中国出張 のお勧め記事

[2015年版]初心者必読!これだけは持っていく中国旅行8つの必需品

2016/09/22

中国に年に数回渡航している管理人が、これまでの経験を元に1週間程度の中国旅行で持って行くと良いと思った必需品をまとめてみました。中国旅行が初めての方も、久しぶりに中国に出張という方も、ぜひ参考にしてください。
※香港・マカオ・台湾は中国本土とは状況が異なります。

1.中国旅行の絶対必需品:人民元(中国元)の現金

5ab5c9ea15ce36d375210f413af33a87e950b19e

中国では外国で発行されたクレジットカードを受け付けている商店が少ないため(多くは「銀聯」という中国独自のクレジットカードのみ対応)、ほとんどの支払いが現金になります。

ちなみに、「NEO MONEY銀聯」カードは、中国でも多くのお店で使えて便利ですよ。無料で作れるので1枚持っておくと便利です。

無料で作れる「NEO MONEY」銀聯プリペイドカードは中国旅行に便利!

出発前に日本の空港にある両替ショップで両替するか、現地のATMでクレジットカードを使って現金を引き出すのが便利でオススメです。

以前の記事、中国元への両替方法についてのまとめ記事では、色々な両替方法についてコストとメリットを比較していますので、ぜひご一読ください。

2.電化製品・電子機器は220V対応のものが必要

最近のパソコンやスマホ・タブレットはほとんどが220Vに対応していますので、変圧器(トランス)なしでそのまま持って行けますが、念の為にACアダプタの標示を確認しておくと良いでしょう。

ただし、コンセントの数が少ない場合に備えて、一括でスマホ・タブレットなどを充電できる充電器を持って行くのがオススメです。

一部のホテルではバスルームに100Vのコンセントが用意されていることがあります。その場合は日本のドライヤーやシェーバーがそのまま使えるかもしれません。

220V海外旅行対応のドライヤーを普段から使う、というのも1つの方法です。そうすれば、旅行の時にも持って行けますね。重たい変圧器を持って行くよりオススメです。

中国旅行に変換プラグは必要?

なお、中国のコンセントは、電圧は異なるものの、日本と同じ2本タイプ(Aタイプ)がほとんどですので、変換プラグは必要ありません。

ちなみに香港・マカオは220VのBFタイプ(_|_形状の3本プラグ)、台湾は110VのAタイプ(日本と同じ形状で電圧が少し高い)です。
少し前に、乗り継ぎの香港空港でスマホを充電しようと思ったのですが、コンセントのプラグ形状が違っていて充電できませんでした><

3.流せるポケットティッシュはトイレの必需品

中国のほとんどのトイレにはトイレットペーパーが設置されていません。

公共のトイレにウォシュレットなんて、まだもうちょっと先の話でしょうか(^^;

また、現地のティッシュは固く、使い心地が良くないので、日本から流せるポケットティッシュを持って行くのがオススメです。

なお、最近は中国でも紙を流して良いトイレが増えてきましたが、水圧や下水管の太さの関係で、今でも紙を流してはいけないトイレもあります。

そうしたトイレでは、日本の高性能トイレットペーパーでも詰まってしまうことがあります。詰まるとかなり悲惨です(ToT)

少し抵抗があるかもしれませんが、紙を流してはいけないトイレでは、紙は横に設置されているゴミ箱に捨てるようにしましょう。

4.食中毒対策に、除菌用ジェル・アルコール

中国では高級レストランは除いて、やはり衛生的に気になる食堂が多いのも事実です。

それで、除菌用のジェルやアルコールを持って行くと安心です。

除菌ティッシュでは手指の消毒ができない

意外と知られていない事ですが、「除菌ティッシュ」の対象には手指の除菌が含まれていません。http://www.jhpia.or.jp/standard/wet_wiper/img/wetwiper_standard05-1.pdf の37ページ「除菌の定義」を参照)

手指は皺などで表面に凹凸があるので、ティッシュでは拭ききれない、ということのようです。テーブル・食器・箸などには有効ということですね。

より確実に除菌するためには、ジェルやアルコールがオススメです。

ただし、これらは可燃物なので機内持ち込み手荷物にする時には航空会社のルールに気をつけてください。

5. PM2.5対策に:使い捨てマスク

中国旅行で一番気になるのがPM2.5、旅行中に喉を痛めたりしないように、使い捨てマスクを持って行くといいでしょう。

とは言え、短期間の旅行であればゴツいN95マスクなどより、使い捨ての簡易なマスクの方が便利です。毎日どんどん取り替えれる使い捨てタイプがいいでしょう。

6. スリ防犯対策に、口が閉じられるカバンが有効

中国の大都市や観光地では治安はそれほど悪くなく、凶悪犯罪・暴力犯罪はほとんど見られませんが、スリや置き引きなどの軽犯罪は他の外国と同じようにあります。

鞄やハンドバック、ポシェットなどはチャックなどで口の閉じられるものにし、買い物中や食事中も視界から外れないように気をつけましょう。

7. 中国旅行の虫対策に、虫除けスプレー・かゆみ止め

中国旅行では、外を歩くことが多い上に、ホテルの防虫対策もあまりきちんとしていないことが多いため、暖かい季節の旅行では虫除けスプレーが必須になります。

虫さされに痒み止めも持って行くといいでしょう。中国にもそれらしきものはあるのですが、日本のムヒなどは断然効きが違います!

8. 万が一の備えに、海外キャッシング対応クレジットカード

上でも触れたように、中国のほとんどのお店ではクレジットカードを使うことはできませんが、ATMで現金を下ろすのに使うことができます。

中国銀行ATM

万が一の現金確保のためにも、「海外キャッシング対応」のクレジットカードを持って行くと安心です。

また、クレジットカードの中には海外旅行保険が付帯しているものもありますので、そうしたカードを持って行くと万が一に備えることができますね。

ところで、海外旅行保険の準備はお済みですか?
C-STUDYイチオシのEPOSカード年会費完全無料なのに、
 海外旅行保険自動付帯
 治療保障最高270万円
 キャッシュレス診療対応
といいことづくめ。
海外旅行に行くなら持っておいて絶対損はしませんよ。
【今なら8000pt還元中】エポスカードに入会するなら今がチャンス! 

まとめ:備えあれば憂いなし、しっかり準備をして旅行を楽しもう

中国は、それほど治安も悪くなく、衛生面を除けばかなり安心して旅行できる場所です。

十分な準備をして、楽しいご旅行を!

-中国出張

この記事を書いた人

C-STUDY管理人。フリーランスのプログラマー+中国語通訳翻訳+ブロガーをやってます。中国語は独学でHSK8級+中検準1級。中国・中華圏を中心に東アジア~東南アジアが活動範囲です。もっと詳しく

共有する

これは役に立つ!面白い!と思ったら共有してくださるとうれしいです。シェアしていただけると、がぜんやる気がでます^^

C-STUDYの定期読者になりませんか?

ブログの更新情報をメールでお届けします。購読は無料、解除も簡単です。 読者数:244人

関連記事