バス・地下鉄 台湾の交通機関 台湾旅行 のお勧め記事

高鐵桃園駅~桃園空港のバスは運賃100円でとっても快適

2016/09/20

土曜日の早朝に中部国際空港を出発して週末2日間を台湾で過ごす旅も終わりに近づいてきました。日曜日を台中で過ごした私たちは、台中駅から桃園駅まで高鐵(台湾新幹線)で移動し、桃園駅からは空港バスで桃園空港に向かいました。夜間だったのでバスがあるのか若干の不安がありましたが、バスのりばも目の前で全く安心して空港まで移動できましたよ。

高鐵で台中駅~桃園駅を移動

2015-12-20 20.35.23

高鐵台中駅まで友人に送ってもらった私たちは、発車時刻まで若干の余裕があったので次回の台湾旅行用の現金をATMで補充した後、改札を通って台中駅のホームに上がります。

ちなみに、高鐵台中駅にはロイホの「日式弁當」スタンドがありました。どの辺が日式なのか、次回あたり実際に食べて試してみたいところです^^

帰りの高鐵は20時46分発、高鐵桃園駅に到着するのは21時25分です。

帰りの飛行機は深夜1時45分発なので、飛行機の搭乗までには十分の余裕があるのですが、若干心配なのが桃園駅~桃園空港までの移動手段。

いちおう桃園バスのサイトで時刻は調べて最終バスの時刻は確認してあるのですが、若干の不安を抱えながら高鐵に乗車しました。

2015-12-20 20.43.16

まあ、万が一バスに乗れなかったらタクシーで空港に向かえばいいだけの話です。空港最寄り駅にタクシーがないなんてことはないはずですから、そう大げさに心配することもありません。

高鐵桃園駅から桃園空港までバスで移動

2015-12-20 21.12.23

新幹線はほとんど揺れもなく静かに夜の台湾西海岸を走り抜けて定刻に桃園駅に到着しました。

さて、高鐵桃園駅に到着したらまずはバスターミナルを探さないといけません。

が、そんな心配は全く無用でした。改札を抜けるとすぐに大きな案内表示があり、そこには「機場巴士(空港バス)」という表示が。

2015-12-20 21.31.39

これで迷う人がいたらちょっと心配、というぐらい要所要所に案内表示がありました。

2015-12-20 21.32.04

ええ、私たちは案の定(?)迷いましたよ(^^;

覚えている限りバスターミナルへの出口にこの「機場巴士」の表示がなく、「え、ここ出るの?それとも出ないで左に曲がるの?」と若干うろうろしてしまいました。

昼間ならおそらくドアの向こうにバスが並んでいるのが見えてすぐ分かったのだと思います。

とにかく矢印の通りにまっすぐドアから外に出て行けばいいだけだったんですが、なにしろ夜の9時過ぎ、外は真っ暗で何も見えず、初めてのお上りさんは若干不安になったのです。

桃園駅から桃園空港への「705」系統バス

バスターミナルへ出ると、夜遅い時間帯とは言え何台かのバスが並んでいました。

その中で「705」というバスを探します。

桃園統聯バスの公式サイトによれば、空港ゆきの705系統の最終バスは22時45分とのこと。

現在時刻は9時半、公式サイトが正しければバスはまだあるはずです。

と、見渡すと明らかに他のバスとは違うカウンターらしきものが目の前にありました。

2015-12-20 21.33.48

カウンターの方に「空港ゆきですか?」と尋ねるとそうだとのこと。

このカウンターで切符を購入するようです。運賃は30台湾ドル(約105円)と格安です。

2015-12-20 21.36.03

バスはライトグリーンのきれいな車体、車内も非常に清潔で快適に移動できます。

2015-12-20 21.37.40

大きなスーツケースは車内前方に置くスペースがあります。

10分ほど待ってから発車時刻になり、15分ほどの乗車で空港に到着しました。

眠い目をこすりながら1時45分のセントレアゆきGK92便に搭乗し、外の景色を眺めたくなる誘惑と戦いながら機内では休息に努めました。

2015-12-21 03.28.36

朝方にセントレアに到着し、そのまま出勤!

まとめ:週末ジェットスター台湾はしっかり台湾を満喫できる!

と、こんな感じでアラフォー夫婦の週末台湾弾丸旅行は終わりました。

今回は短い滞在時間の中で台中まで足を伸ばしましたが、台中での行程を友人に全くお世話になったので比較的ラクに行動でき非常に大満足でした。

3月下旬以降はジェットスターGK91/GK92便はセントレア夜発~朝着のダイヤになり、体力がある方なら金曜夜~月曜早朝まで思う存分台湾を満喫することができます!

ただ、月曜の朝はかなり眠いので、覚悟が要りますが(^^;

台湾ゆきLCCは頻繁にセールを開催しており、上手に買えば往復1万円前後で台湾に行けることも珍しくありません。

週末にふらっと台湾、絶対オススメです!

ところで、海外旅行保険の準備はお済みですか?
C-STUDYイチオシのEPOSカード年会費完全無料なのに、
 海外旅行保険自動付帯
 治療保障最高270万円
 キャッシュレス診療対応
といいことづくめ。
海外旅行に行くなら持っておいて絶対損はしませんよ。
【今なら8000pt還元中】エポスカードに入会するなら今がチャンス! 

-バス・地下鉄, 台湾の交通機関, 台湾旅行

この記事を書いた人

C-STUDY管理人。フリーランスのプログラマー+中国語通訳翻訳+ブロガーをやってます。中国語は独学でHSK8級+中検準1級。中国・中華圏を中心に東アジア~東南アジアが活動範囲です。もっと詳しく

共有する

これは役に立つ!面白い!と思ったら共有してくださるとうれしいです。シェアしていただけると、がぜんやる気がでます^^

C-STUDYの定期読者になりませんか?

ブログの更新情報をメールでお届けします。購読は無料、解除も簡単です。 読者数:245人

関連記事