浜松 のお勧め記事

[2000円以下]浜松駅(静岡県)から中部国際空港セントレアに電車で行く方法

2016/09/20

昨日の記事で、浜松駅からセントレアまで一番安く行く方法を比較してみたのですが、その中でも1人で行く場合に一番安いのは、電車利用でJR+名鉄(株主優待乗車証)というパターンでした。

ただ、このルートは乗り換えがあったり、着席できる保証がなかったりするため、ふだん電車に乗り慣れていない地方住民にはなかなかハードルが高いのも現実です。

ということで、実際にこのルートを試してきましたので、その様子をレポートしたいと思います。

セントレアへの最安電車ルート:JR回数券+名鉄株主招待乗車証=1745円

今回のルートで使ったのは、JRの浜松~豊橋回数券と、名鉄の株主招待(優待)乗車証の2枚です。

名鉄株主優待乗車証(招待乗車証)

JRの回数券は浜松駅前のチケットショップで購入して620円。

名鉄の株主優待乗車証は、ヤフオクの方が若干安いのでヤフオクで2枚購入して、送料込みで1枚あたり1125円になりました。

合計すると、片道運賃は1745円、遠鉄バスe-wingよりもかなり安くなりました。

関連記事:浜松駅からセントレアに行く一番安い方法は?バス・自家用車・電車ルートを徹底比較!

この日の荷物は、機内持ち込みのキャリーバッグとPCバッグと若干身軽な装備です。

キャリーバッグ+PCバッグ

[JR東海道線]浜松から豊橋まで

朝のJR浜松駅です。

JR浜松駅

改札を通って

浜松駅改札口

豊橋行きの列車に乗ります。

タイミングよく、特急型車両がやってきました。

JR東海道線

ほとんどの浜松~豊橋間の列車は浜松駅始発なので、ちょっと早めに浜松駅に来るようにすれば、確実に着席できます。

長い移動のときはやはり、前向きに座れる車両が助かりますね。ラッキーでした。

浜名湖を通過し、

JR東海道線 浜名湖

35分ほどでJR豊橋駅に到着です。

JR豊橋駅

[名鉄本線]豊橋~神宮前

豊橋駅で名鉄電車に乗り換えます。

今回は荷物が少なかったので階段を上りましたが、階段の横を通り過ぎるとエレベーターがあるので、大きなスーツケースなどがある場合はエレベーターを使うのがいいでしょう。

1-20160517-091123-0

豊橋駅では、名鉄電車はJR駅の3番線ホームに入線する、不思議な構造になっています。

歴史的経緯から、名鉄がJR飯田線の線路を借りる形で豊橋駅に乗り入れているのだとか。

JR豊橋駅

そのため、JRから名鉄への乗り換えは改札口を通らず、5分あれば乗り換え可能です。

ただ、大きな荷物を持って急ぐのは危ないので、乗り継ぎ時間にはある程度の余裕を見ておきたいですね。

1-20160517-091338-0

名鉄ホームの手前にICカード専用の改札機がありますが、今回は磁気券なのでここはスルーします。

3番ホームに着くとすぐに、電車がやってきました。

名鉄豊橋駅

豊橋駅からは、快速特急・特急・急行の3種類の電車が出ていますが、急行は途中で特急(快速特急)に追い抜かれるため、通常は特急か快速特急に乗ると良いでしょう。

快速特急・特急のどちらも一部指定席なので、株主優待乗車証でも(一般車に)乗車できます。

豊橋駅は始発駅なので簡単に座れそうな気もするのですが、豊橋駅での座席争奪戦は(特に通勤通学時間帯)かなり激しいため、大きな荷物をもって右往左往していると確実に着席できません。

1-20160517-091520-0

時間に余裕があればあえて急行に乗って席を確保するのも賢い方法です。

または、少しお金を出して350円のμチケットを購入するのもいいと思います。

1-20160517-091456-0

45分少々の乗車で、乗り換え駅の神宮前に到着しました。

[名鉄常滑線]神宮前~中部国際空港

名鉄神宮前駅

神宮前駅で向かい側のホームを見ると、スーツケースを持った人たちがちらほらと見えます。

今から階段を上って反対側のホームに移動します。

神宮前駅にはエスカレーターもエレベーターもあるので、大きいスーツケースがあってもそんなに苦労はしないでしょう。

1-20160517-100516-0

さて、ここから中部国際空港セントレアまではあと1本なのですが、神宮前~中部国際空港駅の区間には全車特別車の「ミュースカイ」という電車があり、これは350円のμチケットを買わないと乗車することができません。

でも、だいたいミュースカイの10分後ぐらいに一部特別車の特急が来るので焦らなくても大丈夫です。

1-20160517-100904-0

神宮前~中部国際空港まで、ミュースカイは21分、通常の特急は29分が標準所要時間です。

この区間は通勤通学時間帯を除けばだいたい着席できることが多い印象です。

1-20160517-102129-0

空港が近づいてきました。

1-20160517-103742-0

名鉄中部国際空港駅に到着です。

名鉄中部国際空港駅

まとめ:2時間少々で移動できて2000円弱の料金、荷物が少なければオススメのルート

今回、浜松駅から中部国際空港駅までの所要時間は2時間10分、なかなかスムーズに移動できました。

1-20160517-104042-0

途中、2回ほど階段を上り下りする必要がありますが、エレベーターもあるので、それほど大変という訳でもありません。

ただし、通勤通学時間帯に重なるとかなりの混雑になり、その中で大きなスーツケースを持って移動するのはなかなか辛そうです。

その場合は、μチケットなどを上手に使って確実に着席できることを優先するのもいいでしょう。

なにより、バスルートより片道1000円以上節約できるこのルートは、一人旅の節約派の方にはうってつけてすね。

1-20160517-104328-0

ところで、海外旅行保険の準備はお済みですか?
C-STUDYイチオシのEPOSカード年会費完全無料なのに、
 海外旅行保険自動付帯
 治療保障最高270万円
 キャッシュレス診療対応
といいことづくめ。
海外旅行に行くなら持っておいて絶対損はしませんよ。
【今なら8000pt還元中】エポスカードに入会するなら今がチャンス! 

-浜松

この記事を書いた人

C-STUDY管理人。フリーランスのプログラマー+中国語通訳翻訳+ブロガーをやってます。中国語は独学でHSK8級+中検準1級。中国・中華圏を中心に東アジア~東南アジアが活動範囲です。もっと詳しく

共有する

これは役に立つ!面白い!と思ったら共有してくださるとうれしいです。シェアしていただけると、がぜんやる気がでます^^

C-STUDYの定期読者になりませんか?

ブログの更新情報をメールでお届けします。購読は無料、解除も簡単です。 読者数:243人

関連記事