日本旅行 のお勧め記事

「爆買い」はもう古い?日本好きのハイクラス中華系観光客のツボは?

2016/10/09

台湾のある読者の方から、「今度、こんなツアーに参加するのですが…」と予定表を見せていただきました。見てみると、値段はちょっとお高めですが、免税店に一切寄らない「純」観光ツアーです。日本好きで知られる台湾人が考える静岡満喫ツアーとはどんなものか、じっくりパンフレットを見せていただきました。

静岡を素通りする中国人観光客たち

静岡空港が大勢の中国人観光客でにぎわっていることは、以前の記事でお伝えしました(関連記事:中国人観光客でごった返す静岡空港に行ってみた)。

その時に、空港におられた中国からの観光客に尋ねたところ、そのほとんどが日本縦断ツアーの参加者で、静岡が目的地としているツアーはほとんど存在しないということでした。

中には、ここがどこの空港なのかも知らない、と言われる方もいて、せっかく静岡空港を利用しているのに静岡を素通りされるのは残念、と若干の寂しさも感じたものです。

ないないづくしの異色ツアー、台湾発・静岡満喫6日間の旅

実は、静岡空港には中国便の他に台湾便も就航しています。

中国便には数の面で圧倒的に劣るものの、台湾桃園空港との間にチャイナエアライン便が週数便就航しています。

私も少し前にそのチャイナエアライン便を利用して、台北48時間ツアーを敢行してきたところです。

そんな中、ブログの読者の方から「今度、静岡6日間周遊ツアーに参加するんですが、紅葉は見られるでしょうか」とご連絡をいただきました。

静岡県内だけで6日間遊ぶツアーとはいったいどんな内容なのか、台湾人が考える静岡県とはどんなイメージなのか、見せていただいた予定表から探ってみたいと思います。

免税店に行か「ない」純観光ツアー

ざっと予定表を見せていただいてまず気づいたのが、中国語圏の観光客の定番と思われる「御殿場プレミアムアウトレット」が入っていないこと。

2015-10-06 15.38.01

ツアーパンフレットのキャッチコピーにも、「免税店立ち寄りはせず、格調高い旅行の質を維持し、静岡の名勝を十分にお楽しみいただきます」と書かれています。

静岡ツアーなのに富士山に行か「ない」

しかも、予定表を見ていると、富士山が行程に入っておらず、その代わりと思われる、日本平ロープウェイが入っています。

日本平ロープウェイは、富士山のビューポイントとして非常に有名な場所で、天気が良ければこんな写真が撮れるんです。

静岡県民に伝わる言い伝え(?)、「富士山は登るものではなく見るもの」からするとナイス!な場所選定ですが、富士山に行かずして台湾からのツアー参加者は満足するのでしょうか?

どうやら、かなり静岡マニア度が高いツアー、ということのようですね…

ツアー代金も安く「ない」

「免税店に寄らない格調高いツアー」ですから、もちろん宿泊も駅前の安ビジネスホテルではなく、県内各地の観光ホテルクラスです。

そんな訳で、ツアー代金は6日間で日本円にして約15万5千円、となかなかのお値段になっていました。

その価格で静岡県内「だけ」を巡るツアーに参加する台湾の方たちも、相当に目と舌の肥えていることが想像できますね。

大井川鐵道 By: se7en

では、そんなハイレベルな静岡ツアーの日程を詳しく見てみたいと思います。

もしかしたら、私も海外ゲストをお迎えする時の参考にできるかもしれません。

静岡6日間ツアーの観光ポイントは?

パンフレットから、静岡6日間ツアーの観光ポイントを拾い出してみると、こんな感じです。

掛川花鳥園 By: merec0

2日目:掛川花鳥園資生堂資料館はままつフラワーパーク天竜浜名湖鉄道乗車

3日目:玉露と抹茶体験ちびまる子ちゃんランド駿河湾フェリー恋人岬

4日目:浄蓮の滝修善寺浅間大社

5日目:焼津さかなセンター駿府城公園日本平ロープウェイ久能山東照宮富士高砂酒造静岡呉服町商店街

6日目:蓬莱橋大井川鐵道SL乗車ららぽーと磐田

最終日にかろうじてショッピングの時間がある(ららぽーと磐田)ようですが、それ意外はひたすら純粋に観光のようですね。

天竜浜名湖鉄道、駿河湾フェリー、日本平ロープウェイ、大井川鐵道と、静岡を代表する交通機関も総ざらい。うーん贅沢です。

静岡県民でもこの観光スポットを全部周ったことのある人は少ないのでは?と思います。

静岡6日間ツアーの宿泊先は?

パンフレットに挙げられていた宿泊先は以下のようになっていました。

ヤマハリゾートつま恋(同等クラス)、かんざんじ温泉中伊豆ワイナリーヒルズ(同等クラス)、焼津松風閣ホテルアソシア静岡

浜名湖 By: Kazuhiko Maeda

駅前のビジネスホテルではないところに、このツアーの本気度を感じます。

上質な静岡旅行を楽しんでもらえそうです。

意外と観光スポットの多い静岡県

でもこうして日程を見ていると、静岡県には、海外からの観光客を呼べるスポットがたくさんあるのだなぁ、と感じます。

地元にいると、何にもない田舎と思ってしまいがちですが、こうして外からの目線で見るのもいいものですね。

紅葉は、平野部はまだまだですが、もしかすると大井川鐵道の沿線で見られるかも、しれません。

修善寺 By: ume-y

ぜひ天候に恵まれて、静岡をたっぷり満喫していただけるといいな、と思います。

日程表を何度も見ていたら、なんだか私もこのツアーに参加したくなってきました^^

この「台湾発 静岡満喫6日間」ツアーに参加された読者の方が、どんな感想を持たれたか、機会があったらぜひお聞きしてみたいですね。

-日本旅行

この記事を書いた人

C-STUDY管理人。フリーランスのプログラマー+中国語通訳翻訳+ブロガーをやってます。中国語は独学でHSK8級+中検準1級。中国・中華圏を中心に東アジア~東南アジアが活動範囲です。もっと詳しく

共有する

これは役に立つ!面白い!と思ったら共有してくださるとうれしいです。シェアしていただけると、がぜんやる気がでます^^

C-STUDYの定期読者になりませんか?

ブログの更新情報をメールでお届けします。購読は無料、解除も簡単です。 読者数:245人

関連記事