中国の交通機関 中国出張 日本の空港 のお勧め記事

出入国審査の行列をスルー!セントレアで自動化ゲートに登録してみた

2016/09/20

海外出張族の間では割と良く知られている「自動化ゲート」、前々から気にはなっていましたが、今回やっと自動化ゲートの登録にチャレンジしてみました。

特に難しい手続きもなく、誰でも登録できる…はずなのですがなぜか私は妙に手こずるはめに。

出入国がスムーズにできる「自動化ゲート」

自動化ゲートというのは、出入国の手続きが機械でできるようになる仕組みのこと。

駅の改札も、昔は駅員さんがカチャカチャと鋏を入れていたのが、今ではほぼ全部自動改札機になっていますよね(若い人は知らないか…汗

2016-03-25

出典:法務省HP

それが出入国審査でもできますよ、とそういうことのようです。

特に準備は要りません

今回、かなり余裕をもって空港に到着していたので、長年(?)気になっていたイベントをこなしています。

04-IMG_20160303_200853

搭乗予定のエティハドEY889便のチェックインを済ませた後、「風の湯」でさっぱりしてから、保安検査に向かいましたが、夜8時過ぎとあって保安検査はガラガラであっという間にチェック完了。

意外と時間が余ったので、これまた懸案だった「自動化ゲート」の登録にチャレンジしてみることに。

近くにいた係の方に尋ねてみると、「有効なパスポートをお持ちなら特に準備は必要ありませんよ」とのことでしたので、それならと申込書に記入を始めます。

パスポートの更新時には登録し直します

ただ、「パスポートを更新すると自動化ゲートも再登録が必要になるので、パスポートの期限が近い方はあまりお勧めしません」とのことでした。

事務局Yはパスポートの期限切れが近いので、今回は私だけ自動化ゲートの登録をしてみました。

指紋の登録にてこずりました

さて、申込書の記入は、氏名・性別・生年月日・住所・電話番号・旅券番号を書くぐらいの簡単なものですので、あっという間に終わります。

万全を期したい方は法務省のHPにPDFがあるので、これをプリントアウトしても良いでしょう。

2016-03-26

さて、続いては指紋の登録なのですが、これがなかなか大変でした。

基本は両手人差し指の指紋ということで、入国審査時に指紋登録が必要な諸外国で使われているような機械に指を軽く押し付けて登録します。

Photos of Disney's Magic Kingdom's fingerprint scanner

乾燥しているとなかなか登録が難しいのか、機械の脇にはウェットティッシュが置いてあり、私も登録に一回失敗した時に「これで指を拭いてください」と言われました。

ただ、ウェットティッシュで拭いても指紋登録は成功せず。

「指先を使うお仕事の方はなかなか登録できないことが…」

すると、係官の方が

指先を使うお仕事の方登録できないことがあるんですよ

と言います。

え、そんなことあるの?と思いましたが、確かに私の仕事は一日中キーボードを叩く性質のもの。

指紋がすり減ってる、ってことでしょうかね。

::pressed::

それから格闘することしばらく、結果的には中指を使って、ちょっと点数(?)的にはギリギリらしいのですが、「まあこれで行きましょう」ということになりました(^^;

人によっては中指+人差し指で登録したりもするらしいのですが、そんな組み合わせになったら、いざと言う時に忘れる危険がありませんかね…

自動化ゲートで出国を試してみました

さて、指紋の登録が完了したので、さっそく出国を試してみました。

パスポートはスキャナの左奥にグッと

指紋の認証は一発で完了したのですが、実はその前のパスポートをスキャナで読み取るところで、位置合わせが正しくなくて手こずったことを告白しておきます(^^;

マゴマゴしている私に気がついた係官の方が「パスポートをスキャナの左奥にグッと差し込んでください」と教えてくれてやっと、通過できました。

海外旅行保険の出国証明用にスタンプも押してもらいます

私は海外に出かける時は、海外旅行保険が自動付帯する年会費無料のエポスカードをいつも持ち歩いています。

実際に海外で保険を適用して医療(特にキャッシュレス医療)を受ける場合、出国スタンプがないとスムーズに手続きが進まない可能性があります。

私の場合、パスポートに空白ページはまだたっぷりあるので、保険適用のためにも出国スタンプはきちんと押しておきたいところです。

USA Passport: Malaysia, Singapore, Liechtenstein, Hong Kong

自動化ゲートを利用した場合でも、横にある事務室に寄って「スタンプお願いします」と言えばすぐに出国スタンプを押してもらえるのことでしたので、サクッとスタンプを押してもらいました。

帰国時は人力ゲートで

帰国時は、入国審査ゲートがガラガラでしたので、指紋認証で手こずるよりは、と思ってあえて通常の(自動化されていない)ゲートを選びました。

やっておいて損はない「自動化ゲート」、時間のある時にどうぞ

私はそんなにしょっちゅう海外に出るということもなく、せいぜい年に数回程度なので、自動化ゲートの恩恵をどれだけ受けられるかは実際のところ未知数ですが、とりあえずやっておいて良かったかな、とは思っています。

桃園国際空港の入国審査

特に出国時に行列ができている時は、かなりの時間短縮になりそうです。

自動化ゲート登録をしたとしても、通常のゲートが使えなくなる訳ではないので、やっておいて損はないです。

時間の余裕がある時に、ちょっと寄り道して登録しておくことをお勧めします!

ところで、海外旅行保険の準備はお済みですか?
C-STUDYイチオシのEPOSカード年会費完全無料なのに、
 海外旅行保険自動付帯
 治療保障最高270万円
 キャッシュレス診療対応
といいことづくめ。
海外旅行に行くなら持っておいて絶対損はしませんよ。
【今なら8000pt還元中】エポスカードに入会するなら今がチャンス! 

-中国の交通機関, 中国出張, 日本の空港

この記事を書いた人

C-STUDY管理人。フリーランスのプログラマー+中国語通訳翻訳+ブロガーをやってます。中国語は独学でHSK8級+中検準1級。中国・中華圏を中心に東アジア~東南アジアが活動範囲です。もっと詳しく

共有する

これは役に立つ!面白い!と思ったら共有してくださるとうれしいです。シェアしていただけると、がぜんやる気がでます^^

C-STUDYの定期読者になりませんか?

ブログの更新情報をメールでお届けします。購読は無料、解除も簡単です。 読者数:244人

関連記事