浜松 のお勧め記事

浜松駅(静岡県)から中部国際空港セントレアまで一番安く行く方法は?

2016/09/20

dav

私の住んでいる静岡県浜松市から、中部国際空港セントレアまでは最短ルートでも100km以上、そこそこの距離があります。

飛行機に非常に安く乗れる今の時代、できれば空港までの交通費も節約したいところです。

そこで、浜松駅からセントレアまでの交通手段について、比較してみました。

遠鉄バスe-wing

まず、基準にするのは、浜松ベースのセントレア利用者が一般的に利用する「遠鉄バス e-wing」です。

E-wing-orange

遠鉄e-wingは、浜松駅に加えて浜松市内各所や、さらには静岡県西部各地に停留所があるため、静岡県西部の人たちにはよく利用されています。

バス停まで家族で送ってもらったり、または自分で車を運転して、車を高速道路併設の大型駐車場(磐田IC,浜松西ICは500円/10日、それ以外は無料)に停めておくこともできます。

運行時間も、午前便にしっかり間に合う浜松駅4:20発から、夜便でも安心のセントレア22:00発(浜松西ICゆきは22:30が最終)まで、かなり長い時間運行されています。

所要時間は浜松駅~セントレアが2時間15分、そんなに遅くはありません。

また、新東名が豊田JCTまで開通してからは、途中で渋滞することはほとんどなくなったようです。

運賃は、片道3100円(往復6200円)とそれほど安くはありませんが、乗り換え不要、全員着席、車内WiFi完備というサービスを考えると、ほとんどの人がこのルートを選ぶのも分かる気がします。

遠鉄バスe-wing
所要時間2時間15分
費用片道3100円
乗り換え0回
運行時間4:20~22:00
着席

自家用車

次は、私たちが主に利用する自家用車+空港駐車場ルートについて確認してみます。

自家用車ルートのメリットは早朝LCCなどにも対応できること、バス停までの交通手段を考えなくてもいいことでしょう。

自家用車ルートは、ルート、利用駐車場、日数、人数、ETC割引などのいくつかの要素によって変動しますが、仮に2人×5日間で計算して2つのプランを比較してみます。

普通の自家用車ルート(東名高速道路利用)

1つめは、ごく普通の自家用車ルートで、東名高速道路-伊勢湾岸道-知多半島道路を経由してセントレアに向かい、空港駐車場に停めるプランです。

 東名下り線より撮影
By Watakichiponyo - 投稿者自身による作品, CC 表示-継承 3.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=6721111

このルートでは、所要時間は約2時間、費用は総額が高速道路+ガソリン代+駐車場代でおよそ17000円として1人あたり片道約4250円となりますね。

ヤフオクなどでセントレアの駐車券を安く入手することができます。

この場合、3人グループ以上なら、遠鉄バスe-wingよりお得になりそうです。

高速道路利用ルート
(2人×5日間)
所要時間約2時間
費用片道4250円
乗り換え0回
運行時間いつでも
着席

最安の自家用車ルート(一般道利用)

次が、私たちがよく利用する、(だいたい)最安の自家用車ルートです。

これは、高速道路を利用せず(一部有料道路を走行します)下道でセントレアまで行き、そして空港駐車場ではなく空港島内にある1日800円の時間貸し駐車場に駐車するプランになります。

利用する駐車場はこの記事にある東横イン併設の駐車場です:セントレアの東横インに実質無料で前泊!

高速道路を利用しないので、所要時間は3時間ほどになります(時間帯によっては渋滞することもあります)。

この場合の費用は、ガソリン代+有料道路代(衣浦トンネル+空港連絡道路)+駐車場代で約7800円となり、2人なら1人あたり片道約1950円になります。

4人グループなら片道1000円を切りますね^^

このルートなら1人でも、遠鉄バスe-wingといい勝負ができます。特に早朝LCCなどでは検討する価値はあるでしょう。

ただし、運転手の負担の大きいルートなので、事故にだけはお気をつけください。

一般道ルート
(2人×5日間)
所要時間約3時間
費用片道1950円
乗り換え0回
運行時間いつでも
着席

JR・名鉄利用

次はJR・名鉄電車を利用した場合です。

新幹線利用

新幹線

浜松からセントレアまで新幹線を利用する人はあまりいないかもしれません。

バスよりも所要時間は短いのですが、運賃がかなり高く、運行時間帯も短く、荷物を持っての乗り換えも大変、となれば確かにあまりメリットはありませんね。

ただ、どうしても早く行きたい、早く帰りたいと言う場合のためにこのルートを知っておくのも良さそうです。

一応まとめておくとこうなります。

新幹線指定席+名鉄μチケット
所要時間約1時間30分
費用片道5970円
乗り換え1回
運行時間6:30~21:30
着席

JR+名鉄優待券利用

JR東海道線

最後に検討するのが、1人の場合の最安ルートになる、JR+名鉄優待券利用ルートです。

このルートは、浜松から豊橋までをJR東海道線(各駅)利用、豊橋からセントレアまでを名鉄(神宮前乗り換え)利用します。

名鉄豊橋駅

そして、名鉄区間は、金券ショップなどで売られている「名鉄株主招待(優待)乗車証」というきっぷを利用します。

名鉄株主優待乗車証(招待乗車証)

これは1枚で名鉄線をどこまででも乗れる(改札を出るまで)という、名鉄線の端から端まで乗るような使い方に向いている特殊なきっぷです。

浜松駅周辺の金券ショップでは、浜松~豊橋間のJR回数券のばら売りとこの名鉄優待券をセットにして「セントレア最安きっぷ」として2000円前後で販売しているところもあります。

名鉄中部国際空港駅ホーム

所要時間は意外と少なく2時間15分前後ですが、乗り換えが2回ある(豊橋と神宮前)こと、着席できない可能性があることなどを考えると、荷物が少なくて体力のある人向きのルートですが、できるだけ安くセントレアに行きたい、という場合は外せない選択肢になりますね。

実際にこのルートを試してみました!
浜松駅(静岡県)から中部国際空港セントレアにJR+名鉄で2000円以下で行く方法

JR各駅+名鉄優待券
所要時間約2時間15分
費用片道約2000円
乗り換え2回
運行時間6:00~21:20
着席
ところで、海外旅行保険の準備はお済みですか?
C-STUDYイチオシのEPOSカード年会費完全無料なのに、
 海外旅行保険自動付帯
 治療保障最高270万円
 キャッシュレス診療対応
といいことづくめ。
海外旅行に行くなら持っておいて絶対損はしませんよ。
【今なら8000pt還元中】エポスカードに入会するなら今がチャンス! 

-浜松

この記事を書いた人

C-STUDY管理人。フリーランスのプログラマー+中国語通訳翻訳+ブロガーをやってます。中国語は独学でHSK8級+中検準1級。中国・中華圏を中心に東アジア~東南アジアが活動範囲です。もっと詳しく

共有する

これは役に立つ!面白い!と思ったら共有してくださるとうれしいです。シェアしていただけると、がぜんやる気がでます^^

C-STUDYの定期読者になりませんか?

ブログの更新情報をメールでお届けします。購読は無料、解除も簡単です。 読者数:246人

関連記事