台湾グルメ 台湾旅行 のお勧め記事

元祖台湾まぜそば?激ウマ板條(バンティアオ)乾麺を台北で食べてきた

2016/09/20

bantiao09台湾南部の代表都市、高雄の美濃区には、台湾B級グルメ「板條」を出すお店がたくさんあるそうです。そんな板條を、台北でも食べられるお店があると言うので行ってきました。

板條(バンティアオ)=台湾コメきしめん?

まずは「板條(バンティアオ)」とはなんぞや、というお話から。

「板條」とは、米粉で作ったきしめんのような麺で、「客家(ハッカ)」と呼ばれる人々が主に食べる麺料理です。米へんの「粄條」と書かれることもあるそうです。

bantiao06

「客家」とは?
「客家(ハッカ)」とは、漢族(いわゆる中国人)の中でも、「客家語」を話す人々を指す分類です。台湾人のうち12%が客家だと言われています。厳密には独立した民族ではなく漢族の一支流ですが、独特の言語や文化を持っているので、独立した民族のように扱われることもあります。

台湾では特に、高雄市の美濃区で食べられる「板條(バンティアオ)」が非常に有名です。

高雄名物の板條が台北で食べられる「小辣椒魷魚羹」

ということで、台北教育大学に勤めるL教授の案内で、台北教育大学のすぐ北側にある、「小辣椒魷魚羹」というお店に連れていってもらいました。

小辣椒鱿鱼羹

高雄名物の「板條(バンティアオ)」が台北でも食べられるということで、地元では非常に有名なお店なのだとか。

bantiao02

側面の看板の美濃板條の方が断然目立っているので、来店する時はこちらを目印にするとよさそうです。

小さなお店に、外にあふれるほどにテーブル席が並んでいます。

お昼時ともなれば、行列ができるほどの、地元では有名なお店のようなので、まず迷うことはないでしょう。

bantiao03

みんな無心に麺をすすっています^^

bantiao01

「板條」=元祖台湾まぜそば?

L教授が手早く注文を済ませてくれ、しばらくして、お待ちかねの「板條(バンティアオ)」がやってきました。

「板條」には汁そば(湯麺)、まぜそば(乾麺)、焼きそば(炒麺)の3タイプがあります。

今回私たちが食べたのは、まぜそばタイプの「乾麺」です。

bantiao08

見た目はきしめんに似てはいますが、原料が米粉なので春雨のようなサッパリとした食感が特徴です。

少し甘めのタレがかかっていて、椀の底からよくかき混ぜてからいただきます。

板條のお店には必ず、その店オリジナルの特製ラー油がテーブルに備えられていて、マニアはそのラー油にも一家言あるそうです。

ちなみに最近、日本で流行っている「台湾まぜそば」は名古屋発祥の、台湾とは関係のない日本オリジナル料理。

こちらの「乾麺」こそが元祖「台湾まぜそば」と言ってもいいかもしれません。

スルメのあんかけスープも絶品!

そして、上の写真で「板條」の横にあるのが、このお店の名前にもなっている名物、「魷魚羹(スルメのあんかけスープ)」。

これが、見た目に反してメチャ旨でした!

bantiao05

肉厚のスルメが具になっていて、スルメの戻し汁のうまみがアツアツのスープにぎっしり溶け込んでいます。

スルメもプリっぷりでしかも、うまみがたっぷり残っているので、残すわけにはいかないと、トロみのおかげで冷めないスープを、汗だくになりながら必死でいただきました(笑

暑い日にも、涼しくなっても、プルンとした食感のピリ辛「板條」とアツアツ「魷魚羹」をふうふういいながら食べると、気分はすっかり台湾っ子です。

-台湾グルメ, 台湾旅行

この記事を書いた人

C-STUDY管理人。フリーランスのプログラマー+中国語通訳翻訳+ブロガーをやってます。中国語は独学でHSK8級+中検準1級。中国・中華圏を中心に東アジア~東南アジアが活動範囲です。もっと詳しく

共有する

これは役に立つ!面白い!と思ったら共有してくださるとうれしいです。シェアしていただけると、がぜんやる気がでます^^

C-STUDYの定期読者になりませんか?

ブログの更新情報をメールでお届けします。購読は無料、解除も簡単です。 読者数:245人

関連記事