中国グルメ 中国出張 日本の食べ物 のお勧め記事

本物です!中国でも大人気のグリコのポッキー

2016/10/09

最近は、中国でも多くの日本企業の製品が購入できるようになっています。その中でもグリコは中国で頑張っている日本企業の一つです。実は、こちらではポッキーも大人気なんですよ。

『格力高』の『百奇』は中国でも大人気

こちらが、中国で売っているポッキー百奇です。

以前の記事で中国で売っているプリッツを紹介しましたが、中国のグリコはかなりこちらでも頑張っていて、高いクオリティのお菓子を販売しています。

中国のポッキー

こちらではグリコは、「格里高」として知られています。

中国語には日本語のカ行に相当する音が「」と「」の2つしかないので、日本語の「キ」にあたる音を音訳することは難しいんです。

それで、ポッキーの「キ」も「チ」の音に変わっているんだと思います。

そんな訳で、中国の方が日本語を勉強する時、「キ」「ケ」の発音に苦労することがあるそうです。

中国のポッキーはフレーバーの種類が多い!

ご覧のとおり、左側がイチゴ味草莓味で、右側がチョコレート味巧克力味です。

チョコレート味の方は「双重」と書かれています。

チョコの層が二重になっているということのようですね。

プリッツの時には店内写真でご紹介しましたが、実はポッキーもかなりの種類のフレーバーが販売されています。

日本でもコンビニなどでは色々な限定ポッキーが売っているようですが、こちらは普通のスーパーで、定番商品として常時10種類以上のフレーバーが陳列されています。

このラインナップの真意は分かりませんが、私の推測では、種類を多く並べておくことで、中国人に「きっとこれは人気のある商品なんだ」と思わせる戦略なのかな~と思います。

ちなみに、この「バイチー」、中国でも非常に有名で、都市部の人ならほとんどの人が知っていると言ってもいいぐらいです。

いつか、中国のグリコの人に会ったら、中国の人に受け入れられる秘訣を聞いてみたいと思っています。

中国ポッキーの値段は約100円

値段はこちらのスーパーで5.5元(約105円)でした。

日本のディスカウントショップで買うのとそんなに変わりませんね。

こちらでは地元系企業のお菓子がもう少し安い値段でありますが、やはり値段なりの味しかしませんので、日本のお菓子が100円で買えるのはとても貴重です。

味も、日本のものとそれほど変わらず、こちらにいながら日本の味を楽しめるうれしい商品です。

少し前には、日本のお菓子を「爆買い」する中国人の姿が報道されていましたが、日本のお菓子のクオリティはとても高いので、ぜひもっと中国でも販売してほしいなと思います。

-中国グルメ, 中国出張, 日本の食べ物

この記事を書いた人

C-STUDY管理人。フリーランスのプログラマー+中国語通訳翻訳+ブロガーをやってます。中国語は独学でHSK8級+中検準1級。中国・中華圏を中心に東アジア~東南アジアが活動範囲です。もっと詳しく

共有する

これは役に立つ!面白い!と思ったら共有してくださるとうれしいです。シェアしていただけると、がぜんやる気がでます^^

C-STUDYの定期読者になりませんか?

ブログの更新情報をメールでお届けします。購読は無料、解除も簡単です。 読者数:246人

関連記事