中国の交通機関 中国へ行く 中国出張 のお勧め記事

中国出張のストレスが激減!デルタアメックスゴールドカードを作ってみた

2016/11/24

中国東方航空 MU2020便

最近、中国出張の頻度が上がってきて、どうにかして中国出張のストレスを軽減できないかと試行錯誤している管理人です。

そんなある日のこと、ネットで調べものをしていると、「デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード 」(デルタアメックスゴールド)というクレジットカードが中国出張にかなり使えることを知りました。

デルタ スカイマイル アメックス ゴールド

デルタアメックスゴールドは年会費26,000円と決して安いカードではありませんが、年に数回以上中国出張に行く人なら確実にそのメリットを実感できると言います。

それで私もこの春、半信半疑ながらデルタアメックスゴールドを作ってみて、これまで4回ほど使ってみたのですが、移動のストレスがまさかの激減!

もっと早くこのカードの存在に気付いていれば、と少し後悔しているほどです。

持っているだけでマイレージ上級会員になれる「デルタアメックスゴールド」

デルタアメックスゴールドカードは、通常の航空会社系ゴールドカードとはちょっと違うカードです。

というのも、デルタアメックスゴールドを持っているだけで、自動的にデルタスカイチームのマイレージ上級会員になれるのです。

通常、航空会社のマイレージ上級会員になるには、年間何万ポイントという飛行距離に応じたポイントを獲得しなければいけません。

私はこの分野にあまり詳しくないのですが、例えばJALやANAを利用して東京-上海の出張だけでこのステータスを獲得しようと思うと、だいたい年間20~25往復ぐらいしないといけないのだとか…

セントレア ANA スターアライアンス

それでも、この上級会員のサービスは非常に魅力的なため、この会員資格を得るためにわざわざ週末に飛行機に乗る、「マイル修行僧」と呼ばれる人たちがいます。

もちろん、それだけ飛行機に乗るには、何十万円という費用と、飛行機に乗る時間、さらには体力も必要なので、私には到底縁のない話だと思っていました。

でもデルタアメックスゴールドなら、カードを作る"だけ"で上級会員の資格が自動的に持てると言うのです。

お金も時間も体力も限られている私には、まさに夢のような話です。

上級会員資格はスカイチーム加盟各社で有効です

しかも、この「カードを持ってるだけで自動的に与えられる」上級会員資格は、スカイチーム加盟の各社で有効です。

チャイナエアライン 中華航空

スカイチームの加盟航空会社は世界に20社ありますから、これだけの航空会社で上級会員の優遇が受けられるなら、26,000円の年会費はむしろ安いぐらいかもしれません。

世界の主なスカイチーム加盟航空会社

アジア系アメリカ系ヨーロッパ系アフリカ系
中国南方航空デルタ航空エールフランスケニア航空
中国東方航空アエロメヒコ航空チェコ航空
上海航空アルゼンチン航空アリタリア-イタリア航空
厦門航空タロム航空
チャイナエアラインアエロフロート・ロシア航空
大韓航空エア・ヨーロッパ
ベトナム航空KLMオランダ航空
サウディア
ミドル・イースト航空
ガルーダ・インドネシア航空

上級会員のメリットはさまざま

そこで気になるのが、上級会員になるメリットです。

航空会社によって若干の違いはあるようですが、上級会員にはおおむね以下のようなサービスが提供されます。

  • 優先チェックイン
  • 優先搭乗
  • 手荷物の優先引き渡し
  • 手荷物検査・出国審査後の航空会社ラウンジ利用
  • プレミアムエコノミー(相当)席の優先割り当て

私も、このサービスを利用するまでは、優先チェックインや優先搭乗に何のメリットがあるんだろう、手荷物の優先引き渡しに至っては、忙しい人はそんなちょっとも待ってられないのか、と思っていたこともありました(^^;

でもこれ、一度使ったらやめられない可能性大の、超快適なサービスでした。

上級会員のメリットを体験してきた

さてこの春、騙されたと思って作ってみたデルタアメックスゴールドカード、6月に2回中国出張が入ったのでさっそく使ってみました。

2週連続の中国出張というのは私にとっては初めてのことで、しかもそのうち1回は、行きは上海で翌日乗り継ぎ、帰りは香港早朝発7:30という、私からすればけっこうハードなスケジュールだったので、体力温存とストレス軽減がキーポイントになりました。

優先チェックインがこんなに楽だとは!

香港国際空港 中国東方航空 優先チェックインカウンター

1週目は、中国東方航空を利用した、往路は富士山静岡-上海(浦東)/上海(虹橋)-香港、復路は香港-上海(浦東)-静岡というルートでした。

往路が日をまたいだ乗り継ぎだったため、往復で合計3回チェックインすることに。

特に虹橋-香港への移動で利用した上海虹橋空港のチェックインカウンターは、朝6時台なのに既に大混雑。

この日は気温がかなり高かったこともあって、この行列に並ぶのはなかなかハードです。

上海虹橋国際空港 チェックインカウンター

でも、デルタアメックスゴールドを持っていれば、優先チェックインカウンターが利用できるので、十分に体力を温存することができました。

上海虹橋国際空港 スカイプライオリティ 中国東方航空 優先チェックインカウンター

今回、優先チェックインカウンターを利用するまで気づかなかった点ですが、行列に並んでいる時間って、何かができる訳でもなく、かと言って目をつぶって休む訳にもいかず、体力も時間も意外と消耗していたようです。

ここをさっと通過できるだけで、ずいぶんストレスが減ったことを実感します。

空港によっては、上級会員カウンターが全く別のエリアになっていて、静かな雰囲気の中で座ってチェックインできるようになっていることもあります。

成都空港の上級会員専用チェックインカウンター

成都空港の上級会員専用チェックインカウンター

ラウンジなんてと思ってたけど…

チェックインをさっと済ませると、チェックイン時に指定されたラウンジに向かいます。

空港によってはクーポンを渡されず、搭乗券を見せるだけで利用できるラウンジもあるようです。

ラウンジを利用して、優先チェックインで節約できた時間を、ラウンジのソファで休め、コーヒーが飲めるということがこんなに貴重なのか、と実感しました。

上海虹橋国際空港 中国東方航空ラウンジ

そして、中華系航空会社の機内食の代わりに、それなりのレベルの食事が食べられる、それだけで十分価値があると感じます。

上海浦東国際空港の中国東方航空ラウンジではヌードルバーが提供されています

上海浦東国際空港の中国東方航空ラウンジではヌードルバーが提供されています

感動したのは、復路で利用した香港国際空港のSKY TEAMラウンジ。

1-2016-06-16 05.46.29

落ち着いたインテリアと静かな空間、ホテルのバイキングのようなフードメニューが揃っていて、早朝でお腹がペコペコだった私はここでしっかり朝食を食べてしっかり元気を取り戻すことができました^^

香港国際空港 SKYTEAMラウンジ

2週目の中国南方航空セントレア-浦東では、セントレアのサクララウンジを利用できました。

中部国際空港セントレア サクララウンジ

朝8時台のサクララウンジは本物のビジネスマンでごった返していて、充電席は満席、食事コーナーもお皿が間に合わず小皿でカレーを食べるなど、若干バタバタしていましたが、それでも朝に美味しいご飯が、チェックイン後に無料で食べられるのはかなりうれしいポイントですね。

中部国際空港セントレア サクララウンジのカレー

ラウンジは、優先チェックインと合わせて利用すると、確かにストレス軽減に効果あり!でした。

静岡空港では、空港内の飲食かおみやげに使えるクーポン券がもらえたので、私は2階のカフェで冷茶セットをいただきました。
静岡空港カフェ 冷茶セット

国内線乗継時間もラウンジで

中国国内線への乗り継ぎ時も、国内線ラウンジが利用できます。

乗り継ぎの場合はラウンジクーポンはもらえませんが、ラウンジに行って搭乗券を見せればOKです。

私も実際、浦東空港で成都便に乗り継ぐ際に国内線ラウンジを利用しました。

電源もありますし、バイキング形式の食事も用意されているので、食事や休憩、または仕事など、乗り継ぎ待ちの時間を効率よく過ごすことができるので非常に助かりました。

浦東空港 国内線ラウンジ

優先搭乗であの"通路渋滞"を回避!

搭乗時刻が近づくと、搭乗口へ移動しますが、ここで上級会員メリットその3、優先搭乗の威力を思い知りました。

これまでは「優先搭乗なんて優越感以外の何のメリットがあるの?」と思っていたのが正直なところです。

でも、使ってみて分かりました。優先搭乗は大いにメリットありです!

中国東方航空 虹橋-香港

良く考えると、搭乗の時ってかならず機内で通路の渋滞が起きますよね。

自分の座席は目の前なのに、大きなキャリーバッグを棚に入れようと奮闘している人がいてなかなか座れなかったり…

これまでは、こればっかりはどうしようもないと思っていたのですが、いったん優先搭乗を経験すると、あの「通路渋滞」も結構ストレスの原因だったんだなと気づきます。

通路渋滞を回避できる優先搭乗のメリットはかなり大きいものでした。

沖止め(バス移動)の時は、優先搭乗も1台のバスで移動するため、実質的に優先搭乗の意味はなくなりますが、前方座席を優先的に割り当ててもらえるため、比較的早く着席できます。

プレミアムエコノミー(相当)席で機内もかなり快適に

上級会員のメリットその4は、プレミアムエコノミー相当席の優先割り当てです。

東方航空や南方航空では、機種によっては明確に「プレミアムエコノミー」として区分されたシートはないようですが、上級会員には最前列や非常口席など、足元の広いエリアを優先的に割り当ててもらえます。

中国南方航空 上海-名古屋 最前列シート

ただし、デルタ航空以外の航空会社を利用する場合は、あくまで優先順位は(東方航空や南方航空など)自社の上級会員の次になるので、通常席を割り当てられる場合もあります。

特に2週目の復路に利用した中国南方航空の最前列シートは、足元にかなり余裕があり、足を投げ出しても十分ひろびろとしていました。

上海-名古屋はせいぜい2時間半~3時間のフライト時間ですが、それでもこの広々シートは相当にありがたいです。

離陸後、水平飛行に移ったらシートを少し倒して、お気に入りの音楽をノイズキャンセリングヘッドホンで聞いていれば、あっという間にお休みモードに入れます^^

手荷物優先受け取り

上級会員のメリットその5、手荷物優先受け取りは、場合によってはかなり便利です。

中国東方航空 優先手荷物

ただ、飛行機が沖止め(バス移動)の場合、優先タグが付いていても同じ搬送車で運ばれることがほとんどのため、優先手荷物の意味がないことも比較的あります。

同じ便のビジネスクラスを利用していた方も同じようにかなり待たされていました。

ただ、2週目の復路でセントレアに到着した時は、入国審査が終わって手荷物受取り場に着いてすぐぐらいに荷物が出てきて、これはかなり快適でした。

このメリットを受けられるかどうかが不確定、というところが微妙なところですが、ボーディングブリッジに到着した時には、かなり早い時間に空港を出られるので空港到着後の時間を有効活用できますね。

その他に、AMEXゴールドの特典も

デルタアメックスゴールドには、スカイチーム上級会員のメリットだけでなく、AMEXのゴールドカードとしての特典もついています。

日本の空港ラウンジが利用可能

デルタアメックスゴールドがあれば、日本全国各空港のカード会員ラウンジが利用できます。

08-20160517-124411-0

LCCなどスカイチーム加盟会社以外を利用した時や、帰国時にちょっと一息付きたい時など、カード会社ラウンジを利用できるとかなり疲れが軽減します。

関連記事:ビールが飲めるセントレアのラウンジをデルタアメックスゴールドで利用してきました。

海外旅行保険が自動付帯

デルタアメックスゴールドには傷害・疾病治療時の保障額が最大200万円(利用付帯時300万円)の海外旅行保険が自動付帯しています。

帰りは手ぶらで「手荷物無料宅配サービス」

デルタアメックスゴールドには、成田・中部・関西の3空港で帰りのスーツケースなどの荷物を1つまで、自宅まで無料で宅配してくれるサービスを実施しています。

電車移動の時など、疲れの溜まっている帰りの荷物が減るのはかなり助かりますね。

家族にも優しいデルタアメックスゴールド

デルタアメックスゴールドは、優先チェックイン・優先搭乗・ラウンジ利用・プレミアムエコノミー優先割り当て・海外旅行保険などほとんどの特典が同行者1名まで追加料金なしで受けられます。

優先搭乗は本来カード会員本人のみのサービスですが、実際は同行者も認めてくれることがほとんどのようです。

例えば、出張で同僚が一緒の時や、奥さんと旅行に出かける時にも、同行者も同じサービスを受けられるのはいいですね。

マイルもざくざく貯まる

デルタアメックスゴールドは、ショッピングやスカイチーム加盟航空会社のフライト利用でマイルが貯まるのですが、このマイルの貯まり方が半端ないのです。

ショッピングでは100円で1マイルが付くので、年間100万円の利用で1万マイルが貯まります。

フライトでも、スカイチーム加盟航空会社を利用すると、予約クラスによりますが通常のフライトマイルに加えてボーナスマイルが貯まります。

deltaskymile-mu-bonus

さらには入会ボーナスなどもあって、私の場合、入会6ヶ月でマイルがあっという間に4.5万マイルまで貯まりました!

しかもスカイマイルには期限がないので、自分のペースでマイルを消費できるのはかなり大きいポイントです。

さらに、年間100万円利用ごとに5,000マイルのボーナスがつくため、100万円利用時には合計15,000マイルが貯まることになります。

1マイルの価値を2円とすれば、デルタアメックスゴールドで年間100万円使う人なら、実質の年会費は無料と考えてもいいでしょう。

デルタアメックスゴールドを中国路線で使うコツ

さて、こんなにメリットが多く、私ももっと早く知っていれば良かったと後悔しているデルタアメックスゴールドですが、中国路線で使うコツのようなものを見つけました。

積極的にコミュニケーションを取ること

それは「積極的にコミュニケーションを取ること」です。

というのも、この2回の利用の最中に何度か、優先チェックインや優先搭乗の案内がされないことがあったのです。

沖止め(バス移動)の時は、優先搭乗でも通常でも同じバスで移動するため、空港スタッフも優先搭乗の意味がないと思うのでしょう、優先搭乗の案内はされませんでした。

1-2016-06-16 07.09.24

2週目の上海往復では、復路の浦東-中部便が機材繰りの都合で欠航になり、翌日早朝に振替便が飛んだのですが、その際にチェックインカウンターがバタバタしていて、優先チェックインの札が出ていませんでした。

中国南方航空 欠航

でもどちらも、直接カウンターに行って「優先搭乗できますか?(可以优先登机吗?)」と尋ねると、「どうぞ」と優先で通してくれます。

沖止めのバス移動でも、さっとバスに乗って椅子や壁際の席を確保すると、それだけでも疲れ方が違いますよ。

自分は優先搭乗できる権利があるのに案内されない、とイライラするより、カウンターで尋ねてしまった方が全然ストレスフリーですよね。

中国語でなくても、「プライオリティー、オーケー?」で十分通じますから、ぜひ試してみてください。

「お金で買える」上級会員は年に数回以上東航・南航利用するならメリット大!

今回、初めてかつ2週連続でデルタアメックスゴールドを使う出張が続きましたが、そのストレス軽減効果は本当に驚くべきものでした。

今年は東方航空・南方航空を利用した出張がもうしばらく続きそうなので、しっかり元は取れそうです^^

中国南方航空

ちなみに私は大して売り上げがないフリーランスですが、なぜか審査には通ってしまったので、そんなに審査は厳しくないみたいですよ。

初年度のボーナスマイルなどを考えると、年会費も実質無料と言っても良いでしょう。試しに1年だけ作ってみるのもいいですね。

中国出張のパフォーマンスを上げたいと思っている方、中国出張から帰ってきた次の日に疲れを持ち越したくない方、デルタアメックスゴールドは値段以上の効果がありますよ。

デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

-中国の交通機関, 中国へ行く, 中国出張

この記事を書いた人

C-STUDY管理人。フリーランスのプログラマー+中国語通訳翻訳+ブロガーをやってます。中国語は独学でHSK8級+中検準1級。中国・中華圏を中心に東アジア~東南アジアが活動範囲です。もっと詳しく

共有する

これは役に立つ!面白い!と思ったら共有してくださるとうれしいです。シェアしていただけると、がぜんやる気がでます^^

C-STUDYの定期読者になりませんか?

ブログの更新情報をメールでお届けします。購読は無料、解除も簡単です。 読者数:243人

関連記事

046
MU2020便(中国東方航空)で富士山静岡空港から上海浦東空港へ

2013年10月11日~14日まで、C-STUDYの受講生さんたちと、上海ツアー ...

image
7月1日から天津航空が静岡-大連間に就航!

天津市を拠点に中国国内線や国際線を運行している中国天津航空が、7月から富士山静岡 ...

18185428189_b82f217067_z
東京から済南に直行便が!山東航空が羽田-済南に就航

これまで関西空港からしか定期便がなかった済南空港線に、2016年8月から山東航空 ...

こちらは国内線のジェットスター機材
LCCのジェットスターとピーチが上海・広州に就航!?中国当局が路線開設を許可

日本から東アジア~東南アジア各地への移動がぐっと身近になったことには、LCC(格 ...

1-DSC02576
[2016年版]持ち込み手荷物5kgまで!春秋航空の荷物制限まとめ

春秋航空の手荷物規定はかなり厳しいという評判で、そのせいか空港で見る春秋航空のチ ...