中国グルメ 中国出張 日本の食べ物 のお勧め記事

中国で日本のビールが飲みたい!KIRIN一番搾りは日本に近い味でオススメ

2016/10/03

中国のビールはアルコール度数が低くて、真夏に水のかわりに飲むにはいいのですが、時にはやはりコクのある日本ビールが飲みたくなります。中国(現地生産)の一番搾りを買ってみました。

日本の食品でも現地生産と直輸入では味が違う

前の記事(中国で本物のキッコーマンが高すぎて買えなかった話)で、中国で手に入る「日本の食品」には、直輸入(原装进口)ものと現地生産本地生产ものがあることをお話ししました。

当然、私たち庶民の手が届くのはせいぜい「現地生産」ものですが、それでも最近は色々な日本企業日企の製品が手に入るようになり、本当に助かっています。

中国国内で販売するための現地生産を行っている日本企業をちょっと調べてみたところ、次のような大手各社が進出しているようです。

キッコーマン

関連記事:中国amazonでキッコーマン醤油を買ってみた

中国版キッコーマン醤油

グリコ

関連記事:中国のプリッツ「百力滋」

中国のプリッツ

日清食品

中国の日清カップヌードル

ヤクルト

関連記事:中国のヤクルトはビッグサイズ!

ヤクルト

資生堂

中国の資生堂

TOTO

関連記事:中国のTOTOショールームでウォシュレットを見てきました

中国のウォシュレット

キューピー

関連記事:中国のキューピーマヨネーズ

中国のキューピーマヨネーズ

他にも色々な日本企業が中国市場に進出し、頑張っています。すばらしいですね。

おっと、すみません。ビール啤酒の話をしていたのを忘れていました。

 

さて、日本のビールメーカーも何社か中国に進出しています。

中国のサントリービールは完全に現地の味

その中でも中国で一番人気の日系ビールと言えば、サントリー(中国語では三得利)です。

中国のサントリービール
photo by gaku.

サントリーの中国進出の歴史は長く、今から30年前(1984年)には既に始まっていたようです。(参照

それから約10年後、ビール専門の現地企業を設立し、本格的に中国でのビール事業を推進しています。そして、その際にサントリービールは「日本オリジナルの味原味」を捨て、現地の味覚にあわせて薄味になっています。その大英断が功を奏し、今ではサントリーは中国で非常に人気の高いメーカーになっています。

でも、私たち現地在住の日本人が求めているのは「できるだけオリジナルに近い味」で、そうするとサントリーは、私たちにとっては中国企業に近い存在なのです。現地の友人たちと飲むような時にはいいのですが、やはりたまには故郷を思い出す日本オリジナルに近いビールが飲みたいと思うものです。

もちろん、そもそも日本のビールがオリジナルのビールと味が全然違うのは知っています。ですから味の現地化はメーカー厂家としては正しい判断なんです。これはただのいち日本人酒飲みのわがままということで(^^;

中国で日本の味に近いビールが(安く)飲みたい

そんな訳で、実際のところ私が望んでいるのは「日本オリジナルの味に近い日本メーカーの現地生産の比較的安いビール」ということが分かってきました。いやはや何ともわがままです……

中国のキリンビール

ところが、実はそんなわがままな私の願いを叶えてくれるビールメーカーがあるのです。それは、キリンビール麒麟啤酒です。

キリンビール中国のサイト

一番搾りもある、が高い…

しかも、一番絞り一番榨までラインナップにあるという素晴らしさ!

ichiban

と言う訳で、さっそく近所で一番搾りを探してみることにしました。

こちらでは、一部の高級な飲食店やホテルなどで一番搾りを飲めることは知っていたのですが、1杯15元~25元(約300円~500円)と値段が高いので、よほどの事がないと手を出さないことにしていました。

中国の一番搾り
photo by Bob Chao

そして、ある問屋さん批发商で聞いてみると、なんと一番搾りも扱っているそうです!ダメ元で探してみて良かった!

このお店から買えば1本あたり6.25元(約120円)です。中びん1本でグラス2~3杯と考えるとかなりお得ですよ(^^)(^^)

完全ではないがかなり日本の味に近い

ちょっとホップ啤酒花が薄いかなという気がしますが、でもかなり日本の一番搾りに近い味です!

中国のキリン一番搾り

この値段で、これだけ日本の味に近いものがあれば十分です。キリンさんありがとう!

皆さんも、中国版の一番搾り、一度試してみませんか?

-中国グルメ, 中国出張, 日本の食べ物

この記事を書いた人

C-STUDY管理人。フリーランスのプログラマー+中国語通訳翻訳+ブロガーをやってます。中国語は独学でHSK8級+中検準1級。中国・中華圏を中心に東アジア~東南アジアが活動範囲です。もっと詳しく

共有する

これは役に立つ!面白い!と思ったら共有してくださるとうれしいです。シェアしていただけると、がぜんやる気がでます^^

C-STUDYの定期読者になりませんか?

ブログの更新情報をメールでお届けします。購読は無料、解除も簡単です。 読者数:246人

関連記事