ローカルフード 中国グルメ 中国出張 のお勧め記事

中国で大人気!「海底捞番茄火鍋底料」(トマト味鍋の素)を試してみました

2016/11/06

いま中国で大人気、日本でも1号店がオープンした中国火鍋レストラン「海底捞(ハイディーラオ)」。その火鍋店の味が体験できる鍋の素をおみやげでいただいたので、試してみました!具材は日本風、鍋の素は中国火鍋、ちょっとドキドキです。

海底捞(ハイディーラオ)は中国で行列ができる火鍋店

こんにちは、事務局Yです。

しばらく以前の記事でも紹介されていた中国の行列ができる火鍋店「海底捞(ハイディーラオ)」、いったいどんなお店だろうとずっと気になっていました。

海底捞のトマト火鍋の素をいただいた!

そんな話をしていたら、中国の友人がお土産で海底捞の火鍋の素(中国語では火锅底料)を持ってきてくれました。

2016-01-23 20.25.07

友人いわく、この火鍋の素は海底捞でも特に人気のあるトマト(中国語では番茄)味のもので、全然辛くないから安心して、とのこと。

以前に重慶在住の友人から別の火鍋の素をもらったことがあったのですが、その時は鍋に素を入れた瞬間に部屋の空気が辛くなり、慌てて換気扇を回したのを思い出します・・・

今回はその心配はない、ということなので、安心して調理にとりかかれます(^^;

2016-01-23 20.26.36

パッケージを裏返して、ハイディーラオ火鍋の作り方を読んでみました。

ふむふむ、火鍋の素に1リットルから1.5リットルの水(ビーフコンソメだとなお良い)を入れて、いったん煮立たせてから色々な具材を入れて楽しんでください。みたいなことが書いてありますね。

火鍋の素はかなり赤い色で、見た感じはかなり辛そうなんですが、これはトマトの赤色で辛くないんだそうです。

本当かなぁ?

2016-01-23 20.30.24

海底捞のトマト火鍋に挑戦!

スーパーで具材を買ってきました。

2016-01-24 13.26.26

トマト火鍋の具材

まずは、たぶんダシが弱いんじゃないかな、と思って渡り蟹でダシをとる作戦です。

2016-01-24 13.27.54

そして色々な具材。

中国の火鍋と言えば牛肉や羊肉がメインですが、予算の関係で豚肉と鶏肉になりました(汗

鶏肉は骨付きにして、ここからもダシを期待。

そして、白菜、えのき茸、お豆腐と、マロニーちゃん。

2016-01-24 13.29.43

基本的には鍋料理ですから、何を入れてもいいはずですが、中国の火鍋はソーセージとかハムとか入れるんですよね。

ということで、ソーセージと・・・

2016-01-24 13.31.38

静岡代表の黒はんぺん!

四川火鍋と静岡黒はんぺんのコラボは成功するか?ちょっとドキドキです。

そろえた材料はこんな感じになりました。

2016-01-24 16.20.35

渡り蟹さん、いいダシ期待してますよ!

2016-01-24 16.21.39

トマト火鍋を友人宅に持ち込んだ><

さて、この日は友人宅で鍋パーティー。

それぞれが我が家の鍋を持ち寄って、ワイワイガヤガヤと突っつこうということになりました。

そこで我が家もこのトマト鍋を持参して鍋パーティーに参戦です(^^

まずは鍋の素を1リットルの水で薄めて、渡り蟹さんを投入。

グツグツ煮込んでダシを取ります。

2016-01-24 17.35.12

頃合いを見計らって具材をどんどん投入します。

2016-01-24 17.51.30

ソーセージも黒はんぺんもどんどん投入されてしまいました。

隣の鍋から余ったジャガイモが横入りしてきたりして、もう鍋はあふれそうです。

2016-01-24 18.00.52

他の鍋があるから万が一の場合でも安心です(笑

ふと隣を見ると、見るからに美味しそうなみぞれ鍋が・・・

万が一、トマト火鍋が口に合わなかったらあっちを食べればいいから、と言い聞かせつつ調理を続けます(オイ

2016-01-24 18.10.02

美味しそうなだし巻き卵の差し入れもあったりして、口直しに良さそう。

これで思い切って冒険できます(オイオイ

2016-01-24 18.11.07

そうそう、火鍋の素を煮込んでみても、やっぱり全く辛い匂いがしなかったです。

途中でダシの味見をしてみると、どっちかといえば甘いぐらい?

2016-01-24 18.15.10

トマト火鍋×生七味が絶妙のコラボ

ちょっとやはり甘めの味だったので、差し入れの生七味を助っ人として投入。

2016-01-24 18.16.09

なんと生七味、トマト火鍋にバッチグー(死語)でした!

2016-01-24 18.16.45

海底捞のトマト火鍋の素は日本の具材とも相性がいい

ということで、恐る恐るチャレンジしてみたハイディーラオのトマト火鍋の素、意外にも日本人にもウケる味で、鍋パーティーに参加した友人たちも気に入ったようでした。

特にシメのうどんがかなり美味しかったらしく、満腹で食べられなかった私は、今度はうどんまでたどり着きたいな、と。

ただやはり、ちょっとダシが弱いのと、味が甘めなので、火鍋の素を水ではなくダシで薄めるのと、鷹の爪を2本ぐらい鍋に投入するとちょっと味が締まるかな~と思いました。

また次回、ハイディーラオの火鍋の素が手に入ったら挑戦してみたいと思います!

-ローカルフード, 中国グルメ, 中国出張

この記事を書いた人

共有する

これは役に立つ!面白い!と思ったら共有してくださるとうれしいです。シェアしていただけると、がぜんやる気がでます^^

C-STUDYの定期読者になりませんか?

ブログの更新情報をメールでお届けします。購読は無料、解除も簡単です。 読者数:244人

関連記事