中国でスマホ 中国出張 香港SIM のお勧め記事

中国移動(チャイナモバイル)で使えるSIMフリースマホを探してみた

2016/09/20

中国旅行や中国出張では、LINE, Twitter,Facebook, Gmail, Dropboxなどが使えないのが頭痛のタネですが、短期の中国旅行や中国出張なら「香港SIMでローミング」すればこの制限を簡単・確実に回避することができます。そこで、4G LTE接続が可能な中国移動香港SIMが使えるSIMフリースマートフォンについて調べてみました。

更新履歴

  • 2016/1/25 Nexus6Pを追加しました。
  • 2016/1/26 中国移動のTD-LTEバンドを訂正(Band38→Band41)しました
  • 2016/2/13 honor6 plusのTD-LTE Band41対応状況について追記しました。

中国旅行や中国出張で中国のネット規制を回避したい

中国旅行や中国出張では、SNSやストレージなどのサービスが自由に使えないことが意外とストレスになるものです。

長期滞在であればVPNという方法で回避することもできるのですが、最近ではこのVPNに対する規制も強化されていて、接続が不安定になることもしばしば。

短期の旅行や出張ではやはり確実につながる方がストレスも少なく、旅行期間(出張期間)を快適に過ごすことができます。

ということで、短期(1週間~10日間)の中国旅行や中国出張に行かれる方に私がオススメしているのは「香港SIMでローミング」です。

香港SIMでローミング

現在、この規制を回避できるSIMカードを発売しているのは、中国移動香港中国聯通香港の2社です。

どちらも社名の後ろに「香港」が付いているのがミソで、香港の企業ということになっているので、このSIMカードを中国に持ち込むと「国際ローミング」になるんです。

そして、中国のルールでは(今のところ)、国際ローミングではネット規制がかからないことになっています。

もともとは香港の携帯電話ショップで購入するものですが、日本のamazonで発売している業者から入手することができます。

どちらのSIMカードも、3000円前後と比較的入手しやすい値段です。

中国移動(チャイナ・モバイル)と中国聯通(チャイナ・ユニコム)

さて、今度はどっちのSIMカードを買うのが良いか、という問題になるのですが、ここで問題になるのが、中国移動と中国聯通の周波数問題。

国際ローミングでは中国移動香港のSIMなら中国移動の電波、中国聯通香港のSIMは中国聯通の電波を使いますから、それぞれの周波数に対応したスマートフォンを用意する必要があります。

一番お手軽なのは中国聯通香港のSIM

まず、とにかく簡単に規制を回避したい、という場合は中国聯通香港(チャイナ・ユニコム)のSIMを買っておけば大丈夫です。

香港・中国7日間/1GB/Data通信専用・プリペイドSIM(Micro SIM)テザリングOK [China Unicom HK]
中国聯通香港/中国31省及び香港・7日間/1GB/Data通信専用・プリペイドSIM(Micro SIM)テザリングOK [China Unicom HK]中国聯通香港

Amazon

by G-Tools

というのも、中国聯通の使っている周波数(バンド)は、国際的に広く使われているUMTS Band1(2100MHz)とFDD-LTE Band3(1800MHz)となっていて、ほとんど全てのスマートフォンがこの周波数に対応しています。

ただ、今のところ中国聯通香港が発売しているSIMカードは3G専用で、速度が数Mbpsとそれほど高速でないのが難点です。

速度が遅いと言っても、WEBサイトを開いたり動画を見たりするにはさほど支障のない速度ですので、短期ならこちらでもほとんど問題はないと思います。

速度を求めるなら中国移動香港のSIMだが…

一方、中国でもLTE(4G)に接続したい。しかもネットの規制は回避したいとなると、中国移動香港のSIMが候補になります。

【中国移動香港】4G/3G 中国・香港10日間1.5GBデータプリペイドSIM [並行輸入品]
【中国移動香港】4G/3G 中国・香港10日間1.5GBデータプリペイドSIM [並行輸入品]中国移動香港

Amazon

by G-Tools

そこで困るのが、中国移動(チャイナ・モバイル)の使っている周波数。

中国移動は中国で最大のキャリア(携帯通信会社)なんですが、そのせいなのか(多分そうでしょう)使っている周波数が世界でも独特のものなんです。

それで、中国の外で販売されているほとんどのスマートフォンは中国移動の周波数に対応していないため、(SIMフリーであっても)この中国移動香港のSIMを使うことができません。

最近になって、中国移動方式の4G(TD-LTE)に対応したスマートフォンが少しずつ出てきて、状況が良くなりつつありますが、中国移動3G(TD-SCDMA)に対応しているスマートフォンはかなり限られています。

都市部の決まった場所でしか使わない(出張先で4Gが繋がることが確実な場合など)なら4Gのみ対応のスマートフォンでも良いかも知れませんが、移動の多い出張や旅行だと、3Gにも対応しているスマートフォンを用意したいところです。

中国移動の周波数を確認する

ということで、まずは中国移動(チャイナ・モバイル)の周波数を確認しておきます。

P1030149

中国移動の周波数

2G

GSM:900MHz, 1800MHz

3G

TD-SCDMA:Band34(2000MHz)

4G

TD-LTE:Band39(1900MHz), Band40(2300MHz), Band41(2600MHz)

注記:当初、中国移動のTD-LTE周波数をBand38と記載していましたが、Band41の誤りでした。中国移動に割り当てられているのは2575MHz-2635MHzで、これはBand41(2496MHz-2690MHz)に当たります。Band41はBand38(2570MHz-2620MHz)を内包したバンドです。

この周波数に対応しているスマホなら、中国旅行・中国出張中も規制を受けずに4G(LTE)が使えるという訳です。

日本で通常の方法で入手できるスマートフォンの中から、上の周波数に対応している機種を探してみました。

やっぱり、4Gも3Gもとなるとなかなか機種が限られてきますが、なんとか4機種を見つけたのでご紹介したいと思います。

iPhone6s / iPhone6s Plus

photo by Sam Lin

photo by Sam Lin

価格:86,800円(16GB)~(アップルオンラインストア

まずは、以前にも記事にした(関連記事:iPhone6sは中国で使える?)iPhone6s / iPhone6s Plus。

値段はダントツに高いですが、他の機種を寄せ付けない対応周波数の多さで、中国移動にも完全対応しています。

iPhone6s / iPhone6s Plusの対応周波数

※赤字は中国移動に対応した周波数

2G :

GSM:850MHz, 900MHz, 1800MHz, 1900MHz

3G :

W-CDMA:850MHz(Band5), 900MHz(Band8), 1900MHz(Band2), 2100MHz(Band1)
CDMA2000:800MHz, 1700/2100MHz, 1900MHz, 2100MHz
TD-SCDMA:1900MHz(Band39), 2000MHz(Band34)

4G :

FDD-LTE:700MHz(Band12), 700MHz(Band13), 700MHz(Band17), 700MHz(Band28), 700MHz(Band29), 800MHz(Band18), 800MHz(Band19), 800MHz(Band20), 800MHz(Band27), 850MHz(Band5), 850MHz(Band26), 900MHz(Band8), 1700-2100MHz(Band4), 1800MHz(Band3), 1900MHz(Band2), 1900MHz(Band25), 2100MHz(Band1), 2600MHz(Band7)
TD-LTE:
1900MHz(Band39), 2300MHz(Band40), 2600MHz(Band38), 2600MHz(41)

Nexus6P

nexus6p_

価格:実売で約60,926円~(エクスパンシス

次に、Google純正のNexus6P。Android派の人はこちらが第1候補になりますね。

NexusシリーズはこのNexus6Pだけが中国移動の周波数に全て対応しています。

周波数

※赤字は中国移動に対応した周波数

2G :

EDGE/GSM:850MHz, 900MHz, 1800MHz, 1900MHz

3G :

W-CDMA:800MHz(Band6), 800MHz(Band19), 850MHz(Band5), 900MHz(Band8), 1700MHz(Band4), 1700MHz(Band9), 1900MHz(Band2), 2100MHz(Band1)
CDMA2000: 800MHz, 1900MHz
TD-SCDMA:1900MHz(Band39), 2000MHz(Band34)

4G :

FDD-LTE:2100MHz(Band1), 1900MHz(Band2), 1800MHz(Band3), 1700/2100MHz(Band4), 850MHz(Band5), 2600MHz(Band7), 900MHz(Band8), 1700MHz(Band9), 700MHz(Band17), 800MHz(Band19), 800MHz(Band20), 700MHz(Band28)
TD-LTE:2600MHz(Band38), 1900MHz(Band39), 2300MHz(Band40), 2600MHz(Band41)

Zenfone 2 Laser 6インチ(ZE601KL) TW/JPモデル

kv-product

価格:実売で約45,000円~(Amazon

Nexus6Pの次は、日本でもPCメーカーとしてよく知られているASUSのZenfoneシリーズからZenfone2 Laserの6インチモデル。

iPhone6sの約半額で買えるので、Androidで良ければこのモデルは十分選択肢になり得ると思います。

こちらも中国移動の周波数に全て対応しています。

Zenfone2 Laserについて、注意点が2つあります。

まず、Zenfone2 Laser(5インチモデル)は中国移動の周波数に対応していません

また、Zenfone2 Laser 6インチモデルでも、ヤフオクなどで3万円ぐらいで売られているモデルは中国移動の周波数に対応していない海外仕様なので、注意が必要です。

周波数

※赤字は中国移動に対応した周波数

2G :

EDGE/GSM:850MHz, 900MHz, 1800MHz, 1900MHz

3G :

W-CDMA:800MHz(Band6), 800MHz(Band19), 850MHz(Band5), 900MHz(Band8), 1900MHz(Band2), 2100MHz(Band1)
TD-SCDMA:1900MHz(Band39), 2000MHz(Band34)

4G :

FDD-LTE:2100MHz(Band1), 1900MHz(Band2), 1800MHz(Band3), 850MHz(Band5), 800MHz(Band6), 900MHz(Band8), 1700MHz(Band9), 800MHz(Band19), 700MHz(Band28)
TD-LTE:2600MHz(Band38), 1900MHz(Band39), 2300MHz(Band40), 2600MHz(Band41)

honor6 plus

hw_429940

価格:楽天モバイルで45,800円(楽天モバイルで29,800円のセール中

次は楽天モバイルで販売しているファーウェイの「honor6 plus」という機種。

あんまり聞き馴染みがないかもしれませんが、上のNexus6Pの製造を担当しているのはファーウェイです。

また、ドコモ・au・ソフトバンク各社に端末を供給している会社なので、品質は心配ないはず。

現在、楽天モバイルでは台数限定で29,800円で販売していますので、この価格なら3機種の中でも最安で購入できる機種です。

対応周波数は上記2機種に比べるとかなり見劣りしますが(だから安売りしてるのかも?)、中国移動の周波数にはほぼ全対応しています。

2万円台で中国移動が使えるスマホが買えるならお得かなと思います。

周波数

こちらの記事(6月発売予定のhonor6 Plus、仕様変更でBand41非対応に)によれば、honor6 plusは日本のBand41には非対応なものの、中国のBand41には対応しているようです。

※赤字は中国移動に対応した周波数

2G :

GSM: 900MHz, 1800MHz, 1900MHz

3G :

UMTS: 2100MHz(Band1), 800MHz(Band6), 900MHz(Band8), 800MHz(Band19)
TD-SCDMA: 1900MHz(Band39), 2000MHz(Band34)

4G :

FDD-LTE: 2100MHz(Band1), 1800MHz(Band3), 2600MHz(Band7)
TDD-LTE: 2600MHz(Band38), 1900MHz(Band39), 2300MHz(Band40) ※中国のBand41には対応

まとめ:(日本で買える)中国移動に対応したSIMフリースマホはこの4台

そんな訳で、いちおう表にまとめてみましたが、上記の3機種はどれも中国移動の周波数に全て対応していることが分かりました。

これらの機種はもちろん、通常の方法で契約した(本土の)中国移動SIMでも使うことができますので、日本と中国両方で使えるスマホが欲しい、中国では中国移動を使いたい、という場合の選択肢にもなりますね。

さらに詳しく調べてみました

中国移動iPhone6s
iPhone6s Plus
Nexus6PZenfone2Laser
6インチTW/JP
(ZE601KL)
honor6 plus
価格86,800円60,926円約45,000円29,800円
(台数限定)
GSM900MHz
GSM1800MHz
TD-SCDMA Band34
(2000MHz)
TD-LTE Band39
(1900MHz)
TD-LTE Band40
(2300MHz)
TD-LTE Band41
(2600MHz)
△※

※Honor6 plusは中国移動のBand41にのみ対応

ところで、海外旅行保険の準備はお済みですか?
C-STUDYイチオシのEPOSカード年会費完全無料なのに、
 海外旅行保険自動付帯
 治療保障最高270万円
 キャッシュレス診療対応
といいことづくめ。
海外旅行に行くなら持っておいて絶対損はしませんよ。
【今なら8000pt還元中】エポスカードに入会するなら今がチャンス! 

-中国でスマホ, 中国出張, 香港SIM

この記事を書いた人

C-STUDY管理人。フリーランスのプログラマー+中国語通訳翻訳+ブロガーをやってます。中国語は独学でHSK8級+中検準1級。中国・中華圏を中心に東アジア~東南アジアが活動範囲です。もっと詳しく

共有する

これは役に立つ!面白い!と思ったら共有してくださるとうれしいです。シェアしていただけると、がぜんやる気がでます^^

C-STUDYの定期読者になりませんか?

ブログの更新情報をメールでお届けします。購読は無料、解除も簡単です。 読者数:246人

関連記事