台湾グルメ 台湾旅行 のお勧め記事

アイスモンスター?台湾風ふわふわ かき氷 「綿綿氷」を食べてみました

2016/09/22

中国人は一般に冷たいものを食べないと言われますが、中国といっても南北では気候が全く違います。南の方の人たち、特に若い人たちは、冷たい食べ物も大好きですよ。こちらで食べられる一風変わったアイスクリームをご紹介しますね。

先日、お友達と小吃街(中国版屋台村のようなところ)でお昼ごはん中午餐を食べた時のことです。

Haikou Qilou Snack Street

せっかくなので、スイーツ甜品もいただくことにしました(^^

綿綿冰photo by Blowing Puffer Fish

そこで見つけたのが、不思議な形と食感のふわふわアイス「绵绵冰」です。

写真左側の紫色のアイスはタロイモ味の「香芋绵绵冰」、右側の黄色のはマンゴー味の「芒果绵绵冰」です。

綿綿氷

この「绵绵冰」とは、台湾発祥のスイーツで、細く細く糸のように削ったかき氷刨冰のことのようです。

台湾では「アイスモンスター」などのお店が有名なようですね。

この「绵绵冰」は、材料に使っている氷が、普通のかき氷のように水だけを凍らせたものではなくて、シャーベット雪葩に近いものを使っているようです。そして、かき氷機刨冰器も見たところ特別のものを使っているようです。

 

ですから、「かき氷」という名前で想像するのとはちょっと違って、食感は「ふわふわなアイスクリーム」と言った感じでした。左側のタロイモ味は激甘でした(><

日本ではシンプルなかき氷が好まれますが、台湾に行くと本当に色々な形に「進化」したかき氷があります。台湾の人たちのかき氷への探究心はすごいと思いますよ!

12087577024_7808ed6102_zphoto by Connie Ma

みなさんも中国の南の方に旅行に行かれたときにはぜひ本場のアイスモンスター、試してみてくださいね。

-台湾グルメ, 台湾旅行

この記事を書いた人

C-STUDY管理人。フリーランスのプログラマー+中国語通訳翻訳+ブロガーをやってます。中国語は独学でHSK8級+中検準1級。中国・中華圏を中心に東アジア~東南アジアが活動範囲です。もっと詳しく

共有する

これは役に立つ!面白い!と思ったら共有してくださるとうれしいです。シェアしていただけると、がぜんやる気がでます^^

C-STUDYの定期読者になりませんか?

ブログの更新情報をメールでお届けします。購読は無料、解除も簡単です。 読者数:246人

関連記事