Visaデビット 両替・ATM 中国出張 のお勧め記事

海外でも使えるVisa/JCBデビットカード29種類の年会費などを徹底比較!

2016/11/12

visadebit1

海外旅行で現金で買い物するのは面倒だし不安だから、なるべくキャッシュレスで買い物をしたいけど、クレジットカードは使いすぎが心配。

海外旅行先のATMでいつものキャッシュカードが使えたら便利なのに・・・

そんな方にオススメなのが、Visa(JCB)デビットカードです。

2016-10-24

Visaデビットカードは国内・海外のお店でのショッピングにも使える銀行キャッシュカードです。

また、海外旅行先のATMでも、国内のATMと同じようにカードでお金が引き出せます。

しかも、クレジットカードと違って、使いすぎの心配もありません。

仕事やプライベートで年に何度も海外に出かけている私も、このVisaデビットカードをもう何年も前からとても便利に利用しています。

そこで今回は、国内でも海外でもとても便利なVisa(JCB)デビットカードについて、年会費や利用手数料、ポイントなどを徹底的に比較してみました。

説明を飛ばして銀行別比較にジャンプしたい方はこちらをクリック

この記事のまとめ

Visa(JCB)デビットとは?

イオン銀行Visaデビットカード

さいきん耳にする機会が増えてきた「Visa(JCB)デビットカード」、節約好きの賢い人に人気があるとのことで、気になっている方も増えているようです。

ではまず、「デビットカード」とは何?というところから解説していきましょう。

英語の「デビット(Debit)」という言葉には「引き落とし」という意味があります。

英語の意味から分かる通り、デビットカードとは「使ったら銀行口座からすぐに引き落とされる」カードのことです。

ちなみに、「クレジット(Credit)」には「信用」という意味があり、クレジットカードで商品を購入すると、実際には「カード会社の信用で購入費用を建て替え」ていることになります。

クレジットカードとの違いは?

スルガ銀行Visaデビットカード

まずみんな気になるのが「クレジットカードと何が違うの?」という点ですよね。

見た目はクレジットカードにそっくりなこのデビットカード、使い方もクレジットカードと全く同じです。

デビットカードとクレジットカードのおもな違いは、利用した金額の引き落としタイミングです。

上でも述べた通り、デビットカードは利用した金額が即時に銀行口座から引き落とされるのに対し、クレジットカードの場合は利用した金額がいったんクレジットカード会社に蓄積され、翌々月などに指定した銀行口座からまとめて引き落とされます。

lawsonatm03

つまり、クレジットカードはいわば「ツケ」で買い物をしている訳ですから、きちんと管理していないとついつい使いすぎてしまう危険があります。

ネットショップでも使える?

Visa(JCB)デビットカードは、もちろんオンラインショッピングでも使えます。

コンビニで払いや銀行振込のような面倒がなく、でもすぐに銀行口座から引き落とされるので使い過ぎも防止できるので、とても便利ですよ。

現金より便利?安全?

pound-414418_640

Visaデビットを使うようにすれば、現金でお財布がパンパンになることはありません。

Visaデビットならセキュリティも安心。

現金には名前も暗証番号もないので、盗まれたら取り返すことはほぼ不可能です。

でもVisaデビットなら、盗難にあっても、すぐカード会社に連絡すれば、利用を停止してくれるので被害を防ぐことができます。

また、ほとんどのVisaデビットは不正利用された日にさかのぼって(さかのぼる日数には制限があります)補償されるので、盗まれたことに気づいたのがしばらく後でも大丈夫。

つまり、デビットカードはキャッシュレスで買い物ができる便利さと、すぐに口座残高から利用額が引かれるので使いすぎが防止できる、現金とクレジットカードのいいとこ取りのようなカードと言えますね。

J-Debitはデビットカード?

j-debit

実は、日本にはだいぶ前から独自のデビットカードのシステムがあります。

スーパーのレジに上のステッカーが貼ってあるのを見たことがある方も少なくないでしょう。

このJ-DebitとVisa(JCB)デビットカードの大きな違いは、利用可能な店舗と時間です。

J-Debitは同サービスの加盟店(上のステッカーのあるお店)でしか利用できず、もちろん海外では利用できないのに対し、Visa(JCB)デビットカードは、日本国内だけでなく海外のVisa(JCB)加盟店で利用が可能です。

Visa JCB Mastercard

また、利用可能な時間もJ-Debitが原則として発行元銀行の営業時間内に限られるのに対して、Visa(JCB)デビットはほぼ24時間(銀行によっては深夜時間帯に数時間利用できないものもあります)利用できるので、J-Debitに比べて利便性がはるかに向上しているのもポイントですね。

プリペイドカードとはどう違う?

16-ana-smbc0114-2

そして、もう一つ最近よく聞くのが「Visa / JCB / Masterブランドのプリペイドカード」です。

プリペイドカードは、まずカードにお金を「チャージ」して、チャージされた金額の範囲内でしか買い物ができない、という仕組みのカードです。

ですから、プリペイドカードはデビットカードよりもさらに使いすぎを防止できるカードと言えますね。

ただ、プリペイドカードは安全性が高い代わりに、「カードにチャージする」という一手間が必要になります。

それで、プリペイドカードは、お子さんのお小遣い用のカードとして持たせる場合や、海外留学に行かれるお子さんの仕送り、治安に心配のある地域に海外旅行に行く場合などに使うと便利なカードと言えるでしょう。

海外専用プリペイドカードについはこちらの記事もご覧ください。

VisaデビットとJCBデビットの違いは

楽天JCBデビット

現在日本で発行されているデビットカードには、大きく分けてVisaデビットとJCBデビットの2種類があります。

日本では、Mastercardブランドのデビットカードは発行されていません。

国内での利用がメインであれば、VisaでもJCBでも大きな違いはないでしょう。

ただ、海外旅行などで使う予定がある場合はできるだけVisaブランドのデビットカードを持つのがお勧めです。

韓国、台湾、グアム、ハワイなど日本人観光客の多いエリアではJCBが使えるお店も多くなってきています。

カードによって違いはある?

Visa(JCB)デビットは、発行元の銀行によって特典が様々です。

Visa(JCB)デビットを選ぶ場合には、以下のようなポイントを念頭において比較すると良いでしょう。

  • 年会費

  • ポイント還元率

  • 海外旅行保険・ショッピングプロテクションなどの付帯保険

  • 海外利用手数料

Visa(JCB)デビットカードのメリット

次に、Visa(JCB)デビットカードのメリットを見ていきましょう。

Visa(JCB)デビットカードの最大のメリットはもちろん、上でも触れた「利用額が即座に銀行口座から引き落としできるので、使いすぎを防止できる」点ですが、他にもさまざまなメリットがあります。

1. 未成年(高校生)でも申し込める

Visaデビットカードの多くは15歳以上の高校生でも申し込むことができますから、海外留学するお子さんに、仕送り用の財布としてVisaデビットカードを持たせる、ということができます。

海外送金が手軽にできる

例えば、海外留学中のお子さんに送金したいというような場合、お子さんにVisaデビットカードを持たせていれば、お子さんに送金したい時にはVisaデビットカードを発行した銀行口座に振り込むだけでOKです。

いつもの振り込みと全く同じ手順で、国際送金のような手間をかけず、確実に海外に仕送りができるのでとても便利です。

親子の口座を同じ銀行・支店にしておけば、手数料を全くかけずに海外へ仕送りすることも可能です。

2. 発行申込時の収入審査がない

デビットカードは原則として発行時に返済能力有無の審査がない(もしくは審査が厳しくない)ので、クレジットカードを作ることに抵抗のある人や、自営業・パート・フリーターなどクレジットカードの審査が難しい人でも申し込むことができます。

3. 口座残高=利用限度額

また、デビットカードの大きな特長が、利用した金額がすぐに口座残高から引き落とされること。(海外利用の場合は一部例外もあります)

つまり、口座残高がそのまま利用限度額なので、口座に入れておく額を少なくすれば、使いすぎを防止することができます。

4. 海外のATMで現地通貨に両替できる(引き出せる)

ATMs
日本のキャッシュカードは日本独自規格で作られているため、一部の例外を除いてこれまで海外のATMで使うことはできませんでした。

しかし、Visaデビットカードが登場したことで、海外のATMでも現地通貨を引き出せるようになりました。

これで、空港に着いたら近くのATMでさっと両替して、スマートに旅行・出張に出かけられますね。

5. 国内・海外でのショッピングにも使える

Register
Visaデビットカードは、海外でも日本でもクレジットカードのように買い物にも使えます

海外では慣れない現地通貨でのやり取りが意外と面倒なものですが、カード1枚で買い物ができるデビットカードは非常に便利ですね。

## Visaデビットカードのデメリット

そんな便利なVisaデビットカードですが、いくらか注意する点もあります。

上でも書きましたが、クレジットカードが「信用」を基盤にした決済システムなのに対して、デビットカードは「口座残高」を信用基準にした決済システムです。

そのため、信用を前提にしたいくつかの取引では利用できない場合があります。

ETCカードは作れない

デビットカードは、そのシステムの特性上ETCカードを作ることができません。

自動車が料金所を通る瞬間に、銀行に口座残高を問い合わせて、引き落としをかける、というのは難しいのでしょうね。

クレジットカードではないETCカードとしては「ETCパーソナルカード」がありますが、保証金や年会費が必要、などの負担があるためETCにするメリットが薄れてしまいます。

ETCカードを作りたい場合は、審査がかなり緩いと言われている「EPOSカード」を作るのがオススメです。

個人事業主の方なら「法人ETCカード」も検討できますね。

セルフガソリンスタンドで使えないことがある

セルフガソリンスタンドでカードを使う時は、給油を始める前にカードを通しますが、デビットカードはその仕組み上「いくらでも給油していいですよ」とは言えないため、セルフスタンドでは使えないことがあります。

ただ、これはデビットカードの種類によっては「口座残高が1万円以上あれば利用可能」などの制限付きで使えるようになっているカードもあるので、各カードの規定を確認してみてください。

ホテルのデポジット(保証金)や飛行機の機内販売には使えない

1-DSC01226

デビットカードはほとんどのホテルで、デポジット(保証金)としては受け付けてもらえません。

海外のホテルに泊まる場合は、デポジット用に余分な現金か、クレジットカードを用意しておくと良いでしょう。

また、Visa(JCB)デビットカードは飛行機の機内販売にも対応していません。

J-Debitは海外で使えない

j-debit-ng

「J-Debit」は日本国内専用のデビットカードで、海外では利用できないので注意してください。

海外旅行保険が付帯しないことが多い

中国 病院 VIP診察

クレジットカードの中には、海外旅行保険が(自動・利用)付帯しているものがあり、海外旅行に安心をプラスすることができます。

海外旅行保険を付帯しているVisa(JCB)デビットカードは非常に限られています。

海外旅行の予定がある方で、クレジットカードを作ることに抵抗がなければ、年会費が完全無料でゴールドカードなみ(治療保障最大270万円)の海外旅行保険が自動付帯するEPOSカードを作っておくのがオススメです。

キャンセル・返品時の返金に時間がかかる

オンラインショッピングで注文をキャンセルした場合、実店舗で買った物を返品した場合、Visa(JCB)デビットカードは口座への返金に時間がかかることがあります。

クレジットカードでは、注文をキャンセルすると、カードにいったん上がった売り上げが取り消されるので、(ほとんどの場合)口座から引き落とされることはありません。

ただ、デビットカードは注文した(買い物をした)その場で口座から現金が引き落とされるのに対し、返金処理には時間がかかるという特徴があります。

それで、特に高額の買い物をキャンセル・返品した場合には一時的に口座残高が少なくなってしまうことに注意しましょう。

Visaデビットカードの海外での使い方

Visaデビットカードは、日本でクレジットカードを使うのとほとんど同じように利用することができます。

店頭:Visa加盟店で普通に使えます

海外旅行先のお土産屋さんなどで使う時は、店頭にVisaのマークが掲示してあれば、Visaデビットカードも使えます。

Visa JCB Mastercard

クレジットカードのようにVisaデビットカードを店員さんに渡せば、特別なことを言う必要もなく支払いができますよ。

JCBデビットカードはJCBマークの掲示されている店舗で利用できます。

ATM:VISAかPLUSのマークがあればOK

Visaデビットカードの大きな特長の一つは、海外のATMで現地通貨の引き出し(外貨両替)ができること。

VisaデビットカードはVISAかPLUSのロゴのあるATMで引き出しができます。

1-DSC00922

JCBデビットカードの場合は「Maestro」か「Mastercard」ロゴのあるATMを利用します。

Visa/JCBデビットカード28種類を徹底比較

さてここからは、日本の銀行で発行されているVisa(JCB)デビットカードを用途別に、手数料や年会費、ポイントなどを徹底比較していきます。

銀行別クイックインデックス
メガバンク系
三菱東京UFJ銀行(三菱東京UFJ-VISAデビット)
りそな銀行(りそなVisaデビット)
三井住友銀行(SMBC Visaデビット)
※みずほ銀行、ゆうちょ銀行は2016年現在デビットカードを発行していません。

海外利用手数料が安いデビットカード
イオン銀行(イオンデビットカードVisa)
住信SBIネット銀行デビット付キャッシュカード
ソニー銀行(Sony Bank WALLET)
【番外】セディナカードJiyu!da!

JAL/ANAのマイルが貯まるデビットカード
スルガ銀行(ANAマイレージクラブ Financial Pass Visaデビットカード)
りそなVisaデビット<JMB>

海外ATMで使える国際キャッシュカード
新生銀行インターナショナルキャッシュカード
SMBC信託銀行《PRESTIA》バンキングカード

公共料金などの支払いに使えるデビットカード
スルガ銀行(スルガVisaデビットカード)

Tポイントが貯まるVisaデビットカード
ジャパンネット銀行(ファミデビ)
その他のVisaデビットカード
ジャパンネット銀行(JNB Visaデビット)
あおぞら銀行(あおぞらキャッシュカード・プラス(Visaデビット機能付き)
楽天銀行(楽天銀行デビットカードVisa)
琉球銀行(りゅうぎんVisaデビットカード)
北國銀行(北國Visaデビットカード)

JCBデビットカード
イオン銀行(イオン銀行CASH+DEBIT)
楽天銀行(楽天銀行デビットカードJCB)
 大垣共立銀行(OKBデビット(JCB)
 千葉銀行(ちばぎんスーパーカード<デビット>)
北洋銀行(北洋-JCBデビット)
東邦銀行(東邦Alwaysデビットカード<JCB>)
セブン銀行 デビット付きキャッシュカード
福岡銀行Debit+
愛媛銀行 ひめぎんJCBデビット
山口銀行 ワイエムデビットJCBカード
もみじ銀行 ワイエムデビットJCBカード
北九州銀行 ワイエムデビットJCBカード

メガバンクの安心感

最初に見ていくのは、メガバンクが発行しているVisaデビットカードです。

全国に支店やATMがあるので、国内での利便性も高いですし、安心感も高いデビットカードと言えますね。

既に口座を持っている銀行でデビットカードを作れば、手続きも簡単で、早めにカードを受け取ることもできます。

どちらのカードも15歳以上で作成できるので、お子さんの海外留学用にも使えます。

三菱東京UFJ銀行(三菱東京UFJ-VISAデビット)

三菱東京UFJ-VISAデビットは、国内・海外・ネットショップでも、世界中のvisa加盟店で使え、利用代金は口座から即時引落としとなる、現金のようなカードです。

三菱東京UFJ-VISAデビット
年会費初年度年会費無料(通常年会費1,080円(税込)
15歳(中学生を除く)~23歳までの間は年会費無料、24歳以上も年間10万円以上利用すると翌年も無料
海外ATM手数料108円/回(消費税込)
海外事務手数料取引金額の3.0%
キャッシュバック0.2%
不正利用届け出から60日前まで
未成年15歳以上(中学生を除く)

りそなVisaデビット

りそなVisaデビット
年会費540円(初年度無料、25歳以下は翌年度以降も無料)
海外ATM手数料2.5%
 1万円を引き出した時⇒約250円
 5万円を引き出した時⇒約1,250円
ポイント還元率0.5%
無料コンビニATMなし
未成年15歳以上

りそなVisaデビットカード│りそな銀行

SMBC Visaデビット(三井住友銀行)

SMBC Visaデビット
年会費無料
海外ショッピング手数料3.0%
海外ATM手数料3.0%+108円
 1万円を引き出した時⇒約408円
 5万円を引き出した時⇒約1,608円
キャッシュバック0.25%
盗難補償届け出から60日前まで
無料コンビニATMなし
未成年15歳以上

SMBCデビット特設サイト

節約派に!年会費・海外ATM手数料で選ぶ

海外両替と言えば、気になるのはやはり両替手数料です。

次に、両替手数料とカード維持年会費が安いカードを3種類、ご紹介します。

イオン銀行(イオンデビットカードVisa)

「イオンデビットカードVisa」は外貨両替手数料が一番安く、5万円相当の外貨を引き出した場合の手数料は実質2%にまで下がります。

国内で無料で使えるATMがイオン銀行ATMのみなのが残念ですが、マックスバリュやイオン、ミニストップなどが最寄りにあれば使い勝手は十分でしょう。

イオンデビットカードVisa
年会費無料
海外ショッピング手数料1.6%
海外ATM手数料1.6%+216円
 1万円を引き出した時⇒約376円
 5万円を引き出した時⇒約1,016円
盗難補償届け出から61日前まで
ショッピング・プロテクション最大50万円
バックアップサービス最大10万円
ポイント還元率0.5%~1%
無料コンビニATMイオン銀行
未成年18歳以上(高校生不可)

イオンVisaデビットカードを作る際、イオンカードセレクトを発行(同時にイオン銀行に口座開設できます)→イオンVisaデビットカードを発行という手順を踏むと、最大で6,000円分のポイントがもらえるので、ちょっと手間と時間がかかっても良い、という方はこのルートでの申し込みがオトクです。

住信SBIネット銀行デビット付キャッシュカード

住信SBIネット銀行のVisaデビットカードは米ドル引き出し時の手数料が1.5%(米ドルの外貨預金に残高がある場合)と最安になるのが特長です。

また、15歳から作れること、1万円引き出し時の手数料はイオン銀行よりも安いことから、留学するお子さんの仕送り用としても便利ですね。

セブン銀行などのコンビニATMが無料で使えるので、普段使いにも非常に利便性の高いカードです。

住信SBIネット銀行デビット
年会費無料
海外ショッピング手数料2.5%(米ドルでは0.0%)
海外ATM手数料2.5%(米ドルでは1.5%)
 1万円を引き出した時⇒約250円
 5万円を引き出した時⇒約1,250円
盗難補償届け出から30日前まで
ポイント還元率0.6%
無料コンビニATMイオン銀、セブン銀、イーネット、ローソンATM
※ランクにより無料回数に制限
未成年15歳以上

SBI証券経由で住信SBIネット銀行の口座を開設すると振込手数料やATM手数料が優遇され、非常にオトクに使うことができます。ちょっと一手間かけてポイントサイトのハピタスを経由すればさらにオトクです!
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

ソニー銀行(Sony Bank WALLET)

ソニー銀行のSony Bank WALLETは、5万円相当の外貨を引き出した時の実質手数料は2.2%になります。

また、米ドル、ユーロ、英ポンド、豪ドル、NZドル、カナダドル、スイスフラン、香港ドル、南アランド、スウェーデンクローナでは、ソニー銀行の外貨預金に該当する通貨を預けておけば、手数料1.76%で外貨を引き出すことができます。

Sony Bank WALLET
年会費無料
海外ショッピング手数料1.76%
海外ATM手数料1.76%+216円
米ドル・ユーロ・英ポンド・香港ドル等では1.76%
 1万円を引き出した時⇒約390円
 5万円を引き出した時⇒約1,100円
盗難補償届け出から30日前まで
ポイント還元率0.5%~2.0%
無料コンビニATMセブン銀、イオン銀、Enet、ローソンATM
未成年18歳以上(高校生不可)

Sony Bank WALLET(Visaデビットカード)|MONEYKit - ソニー銀行

【番外】セディナカード

海外ATMの手数料をとことん節約するなら、クレジットカードの「海外キャッシング」も検討できます。

海外キャッシングの手数料は1日あたり0.05%と意外と安く、「繰り上げ返済」を利用すれば手数料をほぼゼロ%にすることも可能です。

C-STUDYのオススメ海外キャッシング用カードは「セディナカードJiyu!da!」。

管理人がこのカードを使って3日後に繰り上げ返済した時の手数料は、なんとたったの0.15%でした。

マイラー向け!JAL・ANAマイルが貯まるデビットカード

ANAマイレージクラブ Financial Pass Visaデビットカード

ANAマイレージクラブ Financial Pass Visaデビットカードは、スルガ銀行ANA支店のVisaデビットカードです。

ANAマイルを貯めている人はスルガ銀行ANA支店での口座を開設すると、さまざまな取引で自動的にANAのマイルが貯まっていくのでとてもオトクですよ。

スルガ銀行ANA支店

りそなVisaデビット<JMB>

りそなVisaデビットには、JALマイルが貯まる「りそなVisaデビット<JMB>」というバージョンがあります。

カードの機能は「りそなVisaデビット」と共通ですが、ショッピング200円毎にJALマイルが1マイル貯まるので、JALマイルを貯めている方ならお得に使えるデビットカードと言えるでしょう。

また、「りそなVisaデビット<JMB>」の特典として、ショッピング保険がついています。

ただ、その代わり年会費が<オリジナル>より高い1080円となっているので、コストに見合うかどうか検討が必要でしょう。

JALマイレージバンク - りそなVisaデビット一体型ICキャッシュカード<JALマイレージバンク>

ショッピングには使いたくない方向け。ATMだけで使える国際キャッシュカード

新生銀行インターナショナルキャッシュカード

Visaデビットカードの特長は、海外のATMでもショッピングでも使えることですが、「買い物には使いたくない」という方もいるかもしれません。

そういう方にオススメなのは新生銀行の国際キャッシュカードです。

手数料が4%と若干高めですが、国内の多くのATMでも使え、発行に年齢制限もないので、1枚持っておいても良さそうです。

新生銀行キャッシュカード
年会費無料
海外ATM手数料4%
 1万円を引き出した時⇒約400円
 5万円を引き出した時⇒約2,000円
盗難補償届け出から50日前まで
無料コンビニATMセブン銀行
E-net
ローソンATM
未成年年齢制限なし
その他ATM専用カード

新生銀行

SMBC信託銀行《PRESTIA》バンキングカード

月額2,160円の口座維持手数料がかかるので、あまり一般向けとは言えませんが、三井住友グループのSMBC信託銀行(旧シティバンク)にも国際キャッシュカードがあります。

SMBC信託銀行《PRESTIA》バンキングカード
年会費25,920円(口座維持手数料)
海外ATM手数料3%+216円
 1万円を引き出した時⇒約516円
 5万円を引き出した時⇒約1,716円
盗難補償届け出から30日前まで
無料コンビニATMなし
未成年年齢制限なし
その他ATM専用カード

SMBC信託銀行|PRESTIA

公共料金支払いOKのデビットカード

スルガ銀行(スルガVisaデビットカード)

Visaデビットカードはシステム上の問題で、携帯電話など多くの公共料金の支払いに使うことができないのですが、スルガVisaデビットカードは他のデビットカードに比べて支払いできる公共料金の種類が多いのが特長です。

スルガVisaデビットカード
年会費無料
海外ATM手数料3%+216円
 1万円を引き出した時⇒約516円
 5万円を引き出した時⇒約1,716円
盗難補償届け出から30日前まで
キャッシュバック0.2%
無料コンビニATMセブン銀行
E-net
イオン銀行
未成年15歳以上
その他家族カード発行可
公共料金支払い可

スルガ銀行

Tポイントが貯まるVisaデビットカード

ジャパンネット銀行(ファミデビ)

ジャパンネット銀行の「ファミデビ(ジャパンネット銀行VISAデビットカード(ファミマTカード付き))」は、デビットカードの利用でTポイントが貯まります。

条件が揃えば、ポイント還元率が最大で2.5%になることも。

ファミリーマートなどTポイント加盟店を利用することの多い方にはオトクなデビットカードですね。

ジャパンネット銀行(ファミデビ)
年会費無料
海外ATM手数料3.02%
 1万円を引き出した時⇒約302円
 5万円を引き出した時⇒約1,510円
盗難補償届け出から30日前まで
ポイント還元率0.2%~2.5%
無料コンビニATMセブン銀
E-net
ローソンATM
未成年15歳以上

JNB Visaデビット

その他のVisaデビットカード

ジャパンネット銀行(JNB Visaデビット)

JNB Visaデビット
年会費無料
海外ATM手数料3.02%
 1万円を引き出した時⇒約302円
 5万円を引き出した時⇒約1,510円
盗難補償届け出から30日前まで
ポイント還元率0.2%
無料コンビニATMセブン銀
E-net
ローソンATM
未成年15歳以上

JNB Visaデビット

あおぞら銀行(あおぞらキャッシュカード・プラス(Visaデビット機能付き))

あおぞらキャッシュカード・プラス
年会費無料
海外ATM手数料2.57%+216円
 1万円を引き出した時⇒約470円
 5万円を引き出した時⇒約1,500円
盗難補償届け出から30日前まで
キャッシュバック0.25%~0.75%
無料コンビニATMなし
未成年15歳以上

あおぞらキャッシュカード・プラス(Visaデビット機能付き)

楽天銀行(楽天銀行デビットカードVisa)

楽天銀行デビット(Visa)
年会費1,029円
海外利用手数料3.024%
 1万円を引き出した時⇒約302円
 5万円を引き出した時⇒約1,510円
盗難補償届け出から30日前まで
ポイント還元率0.2%
無料コンビニATMセブン銀行
E-net
ローソンATM
イオン銀行
未成年16歳以上

楽天銀行

琉球銀行(りゅうぎんVisaデビットカード)

りゅうぎんVisaデビット
年会費条件付き無料
海外利用手数料3%+216円
 1万円を引き出した時⇒約520円
 5万円を引き出した時⇒約1,720円
盗難補償届け出から60日前まで
無料コンビニATMなし
未成年15歳以上

りゅうぎんVisaデビットカード

北國銀行(北國Visaデビットカード)

北國Visaデビットカード(Visa, JCB)
年会費無料
海外利用手数料3%
盗難補償届け出から60日前まで
無料コンビニATME-net
セブン銀行
イオン銀行
ローソンATM
未成年15歳以上
その他「一体型Visaデビットカード」のみ海外ATM使用可

北國Visaデビットカード

JCBデビットカード

最近とくに、カード券面にJCBブランドが付いているJCBデビットカードが多数発行されています。

JCBブランドは欧米では使いにくい印象がありますが、韓国・台湾・ハワイ・グアムなど日本人観光客の多いエリアでは十分実用的に使えるでしょう。

ご自分のメインバンクがJCBデビットカードを発行していれば、手間のかからないこちらを選ぶのも良さそうです。

イオン銀行(イオン銀行CASH+DEBIT)

イオン銀行CASH+DEBIT
年会費無料
海外ショッピング手数料1.6%
海外ATM手数料1.6%+216円
 1万円を引き出した時⇒約376円
 5万円を引き出した時⇒約1,021円
盗難補償届け出から61日前まで
ポイント還元率0.5%~1.0%
無料コンビニATMイオン銀行
未成年15歳以上(中学生不可)

イオン銀行キャッシュ+デビット|暮らしのマネーサイト

楽天銀行(楽天銀行デビットカードJCB)

楽天銀行デビット(JCB)
年会費無料
海外ATM手数料3.024%
 1万円を引き出した時⇒約302円
 5万円を引き出した時⇒約1,510円
盗難補償届け出から30日前まで
ポイント還元率1.0%
無料コンビニATMセブン銀行
E-net
ローソンATM
イオン銀行
未成年16歳以上

楽天銀行

 大垣共立銀行(OKBデビット(JCB))

OKBデビット(Visa, JCB)
年会費1080円
海外ATM手数料3%
 1万円を引き出した時⇒約320円
 5万円を引き出した時⇒約1,500円
盗難補償届け出から60日前まで
無料コンビニATMイオン銀行
未成年15歳以上

OKBデビット(JCB)

 千葉銀行(ちばぎんスーパーカード<デビット>)

OKBデビット(Visa, JCB)
年会費1350円
海外ATM手数料4.6%+108%
 1万円を引き出した時⇒約570円
 5万円を引き出した時⇒約2,410円
盗難補償届け出から60日前まで
無料コンビニATME-net
セブン銀行
ローソンATM
未成年15歳以上

ちばぎんスーパーカード<デビット>

北洋銀行(北洋-JCBデビット)

OKBデビット(Visa, JCB)
年会費540円
海外ATM手数料4.6%+108円
 1万円を引き出した時⇒約570円
 5万円を引き出した時⇒約2,410円
盗難補償届け出から60日前まで
無料コンビニATMなし
未成年15歳以上

北洋-JCBデビット

東邦銀行(東邦Alwaysデビットカード<JCB>)

東邦Alwaysデビット
年会費1250円
海外ATM手数料4.6%+108円
 1万円を引き出した時⇒約570円
 5万円を引き出した時⇒約2,410円
盗難補償届け出から60日前まで
無料コンビニATMなし
未成年15歳以上

東邦Alwaysデビットカード<JCB>

セブン銀行 デビット付きキャッシュカード

セブン銀行 デビット付きキャッシュカード
年会費無料
海外ATM手数料3.0%+108円
 1万円を引き出した時⇒約408円
 5万円を引き出した時⇒約1,608円
ポイント0.5%分nanacoポイント
盗難補償届け出から60日前まで
無料コンビニATMセブン銀
未成年16歳以上

デビット付きキャッシュカード | セブン銀行

福岡銀行Debit+

福岡銀行Debit+
年会費1,350円(初年度無料、2年目以降も条件付き無料)
海外ATM手数料4.6%+108円
 1万円を引き出した時⇒約570円
 5万円を引き出した時⇒約2,410円
キャッシュバック・ポイント400円ごと1円/200円ごと1ポイント
盗難補償届け出から60日前まで
無料コンビニATMイオン銀(他のコンビニATMも月3回まで無料)
未成年15歳以上

Debit+(デビットプラス) | 商品・サービス一覧 | 福岡銀行

愛媛銀行 ひめぎんJCBデビット

愛媛銀行 ひめぎんJCBデビット
年会費1,250円(初年度無料、2年目以降も条件付き無料)
海外ATM手数料4.6%+108円
 1万円を引き出した時⇒約570円
 5万円を引き出した時⇒約2,410円
ポイント1,000円ごと1ポイント
盗難補償届け出から60日前まで
無料コンビニATMイオン銀(他のコンビニATMも月3回まで無料)
未成年15歳以上
海外旅行保険利用付帯

ひめぎんJCBデビット|愛媛銀行

山口銀行 ワイエムデビットJCBカード

山口銀行 ワイエムデビットJCBカード 
年会費1,250円(初年度無料、2年目以降も条件付き無料)
海外ATM手数料不明
ポイント1,000円ごと1ポイント
未成年15歳以上

山口銀行:個人のお客様>便利につかう>ワイエムデビットJCBカード

もみじ銀行 ワイエムデビットJCBカード

もみじ銀行 ワイエムデビットJCBカード 
年会費1,250円(初年度無料、2年目以降も条件付き無料)
海外ATM手数料不明
ポイント1,000円ごと1ポイント
未成年15歳以上

もみじ銀行:個人のお客様>便利につかう>ワイエムデビットJCBカード

北九州銀行 ワイエムデビットJCBカード

北九州銀行 ワイエムデビットJCBカード 
年会費1,250円(初年度無料、2年目以降も条件付き無料)
海外ATM手数料不明
ポイント1,000円ごと1ポイント
未成年15歳以上

北九州銀行:個人のお客様>便利につかう>ワイエムデビットJCBカード

銀聯デビットカード

中国出張者の間などでは中国のカードブランド「銀聯(UnionPay)」のデビットカードがあることが知られています。

更新履歴

1月18日 2016年版に更新しました。
1月29日 住信SBIネット銀行デビット付きキャッシュカード(住信SBIデビット)を追加しました
2月16日 ANAマイレージクラブ Financial Pass Visaデビットカード、りそなVisaデビット<JMB>を追加しました。
3月30日 SMBC信託銀行《PRESTIA》バンキングカードを追加しました。
5月23日 東邦Alwaysデビットカード<JCB>を追加しました。
7月28日 イオン銀行CASH+DEBITを追加しました。
9月30日 北國銀行Visaデビット「一体型」について追記しました。
10月25日 SMBC Visaデビット、福岡銀行Debit+、セブン銀行、ひめぎんJCBデビット、山口銀行・もみじ銀行・北九州銀行 ワイエムデビットJCBカードを追加しました。
11月6日 あおぞら銀行(あおぞらキャッシュカード・プラス(Visaデビット機能付き))の5万円引き出し時の手数料を修正しました。計算間違いを見つけてくださったSEA_HARBORさん、ありがとうございますm(_ _)m
11月12日 ジャパンネット銀行「ファミデビ」を追加しました。

-Visaデビット, 両替・ATM, 中国出張

この記事を書いた人

C-STUDY管理人。フリーランスのプログラマー+中国語通訳翻訳+ブロガーをやってます。中国語は独学でHSK8級+中検準1級。中国・中華圏を中心に東アジア~東南アジアが活動範囲です。もっと詳しく

共有する

これは役に立つ!面白い!と思ったら共有してくださるとうれしいです。シェアしていただけると、がぜんやる気がでます^^

C-STUDYの定期読者になりませんか?

ブログの更新情報をメールでお届けします。購読は無料、解除も簡単です。 読者数:245人

関連記事

1-2016-05-21 20.29.26
住信SBIネット銀行Visaデビットカードを中国のATMで使ってみた

今年の1月からスタートした、住信SBIネット銀行のVisaデビット機能つきキャッ ...

corp_news_20160107_2_g01
住信SBIネット銀行Visaデビットカードは米ドル決済が安い!

最近さまざまな銀行から相次いで発行されているVisaデビットカードに新しく住信S ...

no image
VISAデビットが北國銀行でも受付開始!海外でも使えるキャッシュカード

石川県を拠点とする北陸地方の地銀「北國銀行(ほっこくぎんこう)」がこの春からVi ...

イオン銀行Visaデビットカード
【発行されました】イオン《JCB》デビットカードの発行が今夏に延期

日本や海外で、ATMでもショッピングでも使えるとして人気が高まっているデビットカ ...

2015-12-06 13.54.50
海外ATM手数料が一番安い!イオン銀行カードを申し込んでみた

この円安のご時世、海外旅行・海外出張・海外生活・海外赴任の出費は少しでも節約した ...