日本の銀聯カード 銀聯カード のお勧め記事

NEO MONEY銀聯カードは出国前に利用登録とチャージをしておこう

2016/09/20

今回の北京旅行ではなるべくキャッシュレスで旅行したいと思ったので、「NEO MONEY銀聯」プリペイドカードを作ってみました。

NEO MONEY銀聯カードは、出発前にカードにチャージしておく必要があります。

うっかりものの私は出発当日の午前中に、慌ててセブン-イレブンでチャージをしてきました(^^;

NEO MONEY銀聯カードは日本唯一の「銀聯プリペイドカード」

以前にこのブログで、「日本で作れる銀聯カード」という特集をしたことがあります。

そこで気になったのが、日本で唯一の銀聯プリペイドカードである「NEO MONEY銀聯」カード。

関連記事:無料で作れる「NEO MONEY」銀聯プリペイドカードは中国旅行に便利!

「NEO MONEY銀聯」カードは審査なしで作れる貴重な銀聯カードなので、今回の北京旅行で自分で使い勝手を実験してみることにしました。

NEO Moneyカードは郵送申し込みのみ

2016年3月現在、NEO MONEYカードはマイナンバー対応のため、公式サイトから資料請求の後、郵送で申し込むという形になっています。

関連記事:海外プリペイドカードのNEO MONEY、マイナンバー対応のためオンライン申込受付を停止

資料請求からカード発行までは、1ヶ月程度時間がかかりました(【資料請求】⇒【申込書届く】⇒【記入して返送】⇒【マイナンバー資料のお願いが届く】⇒【資料を添付して返送】⇒【カード届く】)ので、旅行に十分前もっての準備をお勧めします。

NEO MONEY銀聯カードが届いたらやること

さて、資料のやり取りが何度か続いたので途中でちょっと面倒とも思いましたが、これを乗り越えればキャッシュレスで中国出張、と思いなんとかNEO MONEY銀聯カードの申し込みをやり遂げ、やっとカードが届きました。

2016-03-26 23.11.25

右下に輝く(輝いてない)「UnionPay银联」マークが中国キャッシュレス生活への希望です。

カードが届いたら「利用登録」

カードが届いたらまずしなければいけないのは「カード利用登録」です。

公式サイトの説明にしたがって、カード利用登録を行います。

登録をしないと、チャージも利用もできないので注意してください。

私は利用登録をせずにチャージをしようとした結果、セブン-イレブンに2往復するはめになりました(^^;

そしてカードにチャージする

さて、NEO MONEY銀聯カードはプリペイドカードなので、使う前にチャージが必要です。

公式サイトによると、NEO MONEY銀聯カードにチャージする方法は主に以下の3種類。

  • 振り込み
  • ネットバンキング
  • セブン銀行ATM

ということで一番簡単そうな「セブン銀行ATMでのチャージ」を試してみます。

NEO MONEYカードはチャージ手数料が無料なので、安心してチャージできます(他のプリペイドカードではチャージ手数料がかかるものもあるので注意が必要です)。

セブン銀行ATMでチャージ

さて、実際のところ銀聯カードが届いてからちょっと時間はあったのですが、バタバタしていてなかなかチャージまではできずに出発当日になってしまいました。

それで、出発直前に近所のセブン-イレブンに駆け込んで(しかも2往復)、NEO MONEY銀聯カードにチャージすることに。

NEO MONEY銀聯カードのいいところは、セブン銀行ATM対応なので、全国ほとんどの空港で出発ギリギリでもチャージできる(利用開始手続きがしてあれば)ということですね。

チャージ前の残高は、もちろん0円。

Screenshot_20160303-120847

チャージの方法は、まずはATMにカードを入れて、後は指示通りに操作すれば大丈夫です。

1-IMG_20160303_121655

今回は1万円をチャージしてみました。

チャージが完了すると、メールで通知が来るので安心です。

Screenshot_20160303-122237

NEO MONEY銀聯カード

ところで、海外旅行保険の準備はお済みですか?
C-STUDYイチオシのEPOSカード年会費完全無料なのに、
 海外旅行保険自動付帯
 治療保障最高270万円
 キャッシュレス診療対応
といいことづくめ。
海外旅行に行くなら持っておいて絶対損はしませんよ。
【今なら8000pt還元中】エポスカードに入会するなら今がチャンス! 

-日本の銀聯カード, 銀聯カード

この記事を書いた人

C-STUDY管理人。フリーランスのプログラマー+中国語通訳翻訳+ブロガーをやってます。中国語は独学でHSK8級+中検準1級。中国・中華圏を中心に東アジア~東南アジアが活動範囲です。もっと詳しく

共有する

これは役に立つ!面白い!と思ったら共有してくださるとうれしいです。シェアしていただけると、がぜんやる気がでます^^

C-STUDYの定期読者になりませんか?

ブログの更新情報をメールでお届けします。購読は無料、解除も簡単です。 読者数:246人

関連記事