中国でスマホ 中国出張 香港SIM のお勧め記事

香港SIMを中国でローミング使用するための設定方法

2016/09/22

中国中もLINE, Twitter, Gmail, Facebook, Google+などが使える「香港SIMでローミング」をする時の設定方法について、Android5.0系での操作を説明します。

中国でもLINE, Twitter, Gmail, Facebookが使える香港SIM

中国では、LINEやTwitterなどが規制されていて使えないことが多いため、旅行中はかなりの不便を強いられます・

ただ、お使いのスマートフォンやタブレットまたはモバイルルーターがSIMフリーになっていれば、「香港SIMでローミング」という裏ワザを使うことで、この規制を回避することができます。

費用は1週間で3000円程度と、短期の旅行や出張であれば十分のコストパフォーマンスです。

「香港SIMでローミング」について詳しい情報は下の記事をどうぞ。

関連記事:[2015年版]中国でもLINE Twitterが使えるSIMカードを購入してみた

Android5.0系での設定方法

「香港SIMでローミング」の使い方はとても簡単ですが、少しだけ設定が必要です。Android5.0系での設定方法をご紹介します。

アクセスポイント一覧画面を開く

設定画面-もっと見る-モバイルネットワーク-アクセスポイント名の順にタップしていきます。

2015-02-05 05.51.59

2015-02-05 05.52.05

2015-02-05 05.52.08

新規アクセスポイントを登録

(一覧画面に”3gnet”という選択肢が表示されていれば、この手順は不要です。)

新規追加ボタンをタップして、新規登録画面を開き、名称とAPNに"3gnet"と入力します。

2015-02-05 05.52.15

2015-02-05 05.52.27

2015-02-05 05.53.04

2015-02-05 05.52.27 (1)

2015-02-05 05.53.15

2015-02-05 05.53.18

アクセスポイントを選択

先に追加した(もしくは元からリストにある)3gnetを選択します。

2015-02-05 05.53.28

ローミング設定をONにする

もう1つ、香港SIMを中国で使うために「データローミング」をONにします。

設定画面-もっと見る-モバイルネットワーク-データローミングをON-警告画面をOKの順にタップすればOKです。

詳しい手順は、こちらの記事をご覧ください。

関連記事:AndroidやiPhoneで海外ローミングをONに設定する方法

うまぐ繋がらない時は再起動

画面右上のアンテナピクトに「R」が表示されれば設定成功です。

Screenshot_2015-01-26-23-58-05

アンテナピクトに「!」が表示されている場合は、スマートフォンを再起動してみてください。

関連記事

中国でもLINE Twitterが使えるSIMカードを購入してみた

[iPhone6sなら]中国でもGmail Facebookが使える4G(LTE)SIMカード

-中国でスマホ, 中国出張, 香港SIM

この記事を書いた人

C-STUDY管理人。フリーランスのプログラマー+中国語通訳翻訳+ブロガーをやってます。中国語は独学でHSK8級+中検準1級。中国・中華圏を中心に東アジア~東南アジアが活動範囲です。もっと詳しく

共有する

これは役に立つ!面白い!と思ったら共有してくださるとうれしいです。シェアしていただけると、がぜんやる気がでます^^

C-STUDYの定期読者になりませんか?

ブログの更新情報をメールでお届けします。購読は無料、解除も簡単です。 読者数:244人

関連記事