台湾グルメ 台湾旅行 のお勧め記事

夜市で朝ごはん?台北 雙連駅の朝市でぶらぶら食べ歩き

2016/09/22

台湾と言えば夜市での食べ歩きがとても有名ですが、早起きして「朝市」の食べ歩きに出かけるのもオススメです。台北中心部のMRT「双連(雙連)」駅周辺に立ち並ぶ朝市屋台をぶらぶら散歩しながら、直感で美味しそうと思ったものをいろいろと食べてみました。

MRT双連駅(雙連駅)

台北MTR双連駅

マップをクリックするとGoogleMapを開きます

台北MRTの双連駅(中国語では、雙連站は台北市中心部に位置し、今回宿泊したホテル・ロイヤル・ニッコー・タイペイからも徒歩で15分程度と、朝食前の散歩にぴったりの距離でした。

AM7:50 出発

この日は、朝の6時半すぎに起床。

あまり朝が強い方でないので、まずはシャワーを浴びて眠気を覚まします。

のんびりと出かける支度をして、ホテル・ロイヤル・ニッコー・タイペイから出発します。

10分ほど歩くと、双連駅の東側、中山北路と民生西路の交差点に位置するマカイ記念病院(中国語では、馬偕紀念醫院)が見えてきました。

ここからもう少し西に進めば、双連駅の朝市に到着です。

双連駅の朝市

朝食街を通り抜けて、緑地帯に突き当たると、そこが双連駅の朝市です。

たくさんの屋台が立ち並び、賑やかな声が飛び交っています。

2015-08-17-08.15.23

水煎包

私たちがまず食べてみたのは、台北ならではの「水煎包(焼き肉まん)」(12元=約48円)。

少し小ぶりの肉まんの、底の部分が鉄板でカリッと焼き上げられていて、皮のサクサク・ふわふわとした食感と、中の肉汁たっぷりの「あん」がやみつきになります。

2015-08-17-08.16.35

葱餅

続いては、これまた台北名物の「蔥餅」。

2015-08-17-08.37.57

モチモチの食感とほんのり塩味で、日本人の口にも合うオススメの一品です。

パイナップル

そして夏の台湾と言えば外せないのが、果物(中国語では、水果)。

2015-08-17-08.49.59

果物屋台でパイナップル(中国語では、鳳梨)をカットしてもらい、食べてみました(60元=約240円)。

甘味と酸味がギューッと濃縮されていて、日本のパイナップルより味が濃いように感じました。

2015-08-17-08.51.09

塩豆乳

最後に試したのは、ネットで情報を見て気になっていた、「塩豆乳(中国語では、鹹豆漿)」です。

塩豆乳とは、豆乳にまず酢を加えてタンパク質を分離させ、塩や具を加えて味付けをし、そこにちぎった揚げパン(中国語では、油條)を浸して食べる、台湾のローカルフードです。

2015-08-17-09.13.54
ぱっと見は美味しそうではありませんが、かきたま風になった大豆のふわっとした食感と、身体にしみわたる塩気、うまみをたっぷり吸った揚げパンと、一度食べるとやみつきになること請け合いです。

皆さんも、台湾に行ったら「朝市」の食べ歩き、楽しんでみませんか?

ところで、海外旅行保険の準備はお済みですか?
C-STUDYイチオシのEPOSカード年会費完全無料なのに、
 海外旅行保険自動付帯
 治療保障最高270万円
 キャッシュレス診療対応
といいことづくめ。
海外旅行に行くなら持っておいて絶対損はしませんよ。
【今なら8000pt還元中】エポスカードに入会するなら今がチャンス! 

-台湾グルメ, 台湾旅行

この記事を書いた人

C-STUDY管理人。フリーランスのプログラマー+中国語通訳翻訳+ブロガーをやってます。中国語は独学でHSK8級+中検準1級。中国・中華圏を中心に東アジア~東南アジアが活動範囲です。もっと詳しく

共有する

これは役に立つ!面白い!と思ったら共有してくださるとうれしいです。シェアしていただけると、がぜんやる気がでます^^

C-STUDYの定期読者になりませんか?

ブログの更新情報をメールでお届けします。購読は無料、解除も簡単です。 読者数:244人

関連記事