Visaデビット 両替・ATM 中国出張 のお勧め記事

海外ATM手数料が一番安い!イオン銀行カードを申し込んでみた

2016/09/22

この円安のご時世、海外旅行・海外出張・海外生活・海外赴任の出費は少しでも節約したいもの。

でも短い旅行期間中はなるべく手間も省きたいです。

ということで、海外旅行や出張時の両替で、手間もかからず手数料も安い、イオン銀行に口座を開くため、イオンカードを申し込んでみました。

イオン銀行は海外ATM手数料が一番安い

以前の記事で、日本円を人民元に両替するときの手数料を比較してみたことがありますが、クレジットカードのキャッシングを除いて手数料が一番安かったのがイオン銀行のデビットカードでした。

しかも、カードなら空港に多数設置されているATMを利用することができるので、手間も時間も大きな節約になります。

例えば中国のATMでイオン銀行デビットカードを利用すると、3,000元を引き出すと最近のレートなら(1元17円として)約51,000円となり、その際の実質手数料は約2%。

海外キャッシュカードでもっとも一般的な新生銀行の手数料が4%なので、手数料は新生銀行の半額以下になる計算です。

この差は無視できませんね。

デビットカードのメリット

また、デビットカードのメリットは、返済手続きが不要なこと。

日本のATMを使っているのと全く同じ感覚で、下ろした分だけ口座から減るので、シンプルに使うことができます。

ただでさえ考えることの多い海外生活・海外出張、考えることが1つ減れば、かなり楽になります。

イオン銀行に口座を作るなら「イオンカードセレクト」から作るのがお得

ということで、さっそく次の旅行に向けてイオン銀行に口座を作ってみることにします。

イオン銀行のサイトから通常のイオン銀行口座を作ることもできますが、ここはあえて「イオンカードセレクト」を申し込んでみます。

イオンカードセレクトを申し込むと、自動的にイオン銀行の口座が作られるので、その口座から改めて「イオン銀行デビットカード」を申し込む、という2段構えで行く作戦です。

イオンカードセレクト経由で申し込むと大量のポイントがつくので、時間に余裕があるならイオンカードセレクト経由が絶対オトクですね(^^;

事前に控えておいた方がいい情報

以下の情報が事前にわかっていると、申し込みが順調に行えます。

  1. 免許証番号
  2. 現在の家の居住年数(○年○ヶ月)
  3. 現在の職業の勤続年数(○年○ヶ月)
  4. 他のローンなどの借入総額

イオンカードをスマホから申し込んでみた

イオンカードの申し込みはスマートフォンにも完全対応しているので、スマホからさくっと申し込むことができました。

カードの種類を選ぶ

イオンカードセレクトの申し込みページを開きます。

2015-12-06 13.54.50

「イオンカードセレクトの申し込み」の緑の大きなボタンをタップします。

2015-12-06 13.54.56

他のイオンカードの所有状況を申告します。

2015-12-06 13.55.07

2015-12-06 13.55.17

運転免許証の有無を申告します。

2015-12-06 13.55.25

「入会のお手続きはこちらから」をタップします。

2015-12-06 13.55.36

WEB明細の希望有無、規約に同意をして、VISA / Master / JCBを選びます。

2015-12-06 13.56.15

本人情報の入力

申込者本人に関する情報を入力します。

2015-12-06 13.56.23

氏名・フリガナ・ローマ字・性別を入力します。

2015-12-06 13.57.01

生年月日・電話番号・メールアドレスを入力します。

2015-12-06 13.57.11

自宅住所・住所フリガナ・住居形態(賃貸・持ち家等)を入力します。

2015-12-06 13.57.15

居住年数・ローン家賃の支払い状況・配偶者有無・家族人数・職業を入力します。

2015-12-06 13.57.20

運転免許証番号を入力します。

2015-12-06 13.57.24

「次へ進む」をタップします。

2015-12-06 13.57.28

勤務先情報の入力

次に勤め先の情報を入力していきます

2015-12-06 14.16.16

勤め先名・勤め先フリガナ・所在地を入力します。

2015-12-06 14.16.20

電話番号・事業内容・勤続年数・所属部署を入力します。

2015-12-06 14.16.32

カードに関する情報

ここからは暗証番号などを入力していきます。

2015-12-06 14.20.03

「イオンカード」の暗証番号を入力します。確認のため同じ番号を2回入力します。

2015-12-06 14.20.07

リボ払いのコース、年収を入力します。リボ払いコースは最高額を選んでおくのがオススメです。

2015-12-06 14.20.16

自動車・住宅ローンを除くローンの現在の残高、カードの利用目的を入力します。

2015-12-06 14.20.26

イオン銀行口座に関する情報

ここからはイオン銀行の口座の開設に必要な内容を入力していきます。(これまではクレジットカード関連の情報)

2015-12-06 14.21.01

イオン銀行キャッシュカードの暗証番号を入力します。クレジットカードの番号と同じでも問題なく受け付けられました。

2015-12-06 14.21.10

イオン銀行ダイレクト(ネットバンク)のパスワードを新しく決めて、入力します。

2015-12-06 14.21.14

WAONのオートチャージのON/OFFも入力します。

2015-12-06 14.21.27

取引明細の送付(有料)と総合口座貸越の利用有無を入力します。

2015-12-06 14.21.34

付帯サービスの選択

ここからはカード付帯サービスを入力していきます。

2015-12-06 14.22.27

ETCカード、イオンiDの利用有無を入力します。

2015-12-06 14.22.32

よく行くイオン店舗を入力します。

2015-12-06 14.22.40

2015-12-06 14.22.43

確認と完了

入力した内容に間違いがないか確認して「お申込み」をタップします。

2015-12-06 14.23.09

申込が完了しました。

2015-12-06 14.23.30

メールが届いていれば完了です。
2015-12-06 14.24.36

イオン銀行デビットカードは、イオンカードセレクトと一緒に申し込むのがお得

今回はイオン銀行デビットカードを申し込む前段階として、
イオンカードセレクトを申し込んでみました。

この後にデビットカードの発行の申込も行うので、海外旅行の予定に十分先立って申し込んでおくのがオススメです。

現在海外滞在中の方でも、免許証番号さえ分かれば完全オンラインで申し込めるので、次の帰国予定に合わせて申し込んでおくといいですね。

今なら最大6,000円分のポイントがつくキャンペーンをやっているそうなので、検討中の方は期限内にぜひ申し込んでみてください。

イオンカードセレクトの詳細・申込はこちらから


-Visaデビット, 両替・ATM, 中国出張

この記事を書いた人

C-STUDY管理人。フリーランスのプログラマー+中国語通訳翻訳+ブロガーをやってます。中国語は独学でHSK8級+中検準1級。中国・中華圏を中心に東アジア~東南アジアが活動範囲です。もっと詳しく

共有する

これは役に立つ!面白い!と思ったら共有してくださるとうれしいです。シェアしていただけると、がぜんやる気がでます^^

C-STUDYの定期読者になりませんか?

ブログの更新情報をメールでお届けします。購読は無料、解除も簡単です。 読者数:246人

関連記事