台湾の交通機関 台湾へ行く 台湾旅行 のお勧め記事

【乗ってみた】台北桃園空港~富士山静岡空港CI168便搭乗記

2016/10/06

前回の台湾旅行では、台北桃園空港から富士山静岡空港までチャイナ・エアラインのCI168便を利用しました。

1961路リムジンバスで平日午後の台北桃園空港へ

朝ごはんをかの有名な「阜杭豆漿」でいただいた私たちは、午前中いっぱい台北市内をうろうろ。

関連記事:寝坊厳禁の超人気豆乳店で台湾の朝ごはん

関連記事:台北市内のローカル市場で果汁あふれるマンゴーを食べた

お昼前に滞在先のホテル・ロイヤル・ニッコー・台北に戻って荷物をまとめ、チェックアウトして台北アンバサダーホテルへ。

関連記事:桃園空港からシャトルバスで行けて快適で日本語が通じるリーズナブルな5つ星ホテル「ホテル・ロイヤル・ニッコー・タイペイ」

桃園~静岡間のCI168便は午後2時20分の出発です。

アンバサダーホテルのパイナップルケーキ

アンバサダーホテルには桃園空港ゆきの1961路バス停があるから、という理由の他に、ちょっと別の用事もあったのでてくてくと。

関連記事:桃園空港リムジンバス1961路(往路)に深夜乗ってみた

その用事とは、アンバサダーホテルのパイナップルケーキを買うこと。

台北アンバサダーホテルのパイナップルケーキ

アンバサダーホテルのパイナップルケーキはちょっと高めですが、上品な味とおしゃれなパッケージで、大切な人へのおみやげにはピッタリなんです。

ちなみに、ホテルのメインエントランスから入った私たちは、アンバサダーホテルの客らしからぬ風貌だったのか、ベルボーイさんに怪訝な顔で見られてしまいました。

我想買鳳梨酥(パイナップルケーキを買いたいんですが)」と言ったら、お店の場所を教えてくれましたが、パイナップルケーキを売っているベーカリーの入り口はメインエントランスに向かって左側に専用の入口があったようです。

次回はそちらからスマートに入りたいと思います(^^;

1961路バスの所要時間は約70分

アンバサダーホテルの前で15分ぐらい待っていたら、1961路バスがやってきました。

時刻は12時15分、出発時刻までジャスト2時間。

事前の情報では台北市内から桃園空港までは約1時間。

ちょっと怪しい時間になってきました。

とは言え、連日の寝不足でバスに乗ったらすぐにウトウト…

隣の列に座っていた男子たち(日本人)のどうでもいい恋愛トークをBGMに、バスは桃園空港に向かいます。

幸いそれほど渋滞もなく、約70分後に私たちを乗せた1961路バスは無事に桃園空港に到着しました。

バスは第1ターミナル→第2ターミナルの順に停車します。

荷物をバスから降ろしてもらって、時刻はまもなく1時半。

ci168_01

出発まで1時間を切ってしまいました。

でもここまで来れば大丈夫、とチェックインカウンターに向かいます。

チェックイン

チャイナ・エアラインのチェックインカウンターに到着。

チェックイン画面をiPadで見せて、搭乗券と引き換え、荷物を預けます。

ci168_02

そういえばお昼を食べてないんだった、と思い出します。

そんなに時間の余裕もないので、まずは搭乗口を確認した上で、搭乗口近くのフードコートへ。

小南門で魯肉飯をかきこむ

ちょうど「小南門」という魯肉飯(台湾風肉そぼろぶっかけご飯)のお店があったので、そこでぶっかけご飯のセットを頼んでかきこみます><

2015-08-18 14.11.46

でも急いでる時に魯肉飯はちょうどいい!ですね^^

食べ終わったら、エスカレータを下りて搭乗口に向かいます。

搭乗口が1階…ということは空港内をバスで移動する、いわゆる「沖止め」ってやつでしょう。

バスでCI168便へ空港内を移動

搭乗口に到着してまもなく、搭乗案内が始まりました。

飛行機に乗るまでの間に、いろいろな飛行機が見られるのが「沖止め」の醍醐味ですよね?

まずは搭乗口を出てすぐ目の前にいたエバー航空に、機内食がウィーンと積まれていきます。

ci168_03

こういう働く人たちを見るのが、大好きなんです。

さて次は何が見れるのか、と思っていると、残念。

搭乗口がそもそもターミナルビルの端っこだったのか、バスが発車するとすぐ、チャイナ・エアラインの駐機スポットが見えてきました。

ci168_04

もうちょっと空港見学を楽しみたかったな、という気もなくはありません(^^;

私たちがお世話になるCI168便が見えてきました。

ci168_05

機材はボーイング737型機、日本の国内線などでよく使われているタイプです。

バスの扉が開くと、皆さんわらわらとタラップに向かいます。

ci168_06

ある程度はうろうろしていても怒られないようなので、写真をパチリと撮ってみます。

ci168_07

チャイナ・エアラインはスカイチームグループ、私はANA(陸)マイラーなので今回はマイルは貯まりません。

関連記事:ANAセントレア-香港線にマイル特典で乗ってみた

CI168便に搭乗

これは往路(CI169便)の写真です(機内の写真を撮り忘れていたので)。

機材は同じなので雰囲気は分かっていただけると思います。

関連記事:静岡-桃園CI169便に乗ってみた

ci169_14

離陸してしばらくすると、おやつが配られました。

このピリ辛ピーナッツ、中国系の航空会社でもよく出てくるんですが、同じメーカーなんでしょうか?

ci168_08

いわゆる麻辣(マーラー)味で、唐辛子のピリピリと花椒のビリビリが癖になります。

一度気に入って、スーパーで買って帰ったことがあるんですが、日本で食べたらすぐに飽きてしまいました。

こういうのって、きっと現地で食べるから美味しいんですね…

CI168便の機内食

続いて機内食。

さっきお昼を食べたばかりなので、正直お腹はいっぱいなのですがとりあえず味見だけでも。

こちらはチキン(中国語では、雞肉)。

ci168_09

こちらはたぶん、ビーフ(中国語では、[[ts text="牛肉" lang="t"]。

ci168_12

味はどちらも、まあまあというところでしょうか。

お腹が空いていたらたぶん、美味しくいただいていたと思います^^;

電源は無し

この機材にはコンセントやUSB端子は設置されていませんでした。

気流の関係で、帰りは行きよりもちょっと時間がかかりますね。

約3時間半のフライトの後、CI168便は富士山静岡空港に到着しました。

到着すると、入国審査が中国からの到着客でごった返していました。

ターンテーブルのところでiPadの電源を入れると、WiFiルーターのSSIDがずらりと並んでいます。

2015-08-18 19.23.00

これ全部、中国人・台湾人観光客のルーターですね…

観光客の皆さんの日本旅行が、いい旅であるよう祈りつつ、家路に向かいました。

ところで、海外旅行保険の準備はお済みですか?
C-STUDYイチオシのEPOSカード年会費完全無料なのに、
 海外旅行保険自動付帯
 治療保障最高270万円
 キャッシュレス診療対応
といいことづくめ。
海外旅行に行くなら持っておいて絶対損はしませんよ。
【今なら8000pt還元中】エポスカードに入会するなら今がチャンス! 

-台湾の交通機関, 台湾へ行く, 台湾旅行

この記事を書いた人

C-STUDY管理人。フリーランスのプログラマー+中国語通訳翻訳+ブロガーをやってます。中国語は独学でHSK8級+中検準1級。中国・中華圏を中心に東アジア~東南アジアが活動範囲です。もっと詳しく

共有する

これは役に立つ!面白い!と思ったら共有してくださるとうれしいです。シェアしていただけると、がぜんやる気がでます^^

C-STUDYの定期読者になりませんか?

ブログの更新情報をメールでお届けします。購読は無料、解除も簡単です。 読者数:246人

関連記事