日本の銀聯カード 銀聯カード のお勧め記事

[最大2000円]中国で使えるNEO MONEY銀聯プリペイドカードがボーナスチャージキャンペーンを実施

2016/10/11

日本人が作れる銀聯カードの中でも最も手続きが簡単な「NEO MONEY銀聯プリペイドカード」を発行しているクレディセゾンでは、3月末までカードを新規に申し込むと最大で2000円がボーナスチャージされるキャンペーンを実施しています。

銀聯カードとは?

銀聯カードとは、中国でもっとも広く使われているクレジット・デビットカードブランドです。

中国で発行されたほとんどのキャッシュカード・デビットカード・クレジットカードには必ずと言っていいほど「銀聯」マークがついています。

日本人が銀聯カードを作るメリットは?

中国のお店の中には「カード利用可」となっていても、実際は「銀聯のみ利用可」なお店がたくさんあります。

VISAやMaster、JCBなどの(中国から見て)海外ブランドは「外卡」と呼ばれ、中国でこれらの「外卡」が使えるのは大きなショッピングモールや外国人向け商店、空港のおみやげ店などに限られるので、VISA, Master, JCBカードを持って行っても使う場所が限られてしまいます。

それで、日本人が中国へ旅行や出張で出かける時、「銀聯カード」を持っていくと、キャッシュレスで買い物ができ、小銭や紙幣を扱う面倒が減る、という訳です。

日本人が作れる銀聯カードには何がある?

日本人にも(日本で)作れる銀聯カードには3種類あります。

1つ目はこの記事でも紹介している「銀聯プリペイドカード」、2つ目が「銀聯クレジットカード」、3つ目は中国銀行の東京支店で発行する「銀聯デビットカード」です。

一番手軽に、無料で作れるNEO MONEY銀聯カード

その中でも「銀聯プリペイドカード」は簡単な手続きで発行することができ、使い方も分かりやすいのでオススメの方法です。

2016年現在、銀聯プリペイドカードを扱っているのはクレディセゾンの「NEO MONEY銀聯プリペイドカード」1社のみとなっています。

このNEO MONEY銀聯カードは初期費用・年会費等の費用は一切かからないので、簡単かつお得に作れる銀聯カードとして管理人オススメの1枚です。

NEO MONEYがボーナスチャージキャンペーンを実施

その日本で唯一の銀聯プリペイドカードである「NEO MONEY銀聯プリペイドカード」を発行しているクレディセゾンでは、3月末までの期間限定で最大2000円が追加でボーナスチャージされるキャンペーンを実施しています。

moushikomi_bn01

現在、マイナンバー法の関係でNEO MONEY(との派生ブランドであるYUBISASHI CARD)では必ず書類による手続きが必要になって、申し込みがオンラインで完結しないため、カードの申し込みに若干の手間がかかるようになってしまっています。

おそらくその期間中のキャンペーンとして、わざわざ郵送までして作ってくれた人への感謝の気持ち、なのかもしれません。

NEO MONEYカードはプリペイドカードなので、あらかじめ自分で決めた額をカードにチャージして、使う度に残高が減っていくという仕組みになっていますが、今回新たにカードを作ると、そのチャージ残高にNEO MONEY側から追加してくれるということになります。

銀聯タイプなら「カード発行」だけで最大2000円!

中でもNEO MONEY銀聯カードは、期間中に入会するだけで1,500円のボーナスチャージということで、かなりの太っ腹なキャンペーンになっています。

NEO MONEY VISAカードは期間中に入会し、さらに1000円チャージすると500円のボーナスチャージ

しかも、わざわざセゾンカウンターに出向いて発行するとさらに500円のボーナスチャージという非常にお得な状態です。

現在のところ、上でも説明した通りマイナンバー法対応が遅れている関係で、セゾンカウンターにわざわざ出向いて発行手続きしてもカードは後日郵送というちょっと悲しい状況なので、かなり奮発している様子が伺えますね。

なにしろ、カード発行だけで1500円チャージしてもらえるということですから、近いうちに中国旅行・中国出張に行く予定のある方は、今のうちに発行手続きをしておくとかなりお得ですね。

なお、現在のところオンライン申し込みはできず、ネットから資料請求し、申込書に記入して返送という形になるため、発行には日数がかかる可能性があります。

中国旅行・中国出張の予定のある方は早めに資料請求しておくのが良さそうです。

NEO MONEY

-日本の銀聯カード, 銀聯カード

この記事を書いた人

C-STUDY管理人。フリーランスのプログラマー+中国語通訳翻訳+ブロガーをやってます。中国語は独学でHSK8級+中検準1級。中国・中華圏を中心に東アジア~東南アジアが活動範囲です。もっと詳しく

共有する

これは役に立つ!面白い!と思ったら共有してくださるとうれしいです。シェアしていただけると、がぜんやる気がでます^^

C-STUDYの定期読者になりませんか?

ブログの更新情報をメールでお届けします。購読は無料、解除も簡単です。 読者数:246人

関連記事