台湾グルメ 台湾旅行 のお勧め記事

【週末台湾】火傷注意!肉汁あふれる台北駅南「饒河街の胡椒餅」

2016/09/20

荷物を台北駅のコインロッカーに預け台中行きの高鐵チケットも確保し、やっと自由時間になりました。

台北駅のすぐ近くに「めちゃ美味しい」胡椒餅屋さんがあると聞いたので行ってみました。

台北駅から重慶南路へ

朝4時に起きて早朝7:25発の中部国際空港発のジェットスターGK91便で台北に向かった私たち、いろいろと用事を済ませてやっと自由時間になりました。

ということで、台北駅から「噂の胡椒餅」を食べに重慶南路へ向かいます!(この人たちやっぱり食べるのか…

map (2)

台北駅すぐ南側の大きな交差点に出てみました。週末午後の台北は、若干の薄曇りです。

2015-12-19 13.47.50

12月の台湾旅行はどんな気候?服装?

この時は12月中旬でしたが、台北は19℃ととても暖かく、日本の秋の服装でも若干暑いほどでした。

2015-12-19 13.49.39

時々小雨のぱらつく中、横断待ちの人たちの服装はこんな感じです。

2015-12-020

ただ、個人的には台湾の人はやや厚着気味のように感じました。

後から聞いたのですが、私たちのいた週末をはさんだ前後数日は、気温が20℃代後半でかなり暑かったんだとか。

もしかすると、この日は台北っ子には「寒い」日だったのかもしれません。

冬場に台湾を旅行される予定の方は、調整のしやすい服装をオススメします。

台北駅から重慶南路へ

ビル街を進み、

2015-12-19 13.50.17

最初の角、開封街で右折します。

バイクのたくさん並ぶ道を通りぬけ、重慶南路へ向かいます。

2015-12-19 13.52.06

2015-12-19 14.26.47

オシャレなカフェも

台北っ子には写真を見ただけで「まっすぐ胡椒餅に向かってない」ことがバレてしまうので言い訳しておくと、実際は重慶南路周辺を散策しながら胡椒餅に向かっています。

途中にはおしゃれな喫茶店らしきお店もありました。

2015-12-19 14.29.02

以前に「台北カフェ巡り」的な本を読んでから、台北のカフェ事情が気になっているので、次回はぜひ台北の地元カフェにも寄ってみたいなと思いつつ、

路地を覗いてみたり、

2015-12-19 14.28.41

路地を覗いてみたりしています。

2015-12-19 14.29.38

手機=ケータイのこと

それにしても、台湾の看板は迫力がありますね。

看板が道にせり出していることもあるでしょうが、やはり繁体字(台湾では繁體字)の視覚効果も大きいように感じます。

2015-12-19 14.30.40

ちなみに左側に見える「手機」とは中国語で「携帯電話」のこと。

「手のひらに乗る機械」というイメージでしょうか。

それから、上の写真でも出てきましたが、台湾では「デジタル家電」のことを「3C」と言うそうです。

台北駅に一番近い、絶品”胡椒餅”

さて、目指す「胡椒餅」が見えてきました。

事前の情報で、「開封街と重慶南路に福州世祖という胡椒餅のお店がある」と教えていただいていたのでした。

福州世祖の胡椒餅に到着しました!

2015-12-19 13.56.56

胡椒餅とは

胡椒餅とは「フージャオビン」と呼ばれる台湾のローカルB級グルメです。

肉まんのような生地に、黒胡椒をたっぷり効かせた肉の餡がたっぷり入り、それを専用の窯で焼き上げる、火傷に注意!な激ウマローカルフード。

これは食べてみたいですよね^^

「の」が好きな台湾人

さてさて、さっきの看板を見ていると、妙な文字に気づきます。

ちょっとピントがずれてしまいましたが、こちらにも。

2015-12-19 13.57.03

そうです。看板に「饒河街”の”胡椒餅」となぜか「の」が入っているのです。

台湾の人は日本語の「の」が大好き。

台湾の街を歩いていると至るところで「の」が使われているのを見かけます。

くるりんとした「の」の形が可愛らしい^^のだそうです。

その場で生地から手作り

そんな「饒河街”の”胡椒餅」ですが、仕事は真剣そのもの。

生地からその場で手作りしています。

生地を正確に同じ重さになるようにちぎり、

2015-12-19 13.57.45

大量のネギと、たっぷり黒胡椒が効いた肉餡を包み、

2015-12-19 13.56.51

おもわず写真もぶれてしまうスピードで作業は進んで行きます。

2015-12-19 13.57.16

目にも留まらぬ速さで胡椒餅ができあがっていく

そうこうしているうちに、あっという間に大量の胡椒餅が並べられていきます。

2015-12-19 13.57.55

実は、ぼやぼやしている間に前のロットが私たちの前で売り切れてしまい、「これは暫く待つのかな」と思ったのですが、そんな心配は全く無用でした。

2015-12-19 13.57.33

まるくコロコロとした胡椒餅が窯で焼かれるのを待っています!

2015-12-19 13.58.02

あまりの美味しそうな光景に期待で腹が高鳴ります(^^;

ドラム缶状の窯で焼く「胡椒餅」

さて、この「胡椒餅」の特長は、ドラム缶のような形をした専用の窯で焼くこと。

2015-12-19 13.58.51

ピザ窯のようにかなり温度が高いのか、カリッと胡椒餅が焼き上がっています。

窯は2台体制で、どんどん胡椒餅を焼き上げているようです。

2015-12-19 13.58.42

値段はうろ覚えですが、確か1つ45元(約150円)だったと思います。

一見、肉まんのようにふっくらしているように見えますが、これ実は中身は全て胡椒たっぷりの肉餡!

2015-12-19 13.59.51

注意してかからないと大事故に遭いますよ!(私は事故に遭いました><

焼きたては肉汁が"超"熱いので注意!

さて、アツアツの胡椒餅をガブリといくのですが、カンカンに熱くなった窯で焼かれた胡椒餅は外側がフランスパンのようにパリッパリ。

そこでちょっと力を入れて噛み切ろうとすると、

2015-12-19 14.00.35

ジュワーッと熱々の肉汁が飛び出てきて、口の中はヤケドするし、服には飛び散るしでかなり悲惨なことになります(^^;

饒河街の胡椒餅は絶品!台北駅に来たらぜひ!!

でも、そんな事など気にしないぐらいこの胡椒餅は絶品です。

なんで「饒河街の」なのかと思ったら、このお店は台北の「饒河街夜市」にある有名な胡椒餅店の分店なんだそうです。

2015-12-19 13.59.35

つまりは、夜市に行かなくても「あの」胡椒餅が食べられたということなんですね。

いろんな意味で美味しい体験をさせてもらいました。

皆さんもぜひ台北駅に来ることがあれば、ちょっと足を伸ばして、「饒河街"の"胡椒餅」にトライしてみてください!

2015-12-19 14.00.57

「饒河街の」福州世祖胡椒餅
台北市重慶南路1段13號

ところで、海外旅行保険の準備はお済みですか?
C-STUDYイチオシのEPOSカード年会費完全無料なのに、
 海外旅行保険自動付帯
 治療保障最高270万円
 キャッシュレス診療対応
といいことづくめ。
海外旅行に行くなら持っておいて絶対損はしませんよ。
【今なら8000pt還元中】エポスカードに入会するなら今がチャンス! 

-台湾グルメ, 台湾旅行

この記事を書いた人

C-STUDY管理人。フリーランスのプログラマー+中国語通訳翻訳+ブロガーをやってます。中国語は独学でHSK8級+中検準1級。中国・中華圏を中心に東アジア~東南アジアが活動範囲です。もっと詳しく

共有する

これは役に立つ!面白い!と思ったら共有してくださるとうれしいです。シェアしていただけると、がぜんやる気がでます^^

C-STUDYの定期読者になりませんか?

ブログの更新情報をメールでお届けします。購読は無料、解除も簡単です。 読者数:245人

関連記事