格安SIM のお勧め記事

So-netの「0 SIM」は月500MBまで無料、「FREETEL SIM」と比べてみた

2016/10/09

駐在員・留学生・現地採用・海外ノマド・世界一周中など、海外長期滞在者の悩みの一つは、帰国中のネット回線の確保。

セブン-イレブンなどのフリーWiFiスポットは便利ですが、できればいつでもどこでもネットに繋がるのが助かります。

近々発売されるらしい「0 SIM by So-net」はそんな海外長期滞在者の味方になるかもしれません。ちょっと調べてみました。

月500MBまで無料の「0 SIM by So-net」がまもなく発売?

「0 SIM by So-net」、実は昨年末に雑誌「デジモノステーション 2月号」の付録としてついたことがあります。

2016-01-06 (5)

この時、格安SIMに詳しい人々の間ではちょっとした騒ぎになり、全国の書店コンビニの店頭から「デジモノステーション」があっという間に姿を消すという事態に。

amazonなどでは1500円以上のプレミアを付けて売られる始末。

この付録になっていたSIMなんですが、既存のサービスとは全く異なる料金体系なのを不思議に思っていたら、どうやら正式サービスとしてスタートするようです。

ネットでの報道によれば、So-netは月間500MBが無料の新しい格安SIMサービス「0 SIM by So-net」を始める予定とのことです。

まだ正式発表はありませんが、準備中の製品ページが見えてしまっているんだとか。

0 SIM by So-net

0 SIM by So-netの説明ページ

やはりデジモノステーションのおまけはプロモーションだったのですね。賢いな~

2016/01/26追記:So-net公式サイトで正式発表されました。

それにしても、この「0 SIM by So-net」、本当の本当に月間500MBまでは全く通信料がかからない、というのです。

ということは、海外で長期滞在している人の一時帰国用SIMにもしかして最強かも???と考えました。

格安SIMを使うには何が必要?

日本で発売されているほとんどの格安SIMは中身がドコモのSIMなので、ドコモのスマートフォンか、SIMフリーのスマートフォンであれば使うことができます。

音声プランならガラケーでもたぶんOK、のはずです。

So-netの「0 SIM」を「FREETEL SIM」と比較してみる

少し前にも月額最低300円の「FREETEL SIM」について紹介したことがありますが、So-netの「0 SIM」ならなんと月額最低ゼロ円から!

ということで、「FREETEL SIM」を基準に、So-netの「0 SIM」が本当にもっとお得なのか、少し比べてみました。

※以下に挙げる金額はすべて税抜きです

月額最低料金は文句無しに「0 SIM」

まずは一番気になる日本にいない間(全く通信をしない場合)の維持費用について。

「FREETEL SIM」はデータ通信専用が299円、SMS付きが439円、通話付きが999円となっています。

それに対し、So-netの「0 SIM」はデータ通信専用ならやはり完全にゼロ円、SMS付き150円、音声通話付き700円となっていて、最低維持費用について言えば「0 SIM」が完全に勝っています。

FREETEL
SIM
So-net
0 SIM
データ通信プラン299円0円
SMSプラン439円150円
音声通話プラン999円700円

通信料が増えた場合の料金

次は、通信料が増えた場合の料金も比較してみます。

比較を簡単にするためにデータ通信専用プランのみで比較してみました。

「FREETEL SIM」の場合、100MBまでは299円、1GBまで499円、3GBまで900円、5GBまで1520円、8GBまで2140円、10GBまで2470円となっています。

So-netの「0 SIM」では、上でも触れたように500MBまでは無料、500MBを超えると2GBまでは100MBごとに100円、2GBを超えると1600円となっていて、昔あった「ダブル定額」を思わせる料金設定です。

表にまとめてみると、概ね1.4GBまでは「0 SIM」、それを超えると「FREETEL SIM」と言う傾向が見えてきます。

FREETEL
SIM
So-net
0 SIM
~100MB299円0円
~500MB499円0円
~600MB499円100円
~700MB499円200円
~800MB499円300円
~900MB499円400円
~1GB499円500円
~1.1GB900円600円
~1.2GB900円700円
~1.3GB900円800円
~1.4GB900円900円
~1.5GB900円1000円
~1.6GB900円1100円
~1.7GB900円1200円
~1.8GB900円1300円
~1.9GB900円1400円
~2GB900円1500円
~3GB900円1500円
~5GB1520円1500円
~8GB2140円
~10GB2470円

月間最大通信量・通信料

ということで、次に気になるのは、一時帰国中にガンガン使うとどうなるのか、ということ。

月間何GBまで使えるか、最大まで使った場合の料金は、という辺りを知りたいですね。

「FREETEL SIM」は月間の最大通信量は10GB、その場合の料金は2470円

So-netの「0 SIM」の月間最大通信量は5GBで、最大料金は1500円

どちらも月間最大通信量を超えた場合は速度制限がかかります。

速度制限時については「FREETEL SIM」は200kbpsと記載があります、「0 SIM」には速度の記載がありませんが、恐らく同じぐらいの速度になると思われます。

「0 SIM」は容量の追加(チャージ)ができる

「0 SIM」には「FREETEL SIM」にはない特長として、5GBを超えても容量の追加(チャージ)することができます。

ただ、チャージの料金は100MBが500円、500MBが2100円とあまり安くないので、あくまで緊急用と考えた方が良さそうです。

iPhone, iPadユーザーなら「FREETEL SIM for iOS」が有利

iPhone, iPadを使っている人で、自宅にWiFi環境がないという場合、「FREETEL SIM for iPhone/iPad」がかなりお得だと思います。

「FREETEL SIM for iPhone/iPad」はAppStoreの通信料が無料となっていて、帰国中にまとめてアプリをアップデートしたい、という場合でもアップデートの通信量がカウントされません。

つまり、最大10GBの通信量とは別に、アプリのアップデートやインストールの通信が行えるという訳です。

残念ながら今のところAndroid版はないようです。

通信速度は?

「FREETEL SIM」とSo-netの「0 SIM」、どちらもスタートして間もないサービスなので、現時点で通信速度の優劣をつけることはできません。

格安SIM(MVNO)の特徴として、人気が出てユーザーが増えると通信速度が遅くなったり、利用者が集中する昼休憩時間などは通信速度が遅くなる傾向があります。

ネット上では格安SIMの通信速度を計測している人が結果をアップしているので、「FREETEL SIM 速度」、「0 SIM 速度」などのキーワードで検索して比較してみると良いと思います。

重要!「0 SIM」のデータプランは3ヶ月通信がないと自動解約

しかし、So-netの「0 SIM」を海外長期滞在者が使うには大きな関門があります。

それは、「0 SIM」では3ヶ月間通信がない状態だと、自動的に解約になってしまうのです。

2016/02/19追記:音声通話付きプラン(+700円)ではこの3ヶ月制限がない(参考:So-net「0 SIM」は海外在住者の一時帰国用にも便利 – 音声プランは「3カ月で無通信で自動解約」の対象外-shimajiro@mobiler)ので、海外長期滞在者は音声通話付きプランを契約すると良さそうです。

対策としては、3ヶ月おきに帰国するか、実家などにスマートフォンを置いておいて、メールだけ受信するなどほんの少しの通信が発生するように設定して放置しておくなどの方法があるでしょうか。

どちらにしても結構面倒ですね…

総合評価:一時帰国用としてはやはり「FREETEL SIM」?

ということで、色々と比較してみましたが、So-netの「0 SIM」の月額最低0円のインパクトはかなり大きいです。

私の周囲に多い、海外長期滞在中でしかも、あまりお金がない、という人の場合、ためらわず「0 SIM」にしたいところですが、上にも書いた「3ヶ月通信なしで自動解約」がどうしてもネックになります。

ただ、そこさえクリアできれば、そして帰国時もなるべくセブンのフリーWiFiなどを活用して、月間の通信料を1GB以内に収めれば、帰国時の通信費もたったの1000円!

うーん、これはなんとかして3ヶ月の制限を回避したいところですね。

とは言え、「FREETEL SIM」も月額最低299円ですからそれほど高額という訳でもありません。

自動解約もなく、帰国中も10GBまで使える「FREETEL SIM」が、海外長期滞在者の一時帰国用としては今のところの最適解かな、と個人的には思います。

しかもFREETEL SIM、今なら最大で1年間、1GB分が無料となるキャンペーンを実施しています。

条件が合えば、FREETEL SIMでも完全無料で運用できそうですね。

-格安SIM

この記事を書いた人

C-STUDY管理人。フリーランスのプログラマー+中国語通訳翻訳+ブロガーをやってます。中国語は独学でHSK8級+中検準1級。中国・中華圏を中心に東アジア~東南アジアが活動範囲です。もっと詳しく

共有する

これは役に立つ!面白い!と思ったら共有してくださるとうれしいです。シェアしていただけると、がぜんやる気がでます^^

C-STUDYの定期読者になりませんか?

ブログの更新情報をメールでお届けします。購読は無料、解除も簡単です。 読者数:246人

関連記事