中国の不動産 中国出張 のお勧め記事

中国の土足問題は、使い捨て靴カバーが解決!?

2016/10/09

靴を脱ぐ習慣のない中国ですが、私たち日本人としてはやはり、土足で家に入りたくはないもの。そんな時に、用意しておくといいものがあります。

中国では(基本的に)靴は脱がない

中国のほとんどの地方では靴を脱いで家に上がるという習慣がありません。ですから中国の家には普通、玄関ホールも下駄箱もありません。玄関ドア门口を入るとすぐにリビング客厅ということが多いように思います。

中国マンションの室内

ただ、私たちとしては土足で家の中を歩きまわるというのはどうしても慣れないのと、こちらで外を歩くと靴がかなり汚れるので、やはり家の中は土足禁止にしています。

現地の友人たちに土足禁止を伝えるのも一苦労です。説明すれば分かってはもらえるのですが、もともとそういう習慣がない人たちですから、次に来たときにも、うっかりそのまま家に入ってきてしまいます。彼らにとって、我が家以外には土足禁止の家はないのですから、仕方のないことです。

土足禁止を中国語で伝えるには?

「土足禁止」や「土足厳禁」と言った日本独自のマナーを中国語で一言で説明するのは難しいものです。
中国人に限らず外国の方は私たちの習慣を知らないですので、直訳して请不要穿着鞋进屋(靴を履いたまま家に入らないでください)などとすると、怒られているように感じてしまうかもしれません。
それよりも、「して欲しい」ことを伝える文面に直して、进屋请脱鞋(家に入る時は靴を脱いでください)や、请换上拖鞋(スリッパに履き替えてください)などと表現するといいでしょう。

土足禁止を徹底するための闘い

自宅で、現地の友人たちと日本語の勉強会をしたりすることがあるのですが、次から次へとお客さんが来たりすると、なかなか土足禁止は徹底するのが難しいです。リビングでみんなでお茶を飲んでいてしばらくしてから、1人が「あれ、あなた靴のままで入ってきたの?」みたいなこともあったりします(^^;

と言っても誰かが玄関に貼り付いている訳にもいかず、これまでに色々な工夫をしてみました。

まずは玄関ドアを入ってすぐのところにテープでマーキングをして、仮想の玄関ホールを作るという方法。でもこれは、そもそもマーキングの意味に気づかないどころか、マーキングしてあることにすら気づかない人がいるため効果なし。

次に、玄関入ってすぐのところにスリッパ拖鞋を並べて置く方法。スリッパを見た人は、ほぼ確実に履き替えてくれます。が、スリッパが並んでいなくてカゴ篮子に入っていたりすると、そこから出して履くような人はまずいません。並べたスリッパが「売り切れ」ないようにやはり誰かが見ていないとダメでした。

中国スリッパphoto by Wei-Chun (維君) Chang (張

もう一つ試したのは、玄関を入ったところの壁に「スリッパに履き替えてください请换上拖鞋」と張り紙をする方法。自分の家に張り紙をするのには非常に抵抗があったのですが、背に腹は代えられず…。でも、玄関入って横の壁をわざわざ見る人なんていませんでした。残念!

土足禁止 中国語photo by YLHsieh

最後の手段として、玄関を入ったところに衝立を立てて1度に1人ずつしか入れないようにし、衝立に張り紙をすることに。入ってきた人は、張り紙を見るか、自分の前の人がスリッパに履き替えるのを見るかで、これでとりあえず土足問題は一件落着となりました。

ブーツ女子と修理のおじさんを解決する「靴カバー」

さて、次なる問題は「ブーツ女子」と「修理のおじさん」です。まず、冬になるとこちらでも「ブーツ女子」が増えてきます。ブーツ长筒鞋は脱ぐのに時間がかかるので、どうしても玄関の渋滞のもとになります。そして置き場所にも結構困ってしまったり。

ブーツphoto by Col Ford and Natasha de V

そして「修理のおじさん修理工」、こちらはやはり家の物が故障することが多く、修理のおじさんに来ていただくことが多いのです。

中国の温水器の修理方法

ただ、失礼を承知で申し上げると、彼らに我が家で靴を脱いでいただくのにちょっと抵抗を感じることが時折、いやかなりあります…要するに、足が臭いってことです><

そんなおじさんが我が家のスリッパを使用された日には、そのスリッパは洗うか、廃棄処分となってしまう運命になります。いや大げさじゃなくて、まじめに匂いが取れないんです(T.T)

使い捨て靴カバー

そんな悩みをお抱えの皆さん(私です)にご紹介するのが、この商品!

靴カバー

まだ日本ではほとんど見かけないと思いますが(これからも見かけませんかね)、諸外国ではもう一般的な、靴カバー(鞋套)です!

これさえあれば、スリッパ要らず。日本人と違って現地の友人たちは、「靴を脱がずに済むならその方がいい」という人が多いので、これを用意しておくととても喜ばれます。ブーツも脱がなくていいし、めちゃ楽チン!

修理のおじさんたちも、スリッパだとどうも居心地が悪いようで、この靴カバーだと気持よく作業してくれることが多い気がします。

使い捨て一次性で、100枚12元(約240円)でした。

使い方は超簡単!こんな感じです。

靴カバー装着例

ビニール袋塑料袋の口にゴム松紧带が入っているので伸縮自在、靴の上からさっとかぶせればIt's OK!

こちらの家はタイル張りで、冬はかなり底冷えします。冷え性怕冷女子も家の中で靴を脱がないでいられるし、部屋も汚れず一石二鳥。冬は特にスリッパよりもこの靴カバーのほうが喜ばれます。

ただ、写真を見て察した方も多いと思いますが、安物は質が悪いのが多く、特に口ゴムはゴムのようでゴムでないという感じで、いつの間にか脱げてしまうのが難点ですが…安物買いの銭失い一分钱一分货とは良く言ったものです^^

-中国の不動産, 中国出張

この記事を書いた人

C-STUDY管理人。フリーランスのプログラマー+中国語通訳翻訳+ブロガーをやってます。中国語は独学でHSK8級+中検準1級。中国・中華圏を中心に東アジア~東南アジアが活動範囲です。もっと詳しく

共有する

これは役に立つ!面白い!と思ったら共有してくださるとうれしいです。シェアしていただけると、がぜんやる気がでます^^

C-STUDYの定期読者になりませんか?

ブログの更新情報をメールでお届けします。購読は無料、解除も簡単です。 読者数:244人

関連記事