバス(机场一线)

もし、利用する便がT2(虹桥2号航站楼)からの離発着便なら、浦東空港から出ている空港シャトルバス「机场一线」を利用するのが、コストと利便性のバランスの取れたプランです。

1-20160517-172053-0

浦東空港のT1とT2の間にあるバスターミナルから机场一线に乗車したら、虹桥2号航站楼まではノンストップです。

料金は30元(約500円)です、荷物を預けて座ったまま移動できることを考えれば安いと言ってもいいでしょう。

1-20160517-171536-0

運行間隔は約15分に1本、所要時間は標準で75分となっていますが、上海市内は渋滞が激しく、特に朝晩のラッシュ時間帯はかなり時間がかかる可能性がありますので、乗り継ぎ時間には十分余裕を見て旅程を組むことをお勧めします。

T1発着便なら

もしT1(虹桥1号航站楼)利用なら、バスが虹桥2号航站楼に到着したらそこで地下鉄10号線に乗り、最初の虹桥1号航站楼で降りましょう。

地下鉄10号線の虹桥1号航站楼駅は終点なので、方向を乗り間違える心配はありません。

乗り換えがちょっと面倒ですが、全部地下鉄で移動するよりは楽だと思いますよ。

[45元 70~80分]リニア+地下鉄

一番時間的に確実なのが、このリニア+地下鉄乗り継ぎルートです。

上海リニア浦東空港駅

浦東空港のT1/T2間にあるリニア駅(磁浮机场站)から上海リニアに乗車し、最初の駅(であり終点)の竜陽路駅(龙阳路站)で地下鉄2号線に乗り換えます。

上海地下鉄竜陽路駅

竜陽路駅では、世紀公園(世纪公园)・徐涇東(徐泾东)方向に乗車して約45分、16駅で虹桥2号航站楼駅に到着します。

運賃は、リニアが40元(飛行機のチケットがある場合)+地下鉄が5元の合計45元(約740円)です。

上海リニア

このルート全体の所要時間は約70分~80分で、渋滞の心配もないため、乗り継ぎ時間の制約がある場合にオススメです。

ただし、竜陽路での乗り換えがあること、特にラッシュ時は地下鉄に着席できない可能性が高いため、体力に自信のない方にはあまりお勧めできません。

T1発着便なら

もしT1(虹桥1号航站楼)利用なら、地下鉄2号線の虹桥2号航站楼で10号線に乗り換え、最初の虹桥1号航站楼駅で降りればOKです。

南京東路駅(南京东路站)で10号線に乗り換えるルートもありますが、上のルートの方だと10号線が始発駅のため、乗り換え間違いがなくて初心者向きだと思います。

地下鉄料金はT2の時と同じく5元、リニアとの合計運賃は45元(約740円)です。

全体の所要時間は80分~90分を見ておけば良いでしょう。

[8元 90分~100分]地下鉄2号線

次に検討するのが、体力が必要ですが費用は一番安い、全線地下鉄ルートです。

このルートでは、浦東空港のT1/T2にある地下鉄駅(浦东国际机场站)から地下鉄2号線に乗車します。

地下鉄浦東国際空港駅

地下鉄2号線は、今のところ全線直通の列車がないため、8駅乗車した広蘭路駅(广兰路站)でホーム向かい側の列車に乗り換えます。(決して階段を上ったりせず、降りたホームの向かい側に乗り換えてください!)

上海地下鉄2号線広蘭駅乗り換え

ご覧の通りこの広蘭路駅での乗り換えはかなり激しい競争になります。

浦東空港駅で席が確保できていても、たいていの場合はここでの乗り換えで席を失うことになるので、列車を1本見送ってなるべく列の先頭に並ぶようにするのが着席のコツ(それでもなかなか厳しいのですが…)です。

広蘭路駅で乗り換えができたらあとは虹桥2号航站楼まで、55分ほどの乗車時間で到着します。

地下鉄2号線車内

ルート全体の所要時間は約90分~100分、運賃は8元(約130円)と激安ですが、地下鉄2号線の混雑度は激しく着席できる確率がかなり低いため、荷物が少なく体力に自信のある人向きと言えるでしょう。

T1発着便なら

もしT1(虹桥1号航站楼)利用なら、虹桥2号航站楼駅か南京東路駅で10号線に乗り換えて、10号線の虹桥1号航站楼駅で降りればOKです。

地下鉄料金はT2の時と同じく8元(約130円)です。

全体の所要時間は100分~110分ぐらいになるでしょう。

[200元~250元 60分~100分]タクシー

荷物が多かったり、体力に自信がない場合は、費用はかかりますがタクシーを利用することをお勧めします。

浦東空港から虹橋空港までのタクシー所要時間は60分~100分ほど(道路の混雑事情によります)、タクシー料金の概算は200元~250元(3300円~4100円)です。

グループ旅行なら1人当たりの金額が安くなりますが、通常のセダンタイプのタクシーではスーツケースがあまり入らないので、ミニバンタイプのタクシーを選ぶのがいいでしょう。

上海のタクシー

また、上でも触れたように、虹橋空港のT1とT2は離れた場所にあるため、1号航站楼(T1)か2号航站楼(T2)かをはっきり伝えるようにしましょう。

まとめ:体力と予算の許容度に合わせて最適なルートを

上海の浦東空港から虹橋空港への乗り継ぎのルートをまとめてみましたが、やはり一番バランスが取れているのが空港バス(机场一线)ルートだと感じました。

ただ、朝夕の時間帯にかかる場合や乗り継ぎ時間にあまり余裕がない場合は、地下鉄(またはリニア+地下鉄)など、時間の読める交通手段で移動するのが良さそうです。

グループ旅行なら、タクシーをうまく利用すれば、空港バスとあまり変わらない料金で移動することができそうです。

体力や予算に合わせて、最適なルートを選び、楽しい旅行・出張にしてください。

ところで、海外旅行保険の準備はお済みですか?
C-STUDYイチオシのEPOSカード年会費完全無料なのに、
 海外旅行保険自動付帯
 治療保障最高270万円
 キャッシュレス診療対応
といいことづくめ。
海外旅行に行くなら持っておいて絶対損はしませんよ。
【今なら8000pt還元中】エポスカードに入会するなら今がチャンス! 

-中国の交通機関, 中国出張, 地下鉄・バス

この記事を書いた人

C-STUDY管理人。フリーランスのプログラマー+中国語通訳翻訳+ブロガーをやってます。中国語は独学でHSK8級+中検準1級。中国・中華圏を中心に東アジア~東南アジアが活動範囲です。もっと詳しく

共有する

これは役に立つ!面白い!と思ったら共有してくださるとうれしいです。シェアしていただけると、がぜんやる気がでます^^

C-STUDYの定期読者になりませんか?

ブログの更新情報をメールでお届けします。購読は無料、解除も簡単です。 読者数:246人

関連記事