中国の交通機関 中国出張 地下鉄・バス のお勧め記事

【乗ってきました】南昌(江西省)に地下鉄がついに開通!2号線ももうすぐ!?

2016/09/20

中国でも若干マイナーな江西省、焼き物の「景徳鎮」を知っている人は、景徳鎮の原産地と言えば少し親近感が湧くでしょうか?そんな江西省の省都、南昌市から地下鉄開通のニュースが届きました。

景徳鎮の江西省からお届けします!

皆さんこんにちは、C-STUDY 江西省特派員です!

昨年の年末、ついに私の住む江西省にも地下鉄が開通しました。

なんだかんだ言って経済発展のすさまじい中国らしく、工事のトラブルやゴタゴタが色々とありましたが、これで渋滞が多少は緩和されるのかなと楽しみにしています。

江西省ってどこにあるの?

ところで、恐らく読者の皆さんは「江西省」と言っても中国のどこにあるのかご存知ない方の方が多いかもしれません。

江西省は、浙江省と福建省の西側、広東省の北東側にある内陸の省です。

map (1)

歴史の好きな方は「景德镇」や「瑞金」と言った地名に聞き覚えがあるかもしれませんが、景徳鎮や瑞金があるのが、ここ江西省なんです。

photo by Kent Wang

景徳鎮 photo by Kent Wang

南昌ってどんな街?

私のいる南昌市は江西省の省都で、上海から南西方向に約700km、G列車(中国新幹線)で約4時間の場所に位置しています。

南昌市の市区(中心部)には約600平方キロ(北海道の富良野市とほぼ同じ)の面積に約200万人の人が暮らしています。

人口200万人は中国の都市の中ではそれほど大きな街ではなく、全体的にのんびりとした雰囲気のただよっている都市です。

気候は温暖で、食べ物はちょっとピリ辛味の醤油を使った料理が多いのが特徴です。

南昌についに地下鉄が!

そんなのんびりとした南昌市ですが、このたびついに、ついに地下鉄が開通しました!

nc-metro113(双港)

2015年12月26日に開通

開通したのは昨年(2015年)年末の12月26日で、開通するまでには色々とありました。

ある時には、タクシーの運転手さんたちが、自分たちの仕事がなくなると言って、かなり大規模なデモというかストライキというか抗議活動を行い、街でもかなり話題になりました。

あとは地下鉄工事の影響で、頻繁に道路が通行止めになってその影響でバスのルートがある日突然変わっていたり、水道が停まったり電気が停まったり、とまあ市民への影響も少なくなく、でも地下鉄が通って便利になるなら仕方がないか、とみんなけっこう辛抱していました。

まもなく2号線も?

今回開通したの1号線の双港から瑶湖西までの24駅で、料金は初乗りが2元、双港から瑶湖西まで乗り通すと6元だそうです。

2016-02-10

現在、2号線の建設が急ピッチで進んでいて、噂では2016年中にも開通か?と言われています。

nc-metro033

地下鉄構内にあった路線図には1号線~4号線までの表示があったので、これが全て開通するとかなり便利にはなりそうです。

南昌地下鉄に乗ってきました

私もこれまではバス移動がメインで、いつも満員バスに揺られて(というか揺さぶられて)クタクタになっていましたが、地下鉄が開通したので若干ラクになるかな?と期待しています。

そんなわけで、さっそく開通したばかりの南昌地下鉄(中国語では南昌地铁)に乗ってきました!

まずやってきたのは衛東駅(中国語では卫东站)です。

nc-metro005

まだ真新しい駅の入り口が輝いて見えます(笑

nc-metro015

まだあちこちがピカピカしてますね~

nc-metro020

入り口の階段を降りると、自動券売機が目に入りました。

そして、改札の手前(左奥)には、危険物検査用のX線装置が設置されているのが見えます。

私のルームメイトは、荷物検査で水筒が見つかり、その場で一口飲むように言われたそうです。

nc-metro030

自動券売機で、終点の双港駅までのきっぷを買ってみました。

nc-metro031

双港駅までは7駅で3元でした。

nc-metro035

南昌地下鉄のきっぷはプラスチックのトークン(コイン)になっていて、これを自動改札機に入る時はタッチ、出る時はトークン回収口に投入して乗車するようになっています。

nc-metro038

そしてわたくし、よく分かってなかったのでつい券売機できっぷを買ってしまったのですが、後から聞いた話では南昌バスと地下鉄の交通カード(中国語では交通卡)は共通になっていて、交通カードを使えば運賃が1割引きになるのだそうです。

もったいないことをしてしまいました…

でも面白い形のきっぷを見れたので、0.3元(約5円)は取材費ということで納得しようと思います(^^;

さてさて、きっぷも買えたことですし、ホームに降りてみます。

nc-metro055

まだ開通したばかりだからだと思いますが、構内はかなり空いていました。

1号線のラインカラーは赤、まもなく開通する2号線は黄色のようです。

nc-metro050

ホームドアが設置されているのは、安全でいいですね。

ホームの上の方にはデジタル掲示板があって、お知らせやミニ番組、列車の到着時刻などが表示されていました。

nc-metro060

列車がやってきましたよ。

nc-metro070

全然混雑していないので、のんびりした日本人の私でも列に押しのけられる心配はありません(^-^

列車のドアとホームドアが同時に開きましたが、やっぱり車内もまだかなり空いてるみたいです。

nc-metro080

右を見ても、左を見ても、ガラガラです。

nc-metro093

nc-metro090

地下鉄はバスより運賃が高いのと、まだみんな乗り慣れてないので、乗客が少ないようです。

nc-metro100

出入り口近くには液晶TVがあって、こちらにもミニ番組やお知らせが流れていました。

この車内で動画を流すのって、日本の地下鉄や電車ではあまり見かけないサービスですよね。nc-metro101

出入り口上部には、現在位置を示すLED表示器がありました。

バスだと運転手さんのご機嫌次第で現在位置の表示と放送が狂うこともしばしばですが、さすが地下鉄、ちゃんと駅ごとに表示が変わっていましたよ^^

夕方の時間帯に、また地下鉄に乗ってみました。

nc-metro110(地鉄大廈)

さすがに夕方の帰宅時間ではちょっと人が多くなり、突然人が増え始めました。

nc-metro099

と言っても、まだまだ全員座るぐらいの余裕はあります!

nc-metro096

ちょっとだけお金を払えば、もうあのぎゅうぎゅうバスの辛さを味わわなくていいのか、と思うと心動くものがありますね><

南昌に遊びに来ませんか?

南昌は2000年の歴史を有する古い街で、江南三名楼の一つと言われる藤王閣(中国語では滕王阁)などの名所も多く、観光におとずれても十分楽しめる街ですよ。

photo by 振群 王

photo by 振群 王

アジア最大の音楽噴水として知られる秋水広場にも多くの観光客が訪れています。

上海から南昌へは高速鉄道(新幹線)が直通していて交通も便利ですし、やき物の街、景徳鎮にも近いので、セットで訪れるのもおすすめです。

こんどのお休みに、歴史の街、南昌に遊びに来てみませんか?

ところで、海外旅行保険の準備はお済みですか?
C-STUDYイチオシのEPOSカード年会費完全無料なのに、
 海外旅行保険自動付帯
 治療保障最高270万円
 キャッシュレス診療対応
といいことづくめ。
海外旅行に行くなら持っておいて絶対損はしませんよ。
【今なら8000pt還元中】エポスカードに入会するなら今がチャンス! 

-中国の交通機関, 中国出張, 地下鉄・バス

この記事を書いた人

C-STUDY管理人。フリーランスのプログラマー+中国語通訳翻訳+ブロガーをやってます。中国語は独学でHSK8級+中検準1級。中国・中華圏を中心に東アジア~東南アジアが活動範囲です。もっと詳しく

共有する

これは役に立つ!面白い!と思ったら共有してくださるとうれしいです。シェアしていただけると、がぜんやる気がでます^^

C-STUDYの定期読者になりませんか?

ブログの更新情報をメールでお届けします。購読は無料、解除も簡単です。 読者数:243人

関連記事