中国語 発音のコツ のお勧め記事

中国語発音の裏ワザ 第2声や第4声が連続する時のコツ

2016/10/09

声調を練習する時、1文字分ならなんとかできるようになったのだけれど、2文字分になると、うまく組み合わせができないなぁと思われるかもしれません。でも、ちょっとしたコツさえ覚えれば、意外と簡単なんです。

言語の『絶対音感』

中国語の習得の速度を左右する能力として、「音を音として聞き取る力」があるかどうかが大きなポイントになります。これを私は「言語の絶対音感」と呼んでいます(正しい専門用語を知っている方はどうかこっそり教えてください><)

「言語の絶対音感(=音を音として聞き取る力)」とはつまり、自分の母語にない音を聞いた時に、その音を区別することができる能力です。

例えば中国語の「」や「」を聞いた時に、日本語の「ラー」や「チュー」ではないことが分かりますか?中国語初心者の段階で、この違いを聞き分ける力がある人は発音の習得が早い傾向があります。

色々な方の中国語学習をお手伝いしてきた経験からすると、おおむね20代前半までの方や、音楽の経験のある方は、この「言語の絶対音感」を持っているようです。

すべての音がカタカナに聞こえてしまう

一方で、言語の絶対音感のない普通の人は、初心者のうちはすべての音がカタカナに変換されて聞こえてしまうため、中国語独特の音を聞き取って真似することが難しいようです。

でも、あきらめる必要はありません。「通じる」ことを最優先する学習法を使えば、普通の人でも中国語の発音を無理なくマスターすることができます。

第2声と第4声の基本の声調

それでは、まずは第2声と第4声の基本についておさらいしてみましょう。

中国語 第2声と第4声

こちらが基本の第2声、第4声の高低を示した図です。基本の「ma」の発音で示すと、「」と「」になりますね。

「通じる」ための中国語は、とにかく「はっきり大げさに」がコツです。(関連記事:中国語の声調を安定させる三本線メソッド

日本人の場合、第2声の発音の際にどうしても後半が上がり切らない人が多いので、特に発音の終わりに気をつけましょう。

バスケットボールの試合で敵のディフェンスをかいくぐって低い姿勢からダンクシュートを決めるシーンを想像してください(カッコよく!)。ボールがゴールに収まるまで意識はボールから離さない!第2声はそのイメージで行きましょう^^

第4声は逆に、最初が肝心です。

最初を十分高い位置から始めて、後は自然に任せて自由落下でOKです。目安としては、お父さんの大事な壺を、背伸びをして高い棚から下ろそうとして、手が滑って落としてしまった、そんなイメージで行きましょう。壺はちょっと重たいので、アッという間に落ちていきます(^^;

第2声や第4声が連続する時

さて、本題の第2声と第4声の連続についてですが、上の基本発音を2回続けるのはなかなかシンドイものですし、また不自然に聞こえてしまいます。

中国語発音 第2声の連続

(学習する、勉強する、見習う)

(風習、習慣)

(文明、文明的)

中国語発音 第4声の連続

(電話)

(散歩する)

(象)

第2声・第4声が連続するときのルール

ということで、第2声や第4声の連続が楽に発音できるこのルールを覚えておきましょう。

第2声や第4声が連続するとき、前の音と後ろの音はもともとの高さ(低さ)ではなく、中間ぐらいの高さ(低さ)でつなげる。

図で説明するとこのような感じになります。実際のネイティブの発音を聞いてみても、実際にこれに近い発音になっていることに気づかれるかもしれません。

tone2-2_

学习

习俗

文明

tone4-4_

电话

散步

大象

いかがですか?第2声や第4声の発音がかなり楽にできるようになったのではないでしょうか。

耳の硬い人は、発音を日本人から習うのがオススメ

以前にも「聞くだけで中国語は上達するか」というテーマで記事を書きましたが、「耳の柔らかい」人は、聞くだけ教材やネイティブの真似をするだけでも十分に上達することができます。

ただ、中国語を学ぼうとする人のすべてがそうではありません。そうした人がネイティブの真似だけで発音を習得しようとするのはなかなか難しいことがあります。

それで、私は初心者のうちは日本人の先生から習うことをオススメしています。(「耳の硬い」人は、絶対に日本語の話せない中国人から習ってはいけません)

発音が苦手と思う人も、音の聞き取りが苦手と思う人も、中国語の習得をあきらめる必要はありません。学習法次第で中国語は必ず習得することができます。ぜひ、自分にあった勉強法を見つけて、中国語を楽しく学んでください。

-中国語, 発音のコツ

この記事を書いた人

C-STUDY管理人。フリーランスのプログラマー+中国語通訳翻訳+ブロガーをやってます。中国語は独学でHSK8級+中検準1級。中国・中華圏を中心に東アジア~東南アジアが活動範囲です。もっと詳しく

共有する

これは役に立つ!面白い!と思ったら共有してくださるとうれしいです。シェアしていただけると、がぜんやる気がでます^^

C-STUDYの定期読者になりませんか?

ブログの更新情報をメールでお届けします。購読は無料、解除も簡単です。 読者数:246人

関連記事