中国でスマホ 中国出張 香港SIM のお勧め記事

【通話もOK】中国のネット規制を回避できる「跨境王」SIM

2016/09/20

中国旅行の悩みは、普段使っているLINE, Twitter, FacebookなどのSNSやGmailなどが使えないこと。

でも、短期旅行なら安価で簡単な方法があります。

日本のAmazonで購入できる代表的な「香港SIM」5種類のうち、定期的に中国を訪れる出張者などにオススメの「跨境王」についてまとめてみました。

【通話つき】1900円で90日有効な「跨境王」はちょっとややこしい

この「跨境王」SIMは、中国・香港だけでなくマカオでも(ついでに台湾でも)使え、通話もでき(中国の電話番号がついてくる)て、有効期限も90日と長い超強力なSIMカードです。

例えば、中国で銀行口座を開きたいような場合には、中国の電話番号が必要になるので、このカードがあれば「壁越え」もできて電話も使える、とかなり便利です。

ただし、超強力な分、使うに当たっては注意が必要です。(電話として使うだけなら特に難しいことはありません)

毎月18香港ドルの回線維持費

まず、このSIMには毎月18香港ドルの回線維持費がかかります。

初期残高は80香港ドルあるのですが、アクティベートした瞬間に18香港ドルが引かれ、実質は62香港ドルからのスタートとなります。

データ通信を使うにはコツがいる

データ通信そのものは何も設定なしに使うことができますが、そのままでは1MBあたり0.8香港ドルの従量制課金になります。

このSIMの実質初期残高は62香港ドルなので、77MB通信したらすぐに残高がなくなってしまいます

最近のスマホは100MBなんてあっという間ですから、怖いですね…

ということで、7日パス(48香港ドル/300MB)か1ヶ月パス(68香港ドル/500MB)というのを設定する必要があります。

実質初期残高が62香港ドルで、1ヶ月パスが68香港ドルですから、1ヶ月パスを設定するにはまず最初にチャージする必要がありますね。

どちらにしても、「跨境王」は残高が少ないので、ほぼ確実にチャージが必要になると思います。

この辺りが初心者にはちょっと面倒なところです。

パスの設定方法は、慣れればどうということはありませんが、日本ではあまりこういう電話の使い方をしないので、初めての旅先ではこれがうまく行ったかどうか分かりにくいのです。

もし設定がうまくできていないと、どんどん残高が減っていきます。

残高確認も英語か中国語なので、言語が苦手だとちょっとストレスかもしれません。

それから、7日パス・1ヶ月の場合、300MB/500MB超過後は自動的に0.8HKD/1MBの従量制に戻るので、こまめに通信量を確認するのがキモです。

データ通信は速くない

こちらも、中国聯通の回線を使うので基本的にどのスマートフォンでもOKですが、3G接続になるため、スピードは速くありません

実際に使ってみた

2016年3月に北京で跨境王SIMを使ってみました。

関連記事:中国のネット制限が回避できる「跨境王」の使い方 速度はやや遅めの3G接続

初めての中国には結構ハードルが高いかも

ということで、「跨境王」は初めての中国旅行や中国出張にはあまりオススメできないかな、というのが正直な感想です。

最初はデータ専用の7日間SIMなどで慣れてから、次から跨境王というのもいい気がします。

定期的に中国に渡航するならオススメ

ただし、この「跨境王」は、有効期限がそもそも90日と長いのに加え、低額のチャージで有効期限が延長できる(50HKD:90日、100HKD:180日、300HKD:360日)ので、定期的に中国に渡航する用事があるような方には非常に使い勝手の良いカードです。

月間18香港ドルの回線維持費がかかり、残高が不足すると回線契約が解除されてしまうので、残高には注意しましょう。

Amazonでの販売価格

Amazonでは2016年2月19日現在、1880円で販売されていました。

China Unicom Hong Kong [中国聯通・香港]中国 香港 マカオ 台湾共通 3Gデータ・プリペイドSIM 跨境王 Cross-Border King 加強版 [並行輸入品]
China Unicom Hong Kong [中国聯通・香港]中国 香港 マカオ 台湾共通 3Gデータ・プリペイドSIM 跨境王 Cross-Border King 加強版 [並行輸入品]中国聯通香港

Amazon

by G-Tools

跨境王のまとめ

  • ◎通話可能
  • ◎ほとんどのSIMフリースマートフォンで使える
  • ◎有効期間たっぷり90日間
  • ◎有効期限の延長が低額で可能
  • ◎テザリングOK
  • ×速度がやや遅い
  • ×データプランの設定が難しい
  • ×回線維持費がかかる 
ところで、海外旅行保険の準備はお済みですか?
C-STUDYイチオシのEPOSカード年会費完全無料なのに、
 海外旅行保険自動付帯
 治療保障最高270万円
 キャッシュレス診療対応
といいことづくめ。
海外旅行に行くなら持っておいて絶対損はしませんよ。
【今なら8000pt還元中】エポスカードに入会するなら今がチャンス! 

-中国でスマホ, 中国出張, 香港SIM

この記事を書いた人

C-STUDY管理人。フリーランスのプログラマー+中国語通訳翻訳+ブロガーをやってます。中国語は独学でHSK8級+中検準1級。中国・中華圏を中心に東アジア~東南アジアが活動範囲です。もっと詳しく

共有する

これは役に立つ!面白い!と思ったら共有してくださるとうれしいです。シェアしていただけると、がぜんやる気がでます^^

C-STUDYの定期読者になりませんか?

ブログの更新情報をメールでお届けします。購読は無料、解除も簡単です。 読者数:246人

関連記事