日本の銀聯カード 銀聯カード のお勧め記事

中国のスーパーでもマイルが貯まる!中国系ANAマイラー必携のANA銀聯カード

2016/10/20

中国のスーパー中国ではVisaやMasterなどのクレジットカードがほとんど使えないので「前みたいにクレジット払いでマイルが貯めらないな」と困っている方も多いと思います。でも実は、ANAのマイルが貯まる銀聯カードがあるんです。今日はその「ANA銀聯カード」についてまとめてみました。

ANA銀聯カードとは

「ANA銀聯カード」とは名前から想像できるように、ANAのマイルが貯まる銀聯ブランドのクレジットカードです。

上でも少し触れたように、中国ではVisaやMasterカードが使えるお店がかなり限られているので、カードでポイントやマイルを貯めるというのは非常に難しいのですが、このANA銀聯カードを持っていれば、今まで取りこぼしていたポイントをマイルに換えることができます。

img01

中国では、銀聯カードで支払いのできるお店がかなり多いですから、年間の細々とした買い物をなるべくこのANA銀聯カード払いにするようにすれば、かなりのマイルが期待できます。。

マイル換算率は1000円=5マイル

先日紹介した三井住友銀聯カードの場合、マイル換算率は1000円あたり3マイルなのですが、こちらのANA銀聯カードなら1000円あたり5マイルに交換することができます。

仮に年間の生活費のうち100万円(月平均で8万円ぐらい)をANA銀聯カード払いにすることができれば、単純計算で5000マイルが貯まることになります。

今まで現金払いでマイルを取りこぼしていたのであれば、これはかなり大きなポイントになりますね。

 

ANAカードの「追加カード」という位置づけ

ただ、このANA銀聯カードはANA VISA / Master / VISA Suicaカードを既に持っている人が申し込める、「追加カード」という位置づけとなっています。(ANA銀聯カードをANA VISA / Master / VISA Suicaカードと同時に申し込むことも可能)

ANA銀聯カードの年会費は無料

ただし、ANA銀聯カード自体の年会費は無料ですから、もし既にANA VISAカード等を持っているANAマイラーなら申し込んでおいて全く損はないと言えるでしょう。

新規にANA VISA / Master / VISA Suicaカードを発行するとしても、2重に年会費がかかる訳ではないのは助かりますね。

発行元は三井住友カード

また、このANA銀聯カードの発行元は三井住友カードとなっていて、日本語コールセンターやホテル優待などの特典は三井住友銀聯カードと同じものが受けられるのも◎なポイントです。

日本の銀行口座から引き落とされる

ANA銀聯カードは三井住友銀聯カードと同じように、中国でショッピングをした金額が、日本の銀行口座から引き落とされます。

それで、もし中国に長期に滞在していて、給料も中国の口座に振り込まれる、でもANA銀聯カードを使いたいという方の場合は、日本の口座にある程度の金額を残しておく必要がありますね。

家族カード発行可能

ANA銀聯カードは家族カードの発行ができるので、奥様の買い物用に家族カードを作っておけば、取りこぼしなくマイルを貯めることができそうです。

18歳から発行できる

ANA銀聯カードは本会員も家族会員も18歳以上から作成できます。

ATMキャッシングはできない

ANA銀聯カードは中国のATMでのキャッシングには利用できませんが、中国のほとんどATMではVisaなどのカードでキャッシンが可能なので、ATMでは親カードのANA Visaカードなどを併用すると良いでしょう。

親カードとは別のカードとして扱われる

ANA銀聯カードは、ANAカードのサブカードという位置づけでありながら、親カードとは別のカードとして扱われるため、限度額などが親カードからは引き継がれません。

親カードの限度額が高い方の中には、ANA銀聯カードの限度額が思ったより低いことに不満を感じる方もいるようです。

ANA銀聯カードのメリットとデメリット

p_anaginren

ということで、ANA銀聯カードのメリットとデメリットについてまとめてみました。

ANA銀聯カードのメリット

  • 1200万店もの店頭で使える、中国では超強力な銀聯ブランド
  • スーパーの買物でマイルがどんどん貯まる
  • 家族カードOK
  • 本会員・家族会員ともに18歳から作れる

ANA銀聯カードの×デメリット

  • ANAカード本体を持っていないといけない(→三井住友銀聯カードは単独申し込みができます)
  • ATMでのキャッシングができない
  • (中国の銀行口座に給料が振り込まれる場合)利用額が日本の銀行口座から引き落とされるので、資金の移動が必要

総合的に見ると、既にANAマイルを貯めている人にはお勧めの銀聯カードだと思います。特にANA VISAなど対象のカードを持っている人なら無料で追加できるので、見逃せない1枚と言えるでしょう。

発行手数料無料キャンペーン中

現在、ANA銀聯カードは通常2000円(税別)の発行手数料が無料になるキャンペーンを実施しています。

commission1_150811

commission2_150811

5年の有効期限ごとに更新料がかかりますが、1000円(家族会員は500円)とそれほど高い金額ではありませんし、とりあえず5年間様子を見て、継続するかどうかを考えても良さそうですね。

ということで、ANA銀聯カードは中国系ANAマイラーなら必携の1枚と言っても良さそうです。

ANA銀聯カード

ところで、海外旅行保険の準備はお済みですか?
C-STUDYイチオシのEPOSカード年会費完全無料なのに、
 海外旅行保険自動付帯
 治療保障最高270万円
 キャッシュレス診療対応
といいことづくめ。
海外旅行に行くなら持っておいて絶対損はしませんよ。
【今なら8000pt還元中】エポスカードに入会するなら今がチャンス! 

-日本の銀聯カード, 銀聯カード

この記事を書いた人

C-STUDY管理人。フリーランスのプログラマー+中国語通訳翻訳+ブロガーをやってます。中国語は独学でHSK8級+中検準1級。中国・中華圏を中心に東アジア~東南アジアが活動範囲です。もっと詳しく

共有する

これは役に立つ!面白い!と思ったら共有してくださるとうれしいです。シェアしていただけると、がぜんやる気がでます^^

C-STUDYの定期読者になりませんか?

ブログの更新情報をメールでお届けします。購読は無料、解除も簡単です。 読者数:245人

関連記事