中国の不動産 中国出張 のお勧め記事

[日中双語]在中国租房子(中国で部屋を借りるということ)

2016/09/20

日本ぐらしの長かった老師が帰国して、中国で初めての部屋さがしをしたそうです。日本と中国の部屋さがしの違いについて語ってくれました。

 

第一次自己在中国找了房子,有几个地方觉得和日本很不一样。
中国で初めて自分で家探しをして、いくつかの点が日本とは大きく異なっていると感じた。

中国で部屋さがし

 

在日本租房时,新的房子里,几乎没有任何家具。
日本で家を借りる時、新しい部屋には家具はほとんど何も備え付けられていない。

所以需要自己购买。
自分で買い揃えなければいけないのだ。

DF4096CC-74BC-4D7A-B005-4CE258BB2FCF - コピー

本来觉得自己购买很花时间,金钱,而且离开的时候也需要处理掉,会很麻烦。
日本にいた頃は、自分で買い揃えるのは時間もかかるしお金もかかる、出て行く時には処分しないといけない、とても面倒なことだと思っていた。

不过,在中国的这个城市经历了租房后,想法有点改变了。
でも、中国のこの街で家探しを経験して、その考えをいくらか改めることになった。

因为这里的房子几乎都是配有家具的,想着这样就不用自己买家具,走时也不用处理什么,像他们宣传的那样‘可以拎包入住’。
ここのアパートは家具付きがほとんどで、それなら自分で家具を買い揃える必要もないし、出て行く時にも何も処分しなくてよいのだから、宣伝で言っているような「ハンドバックひとつでお引っ越し」ができるのだと思っていた。

中国の不動産会社

本以为会很轻松。
それが楽チンなのだと思い込んでいた。

没想到很大的难题是,这些家具都是房东自己配置的,他们基本不会考虑入住者需要什么,只是按自己的想法去买,
思ってもみなかった大きな問題は、備え付けの家具は大家が自分勝手に揃えたもので、大家は基本的に入居者のニーズなんて興味はなく、自分のイメージだけで買い揃えていること。

结果很多家具都是自己不喜欢,或有的根本不能用,觉得它们的存在只是占地方想处理掉。
結果としてほとんどの家具は自分の好みとは合わないか、そもそも使い物にならないので、ただの邪魔者にしか思えず、処分したいと思うばかり。

image (2)

但是因为这是房东的东西,又不能扔掉,租的房子就成了房东的仓库的感觉。
けれども、これらの家具は大家の持ち物なので、処分する訳にもいかず、自分の部屋を借りたはずなのに、大家の物置に間借りしているような気分になってしまう。

而且没有这是自己的家的感觉。
ここが自分の家、という気分になれないのだ。

经历了这个,觉得日本的出租房可以按自己的喜好去配置家具真的很好。
この経験から、日本の賃貸アパートのシステム、自分の好みで家具を置けるというは、実はとてもいいことなのだと感じた。

 

还有日本的出租房,入住的时候已经被打扫地很干净,也看不到前面住的人的生活的影子。
また、日本の賃貸アパートでは、入居時にはきちんと掃除されていて、前に住んでいた人の生活の面影は全く残っていない。

在这里,前面的入住者不会打扫干净再离去,住进去时要边处理前面的人留下的垃圾,边自己打扫干净。
ここでは、前の入居者が退去時にきちんと掃除して出て行くことはないから、入居時には前の住人が残していったゴミを片付けながら、自分で大掃除をしないといけない。

Downloads1

 

还有,在日本租房几乎不会和房东,也就是拥有那个房子的人见面。
さらに言えば、日本でアパートを借りる時、大家つまりその部屋の持ち主と会うということはまずない。

中介公司会帮助处理所有问题。
不動産会社が間に立って問題を扱ってくれる。

但是在这里需要跟房东直接联系交涉,所以在中国找房子时,不仅要看房子,也要看好房东。
しかしここでは、自分で大家と連絡を取ったり交渉したりする必要があるのだ。それで、中国で部屋を借りる時には、部屋だけでなく大家もきちんと見ておかないといけない。

2506410025_89e2e158ee_zphoto by Ernie

因为,好的房东会配合帮助修理房子,按自己的要求添置一些东西。
なぜかと言うと、いい大家であれば部屋の修繕に協力してくれるし、こちらの希望に合わせた家具や家電などを幾つか用意してくれるかもしれない。

要是不好的房东,很不配合也不好沟通。
しかし、大家があまりいい人でないと、何事にも非協力的であるばかりか、コミュニケーションにも支障が出てくる。

 

即使房子好,也可能住的不开心。
いい部屋だったとしても、心地よい生活にはならないかもしれないのだ。

-中国の不動産, 中国出張

この記事を書いた人

C-STUDY管理人。フリーランスのプログラマー+中国語通訳翻訳+ブロガーをやってます。中国語は独学でHSK8級+中検準1級。中国・中華圏を中心に東アジア~東南アジアが活動範囲です。もっと詳しく

共有する

これは役に立つ!面白い!と思ったら共有してくださるとうれしいです。シェアしていただけると、がぜんやる気がでます^^

C-STUDYの定期読者になりませんか?

ブログの更新情報をメールでお届けします。購読は無料、解除も簡単です。 読者数:244人

関連記事