日本の銀聯カード 銀聯カード のお勧め記事

NEO MONEY銀聯カードが使えない店がある?中国で実際に試してきました

2016/10/20

2016-03-26 23.11.25

今回の北京行きでは、クレディセゾンの「NEO MONEY銀聯」プリペイドカードを作って、中国でもキャッシュレス生活ができるか実験してみました。

実際に使ってみると、普通の銀聯カードと全く同じように使えるという訳ではないようです。

北京と天津で「NEO MONEY銀聯」カードを使ってみた様子をレポートしたいと思います。

海外で現金を扱う手間とリスク

中国の100元10元5元1元5角1角

海外旅行や海外出張で、一番面倒なのは現金の取り扱い。

特に初めての土地では、その国独自の紙幣やコインを見分けるのも一苦労です。

また、海外では偽札のリスクや盗難の危険もあったりします。

ということで、たとえ慣れた土地だとしても、できるだけ持ち歩く現金は最小限に抑えたいと思っているこの頃です。

中国でキャッシュレスするには「銀聯カード」が必要

さて、持ち歩く現金を少なくしたいとなると、手っ取り早いのは「なるべくカード払い」です。

ただ、中国の場合、空港の免税店や外資系デパート・ホテルなどを除くと、ほとんどの店舗でVisaやMasterなどの(もちろんJCBも)クレジットカードが使えません

Visa/Master/JCBはATMの現金引き出しには使える

中国のほとんどのATMは、Visa/Master/JCBにも対応しているので、エポスカードなど「海外キャッシング」に対応しているクレジットカードなら、中国の空港・街中のほとんどのATMで現金を引き出すことができます。

ということで、「中国の街なかでキャッシュレス」をするには、「銀聯カード」がほぼ必須です。

1-DSC01049

関連記事:日本でも(日本人でも)作れる銀聯カードまとめ

「NEO MONEY銀聯」プリペイドカードを作ってみた

今回は日本で作れる銀聯カードの中でも、審査なしで比較的簡単につくれる「NEO MONEY銀聯」プリペイドカードを作って北京で試してみることに。

カードを作って、利用登録をして、セブンATMでチャージして、いざ出発!です。

関連記事:NEO Money銀聯カードを作ったら出国前にチャージが必要

NEO MONEY銀聯カードはデポジットに使えない

ただし、「NEO MONEY銀聯」カードは、一般的な銀聯カードとは少し使い勝手が違うようです。

NEO MONEY公式サイトで使用制限を確認してみると以下のように書かれています。

NEO MONEYは、以下の店舗ではご利用いただけませんのでご注意ください。

・機内/船内販売

・ホテル・レンタカーなどでのデポジット(支払保証)を目的としたご利用

※ホテル・レンタカー料金の精算にはご利用いただけます。

・高速道路料金、ガソリンスタンドのお支払

・インターネットプロバイダーや有料視聴放送、電話料金、公共料金、保険料の月額/継続契約の利用料金のお支払い
出典:NEO MONEY

この中でも短期旅行・短期出張者にとっては、ホテルのデポジット(中国語では押金)に使えないのが大きな問題点です。

中国ではホテルに宿泊する際にデポジットを求められることがほとんどですので、現金を用意しておくか、エポスカードなど、別のクレジットカードを用意しておくことが必要です。

外国人が泊まるほとんどのホテルはVisa/Master/JCBカードに対応していることが多いです。

中国でNEO MONEY銀聯カードを使ってみた

ということで、先月初めに実際にNEO MONEY銀聯カードを持って北京と天津に行ってきました。

高鉄(中国新幹線)で使えない!?

まずは、これまでいつも現金払いだった高鉄(中国版新幹線)の窓口で試してみることに。

高鉄の窓口は銀聯カードならカード払いOKのはずなのです。

1-DSC01050

北京から天津までの切符を買い、何気ない素振りでNEO MONEY銀聯カードを出します。

多分見慣れないデザインのカードだとは思いますが、特に何か言われることもありませんでした。まずは第一関門突破です^^

係員の方がカードをスワイプした後、キーパッドで暗証番号を入力します。

NEO MONEY銀聯カードの暗証番号は4桁で設定してありますが、その4桁の暗証番号の後に00を付け足して入力すればOKです。

すると、しばらくして伝票がプリンターからジジーと出てくるはず、だったのですが、待てど暮らせど伝票が出てきません・・・

係員の方も不安そうに機械を見つめています・・・

1-DSC01053

「このカード、使えないみたいですよ」

機械に「通信エラー」のようなメッセージが出たようです。

残念ですが、ここは現金払いに切り替えます。

駅構内のファストフード店ではOK

とりあえず高鉄のチケットは買えて、乗車時刻までちょっと時間があったので駅構内のファストフード店で何か軽く食べることに。

2-DSC01057

お店の写真を撮るのを忘れたので、構内の別のお店でごまかしています(^^;

支払い時に「可以刷卡吗(カード使えますか)」と尋ねると「可以(大丈夫です)」ということだったので、ダメ元でNEO MONEY銀聯カードを差し出します。

やはりカードを端末にスワイプし、キーパッドで暗証番号を入力します。

やはり普通の銀聯カードより反応が遅いようで、店員さんが不安そうな表情をしています。

そしてちょっと間が空いて・・・

1-DSC01055

「ジジジー」

おお、ついにNEO MONEY銀聯カードの初支払いに成功しました。

それにしても、高鉄がNGで、ファストフード店がOKというのはどういうことなのでしょうか???

「海外の銀聯カードはダメ」

さて、天津に到着後、駅売店でちょっとおみやげを買ってNEO MONEY銀聯カードで支払いをしようとしたところ、店員さんに「このカード見たことないね、外国のカードでしょ」と見破られてしまいます。

3-DSC01116

「ほら銀聯カードだから大丈夫だよ」と食い下がってみたのですが・・・

「この前も韓国人が来てカード払いやってみたけど駄目だったのよ、たぶん海外のカードは駄目なのよね」ということで、そもそもカードを受け付けてもらえずorz

大きめスーパーはOK

日を改めて、北京に戻ってから、泊まったホテルと同じ建物に入っているスーパーに買い物にきました。

4-BJ

出典:SPAR北京公式サイト

ここでは、すんなりNEO MONEY銀聯カードを使うことができました。

NEO MONEY銀聯は使える店と使えない店がある

ということで、今回の北京滞在中に合計4回、NEO MONEY銀聯カードを試す機会がありましたが、2勝2敗という結果になりました。

実際、最初の高鉄でちょっと懲りたので、時間がないシチュエーションではNEO MONEY銀聯カードを使わず最初から現金払いにしてしまったというのもあります。

海外発行の銀聯カードが使えない端末がある?

天津の駅売店の人の証言や、ファストフード店でも店員さんがちょっと不安になるぐらい通信が遅かったことなどから、海外発行の銀聯カードが使えない種類のPOS端末があるのでは?ということが考えられますが、銀聯のシステムも全く分かっていないので、あくまでも推測の域を出ません。

ということで、NEO MONEY銀聯カード、使えれば確かに便利なのですが、私のような、毎回行く場所が変わって、滞在中も常に移動するような人にはちょっと使いにくいな、と感じました。

いつも同じ場所に行く人にはいいかも

例えば中国出張などで、いつも同じ場所に滞在し、買い物をするスーパーが決まっているような方には、まずは最低額のチャージで試してみて、OKだったら常用する、というような使い方で行けそうです。

Screenshot_20160304-120602

それにしても、私のNEO MONEY銀聯カードに残高がたっぷり残ってしまったので、次回以降コツコツ消費していこうと思います(^^;

ところで、海外旅行保険の準備はお済みですか?
C-STUDYイチオシのEPOSカード年会費完全無料なのに、
 海外旅行保険自動付帯
 治療保障最高270万円
 キャッシュレス診療対応
といいことづくめ。
海外旅行に行くなら持っておいて絶対損はしませんよ。
【今なら8000pt還元中】エポスカードに入会するなら今がチャンス! 

-日本の銀聯カード, 銀聯カード

この記事を書いた人

C-STUDY管理人。フリーランスのプログラマー+中国語通訳翻訳+ブロガーをやってます。中国語は独学でHSK8級+中検準1級。中国・中華圏を中心に東アジア~東南アジアが活動範囲です。もっと詳しく

共有する

これは役に立つ!面白い!と思ったら共有してくださるとうれしいです。シェアしていただけると、がぜんやる気がでます^^

C-STUDYの定期読者になりませんか?

ブログの更新情報をメールでお届けします。購読は無料、解除も簡単です。 読者数:246人

関連記事