中国出張 季節の風景 のお勧め記事

中国の農村部での旧正月(春節)の公園の風景-ボケ(木瓜)が咲き、老人たちはコマ回しと屋外トランプ

2016/09/22

春節休みを利用して、近所の公園をぶらりと散歩してみました。この時期は中国では長い春節休みになるため、すこし時間の余裕ができてきます。爆竹の音さえ気にしなければ(関連記事:まるで銃撃戦のような爆竹)、のんびりと過ごすことができて、なかなかいいものですよ。

 

私がいるところでは、春節前後に比較的暖かい日が続きました。

そのせいもあって、ボケ贴梗海棠、単に海棠と言う人も多いの花が満開になっていました。

中国のボケの花
濃い紅色の花がとっても鮮やかでした。

中国の人はこうしたはっきりとした色の花を好む傾向がありますね。

中国のボケ木瓜

特に赤はおめでたい色なので、きっと好まれるのでしょうね。

 

とは言え、淡い色の桜の花も負けず人気があります。

こちらではもう桜の花も咲き始めています。

中国の桜

たくさんの道行く人がケータイ・スマホで写真を撮っていました。

中国の桜をスマホで写真に撮る人たち

 

こちらの人々は写真を撮るのが大好きなんですが、日本とちょっと違うんです。

日本だと、仲間で何人か整列して、すました笑顔で写真を撮ると思いますが、こちらでは単独ショットがほとんど!

しかも、思い思いにポーズをとりながら写真を撮ったり撮られたりと、まるでモデルさんの撮影大会のようです。。。

 

さてさて、もう少し歩いていくと、どこからかバシッバシッという音と、にぎやかな音楽が聞こえてきました。

音に誘われて見に行ってみると…

そこでは、数人のおじさんが駒まわし陀螺をしていました。

中国の公園で金属コマを回す老人たち

日本だとコマ回しはお正月の遊びですが、このおじさんたちはお正月だからコマ回しをしているというわけではないそうです。

ほとんど毎日健康のために運動健身运动をしているのだとか。

運動?

おじさんたちの表情は真剣そのもの、力いっぱい鞭を振り回して駒をまわしています。

これは確かに運動ですね~

このコマ、最近はいろいろな素材や大きさのものがあって、まわすと光るものもあります。

おじさんたちがまわしている駒は金属製で重さは1つ4~5キロもあるのだとか。

しかも、まわすと自動で音楽が大音量で鳴ります。

無駄にハイテクなコマです。おじさんたちも男子だな~という感じです^^

鞭のパシーンパシーンという響き渡る音と激しいのりのりの音楽で、圧倒されてしまうほどでした。

さしずめ、巨大ベーゴマというところなんでしょうかね。

日本のお正月の独楽まわしとは相当な違いです(^^;

 

公園のまた別の一角を見てみると、おじさんたちが集まってトランプ打扑克をしていました。

中国の公園でポーカーをする男性たち

屋外トランプ、一見健全そうに見えなくもないですが、中国で大人がトランプと言えば、まず賭けトランプです。

お正月時期だけならいいんですけどね、このおじさんたち、普段も昼間っから掛けトランプやってるんだろうな~(^^;

 

ここでは都会から遠く離れた中国の田舎ならではの、のんびりとした時間が流れています。

-中国出張, 季節の風景

この記事を書いた人

C-STUDY管理人。フリーランスのプログラマー+中国語通訳翻訳+ブロガーをやってます。中国語は独学でHSK8級+中検準1級。中国・中華圏を中心に東アジア~東南アジアが活動範囲です。もっと詳しく

共有する

これは役に立つ!面白い!と思ったら共有してくださるとうれしいです。シェアしていただけると、がぜんやる気がでます^^

C-STUDYの定期読者になりませんか?

ブログの更新情報をメールでお届けします。購読は無料、解除も簡単です。 読者数:244人

関連記事