格安SIM のお勧め記事

【3月2日まで】スマホデビューにオススメ!FREETEL SIMが1年間1GB分0円キャンペーンを延長

2016/10/09

先日の記事でもお知らせした「FREETEL SIM」の通信料最大1年間0円(毎月1GBまで)キャンペーンの申し込み期間が、3月2日まで延長されるとのことです。

FREETEL SIMの1年間1GB月額0円キャンペーンが期限延長!

少し前に「FREETEL SIMが最大1年間まで1GB分が0円になるキャンペーンを実施」という記事で紹介したFREETEL SIMのキャンペーン、もうすぐ終了かと思っていたら、期限延長のお知らせが届いていました。

freetel-campaign-march2

スマホデビューに「Priori3 LTE」とセットがオススメ

当ブログでもしつこく紹介している1万円格安スマホの「Priori3 LTE」、もちろんiPhoneのようにおしゃれではありませんし、値段なりの限界ももちろんあります。

関連記事:Priori3のスペックを同価格帯の3機種と徹底比較!

priori3

でも、使えば使うほど、ライトユーザーやスマホ初心者のことをよく考えて作ってあるスマホだなと思うんです。

関連記事:Priori3をしばらく使ってみた、ライトユーザーなら全然使える

とにかく、12800円(税別)という価格でスマホが持てるのが驚きです。

しかもメールや通話、簡単な調べ物、スナップ写真レベルならほぼストレスなく使えるスペック(性能)、そして性能を必要十分に抑えたおかげで長持ちするバッテリー。

そして、今回のキャンペーンを使ってPriori3 LTEとFREETEL SIMをセットで購入すれば、1GB分が1年間無料になります。1GBは、スマホ初心者には必要十分な容量です。

関連記事:格安SIMのキャンペーン比較(記事真ん中あたりに月1GB使用のモデル)

スマホデビューしてみようかな、とずっと迷っている人にはぜひ、このチャンスにPriori3 LTEとセット購入してデビューしてみることをオススメします。

FREETEL SIMは「速い」格安SIM

格安SIMと既存キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)の大きな違いの一つに、「格安SIMは速度が遅い場合がある」というものがあります。

これは、格安SIMというのが既存キャリア(基本的にドコモ)から通信回線を借りて運営していることが原因です。

ドコモ・au・ソフトバンクのケータイが自家用車だとすると、格安SIMは乗り合いバスのようなものなので、ある程度の待ち時間や混雑は覚悟しないといけない、ただ、その分維持費が安く済む、ということです。

では、どのくらい遅くなるのか、というのは格安SIMの「バスの大きさ」と「乗客数」の割合によって決まるので、常に状況が変動します。また、バスがラッシュ時に混みあうように、格安SIMも朝と夕方、そして昼休みはかなり速度が遅くなります。

どこの格安SIM会社も、できるだけギリギリの容量(バスの台数)でたくさんのお客さんをさばきたい、でも混雑が激しすぎるとお客さんに嫌われる、ということで調整が非常に難しいところです。

とは言え、私たち利用者からすると、格安SIM会社側の事情はどうでも良くて「どこの格安SIMなら快適か」というのを知りたいところです。

格安SIM専門の速度計測レポートを参考に

例えばモバレコというサイトでは格安SIMの実際の速度を定期的に計測してレポートしてくれています。

このサイトから、直近3ヶ月ぐらいの速度測定レポートを見ると、どこの格安SIMが快適かがだいたい見えてきます。

このモバレコの格安SIM速度比較の12月1月2月のレポートを見ると、FREETEL SIMは一日中安定してかなり速いスピードが出ているのが分かります。

もちろん、この状況が今後も続くのかは分かりません(無理してバスの台数を増やしているのかもしれませんし…)が、今の時点で言えるのは、FREETEL SIMは格安SIMの中でもかなり速い方だ、ということです。

キャンペーンを最大限に活用するコツ

さて、このFREETEL SIMのキャンペーンを最大限に活用するコツをいくつかご紹介します。

月初に開通させる

今回のキャンペーン延長で、3月でも申し込みが可能になりました。

この1年間1GB分無料キャンペーンは、使用開始月+1年間(SIMのみ購入の場合は6ヶ月間)が対象になりますので、3月の1日か2日に開通すれば、2017年3月(SIMのみの場合は2017年9月)までキャンペーン優待を受けることができます。

SIMのみ購入なら、Amazonで購入してとりあえず手元に置いておき、3月1日になったら開通手続きをするという方法もありますね。(SIMのサイズを間違えないように気をつけてください)

FREETEL SIM SMSあり nano SIM

FREETEL SIM[LTE対応・データ通信専用(SMS機能付き)・nano SIM](月額439円(税抜)より)
FREETEL SIM[LTE対応・データ通信専用(SMS機能付き)・nano SIM](月額439円(税抜)より)FREETEL

Amazon by G-Tools

FREETEL SIM SMSあり micro SIM

FREETEL SIM[LTE対応・データ通信専用(SMS機能付き)・マイクロSIM](月額439円(税抜)より)
FREETEL SIM[LTE対応・データ通信専用(SMS機能付き)・nano SIM](月額439円(税抜)より)FREETEL

Amazon by G-Tools

iPhone iPadなら専用パッケージ

iPhoneやiPad用のSIMなら、FREETEL SIM for iPhone/iPadを購入するのがオススメです。

FREETEL SIM通常版と機能や料金は全く同じで、App Storeの通信料金が無料になるというスグレモノのSIMです。

家にWiFiがない人も、出先でアプリをインストールしたくなった時も、このSIMならアプリのインストールや更新で通信量(パケット)を消費しないので、iPhone/iPadで使うならiPhone/iPad版にしない手はないですね。

FREETEL SIM for iPhone/iPad SMSつき

FREETEL SIM for iPhone/iPad データ通信+SMS nano SIM (月額439円(税抜)より)
FREETEL SIM for iPhone/iPad データ通信+SMS nano SIM (月額439円(税抜)より)FREETEL
Amazon by G-Tools

無料で維持したいなら節約モード

FREETEL SIMには「節約モード」という機能があり、速度が200kbps(約0.2Mbps)以下に制限される代わりに、通信量(パケット)がカウントされません。

つまり、メールやLINEのやりとりぐらいしか使わないので、速度が遅くても良いなら、常に節約モードにしておけばずっと最低価格でモバイル回線が持てるということなんです。

200kbpsでネットを見るとどれぐらいの感じなのかは、Youtubeで「200kbps」と検索するとたくさんの人が動画をアップしているので、試しに見てみることをお勧めします。

日常的にネットを見るような使い方にはちょっと厳しそうですが、上でも書いたようにメールやLINEぐらいのやり取りなら全く問題ないので、とことん節約したい人は試してみる価値あると思いますよ。

Priori3を実際に触ってみたいならヨドバシカメラ

Priori3 LTE(もちろん今回のキャンペーンはPriori3以外でもいいのですが)を実際に触ってみたいという場合は、近くのヨドバシカメラに行くと実機があるはずです。

気に入ったらそのままヨドバシカメラで購入して大丈夫、キャンペーンサイトから必要事項を記入すればキャンペーン対象になります。

まとめ:損はしない格安SIM、一度トライしてみては?

ほとんどの人が毎月7000円ぐらい払っているケータイ料金、うまく格安SIMを活用すれば、家族で3000円に収めることも夢ではありません

まずは「速くて安い」FREETEL SIMで格安SIMの世界を覗いてみるのも良さそうですね。

FEETEL《フリーテル》

-格安SIM

この記事を書いた人

C-STUDY管理人。フリーランスのプログラマー+中国語通訳翻訳+ブロガーをやってます。中国語は独学でHSK8級+中検準1級。中国・中華圏を中心に東アジア~東南アジアが活動範囲です。もっと詳しく

共有する

これは役に立つ!面白い!と思ったら共有してくださるとうれしいです。シェアしていただけると、がぜんやる気がでます^^

C-STUDYの定期読者になりませんか?

ブログの更新情報をメールでお届けします。購読は無料、解除も簡単です。 読者数:245人

関連記事