台湾でスマホ 台湾旅行 のお勧め記事

桃園空港に到着後すぐSIMカードを購入!初心者にオススメは"大哥大"

2016/09/20

最近は日本でもSIMフリーのスマートフォンやルーター・タブレットなどを持っている人も増えてきています。

台湾旅行で現地SIMを使いたいという方も多いようです。

先日の台湾旅行では、桃園国際空港に到着したらすぐに、SIMカードを買ってみました。

その様子をレポートしたいと思います。

台湾桃園(台北)国際空港に到着

私たちは、中部国際空港セントレアから、ジェットスター・ジャパンGK91便を利用して桃園国際空港に到着しました。

gk91-13

到着したのは台湾時間で9:50頃です。

台湾台北桃園国際空港

それにしても台湾はいつ来てもキレイで外国に来た気がしませんね^^

街にあふれる漢字と大量のバイクがここは日本ではない、と教えてくれますが、それを除けば本当に日本そっくりだなと感じます。

桃園空港T1では入国審査前にSIMカードが買える

さて、無事に飛行機を降りた私たち、通常ならまずは入国審査という流れですが、実は桃園国際空港(T1)では入国審査前にSIMカードを購入できるんです。

参考記事:台北 桃園空港 第一ターミナルで入国審査前に各キャリアのプリペイドSIMカード購入が可能に! | shimajiro@mobiler

私たちが利用したジェットスターは桃園空港の第1ターミナルに到着したので、入国前にSIMカードを購入してしまうことにします。

tpe-apt-sim1

桃園空港第1ターミナルのSIM売り場は、飛行機を降りて入国審査へ向かうルートの途中、入国審査場の手前の目立つ所にあったので、まず見落とすことはなさそうです。

桃園空港T1制限エリアのSIMカウンター、営業時間は10時から

上の写真を見てお気づきの通り、この時間のSIMカウンターは驚くほど空いていたんです。

と思ったのですが、まだ営業時間前だっただけでした(^^;

tpe-apt-sim2

台北桃園空港の制限エリア(入国審査前)のSIM売り場の営業時間は各社とも10時からのようです。

でもちょうどいい時間に到着したので、数分待っただけですぐにカウンターが開いたのはラッキーでした。

今回は、事前に調べた情報に基づいて台湾大哥大(台湾モバイル)と中華電信のSIMを買って、通信速度を比べてみようと思っています。

ちなみに、桃園空港で販売しているのは原則としてどの会社もすべてプリペイド型(使い切り)のSIMカードです。

勝手に料金が加算されるようなこともありませんし、返却も不要なので、安心して購入できます。

台湾大哥大のSIMを買う

まずは台湾大哥大のカウンターに並んで手続きを開始します。

パスポートを見せ、日数を伝えます。

このカウンターでは、カウンターの上にプランの詳細を書いた資料が置いてあったので中国語ができなくても指さしでSIMを買えるのはいいですね。

3日、5日、7日、10日のそれぞれに通話料の異なる2つのプランがありましたが、短期滞在では通話を使う機会は少ないと思うので、安い方で大丈夫だと思いますよ。

日数通話料価格
3日100元300元(約990円)
300元500元(約1650円)
5日50元300元(約990円)
350元700元(約2320円)
7日150元500元(約1650円)
400元800元(約2650円)
10日100元500元(約1650円)
400元1000元(約3310円)
(3G)30日100元700元(約2320円)
450元1000元(約3310円)

長期滞在の場合は速度が遅く(エリアもやや狭く)なりますが、3G専用プランもあります。

実際に売り場の方も、日数を聞いただけで勝手に通話料の安いプランにしてくれましたので、通話料が多いプランを買う人はほとんどいないのかもしれません(^^:

私が購入した3日のプランは300台湾ドル(約990円)で高速4G LTEが使い放題(容量制限なし)とかなりお得です。

支払いは現金かクレジットカードで、現金払いの場合は先にATMなどで台湾ドルの現金を用意しておく必要があります。

tpe-apt-sim7

SIM購入時にカウンターの方が、「どのスマートフォンで使いますか?」と尋ねてくれるので、持ってきたスマートフォンを渡すとSIMの入れ替えと初期設定をしてくれて、「実際に通信できるか確認してください」と言われました。

スマートフォンに元から入っていたSIMは、購入したSIMのパッケージにセロハンテープで貼り付けておいてくれます。

tpe-apt-sim9

日本のSIMカードを無くしてしまうとかなり悲しいので、これは本当に親切なサービスだと思いました。

さて、続いて中華電信のSIMを買うことにしましょう。

中華電信のSIMを買いたいのですが…

ということで、中華電信のカウンターに並び直したのですが、こちらまだカウンターに人がいません。

というか料金表のパネルに照明もついておらず、まだ営業していない様子。

カウンターの向こうにお姉さんはいるのですが、黙々と何かをしています。

私の前に並んでいた方に「まだ開かないんですかね」と聞いてみますが、「分かんないんだよね~」とその方もちょっと困った様子。

数分してパネルに明かりがつき、カウンターもオープンしました。

tpe-apt-sim6

前の方の手続きが終わり、私の番になりました。

台湾大哥大の時と同じように、パスポートを提示して、日数を伝え、代金を現金で支払います。

日数通話料価格
3日100元300元(約990円)
5日50元300元(約990円)
300元500元(約1650円)
7日150元500元(約1650円)
10日100元500元(約1650円)
15日100元700元(約2320円)
250元800元(約2650円)
30日430元1000元(約3310円)

中華電信は、15日や30日などの長期プランが充実しているようです。

で、台湾旅行に使おうとこの前購入したPriori3を差し出そうとすると・・・

SIMのパッケージを渡されて、「APNは○○だから」と口頭で(もちろん中国語)伝えられます。

中華電信では基本セルフサービスのようです(><)

まとめ:台湾SIM初心者なら台湾大哥大に並ぼう

桃園空港のプリペイドSIMカードは料金がほぼ横並びです。

それで、どの通信会社を選ぶかを決める基準の1つにサービスを挙げてもいいと思います。

特に、初めてのSIMフリー、初めての海外SIM、初めての台湾など、もし勝手が分からない状況でしたらオススメは台湾大哥大です。

台湾大哥大と中華電信は「バンド」と呼ばれる周波数が違うので、Androidなどでは機種によって相性問題が発生することがあります。
ただし、iPhoneは台湾大哥大と中華電信のどちらのバンドにも対応しているので、どちらを選んでもほぼ違いはありません。

SIMの入れ替え、APNの設定などのサービスから、通信の確認、日本のSIMを無くさないようにという配慮まで、台湾大哥大のカウンターのサービスは日本式に近く、初心者でも安心して利用できると感じました。

中華電信のサービスが悪い、という訳ではないのですが、どうせ同じ値段なら親切なお店で買いたいもの。

tpe-apt-sim4

それを知っている人が多いからでしょうか、オープン後すぐに台湾大哥大のカウンターには行列ができていましたよ。

ところで、海外旅行保険の準備はお済みですか?
C-STUDYイチオシのEPOSカード年会費完全無料なのに、
 海外旅行保険自動付帯
 治療保障最高270万円
 キャッシュレス診療対応
といいことづくめ。
海外旅行に行くなら持っておいて絶対損はしませんよ。
【今なら8000pt還元中】エポスカードに入会するなら今がチャンス! 

-台湾でスマホ, 台湾旅行

この記事を書いた人

C-STUDY管理人。フリーランスのプログラマー+中国語通訳翻訳+ブロガーをやってます。中国語は独学でHSK8級+中検準1級。中国・中華圏を中心に東アジア~東南アジアが活動範囲です。もっと詳しく

共有する

これは役に立つ!面白い!と思ったら共有してくださるとうれしいです。シェアしていただけると、がぜんやる気がでます^^

C-STUDYの定期読者になりませんか?

ブログの更新情報をメールでお届けします。購読は無料、解除も簡単です。 読者数:244人

関連記事