中国と健康 中国出張 のお勧め記事

普及はこれから?中国でTOTOのウォシュレットを見てきました

2016/09/20

中国人に人気の日本みやげのトップランキングに入るほどの「ウォシュレット」。最近は現地でも販売を強化しているようで、私の町にもオシャレなTOTOのショールームができていたので、さっそく潜入して色々と尋ねてみました。

中国のトイレ事情

中国のトイレ事情と言えば「ニーハオトイレ」なんていうあまりうれしくないニックネームが付いていたりするほどで、今でも農村部や、都市部でも古い住宅地胡同などではそうしたトイレも残ってはいるのですが、

中国の伝統的公衆トイレphoto by >>> Silly Rabbit, Trix are fo

ここ中国は、日本人の想像以上に格差社会で、都市部の裕福な人たちの間ではこうした高付加価値な商品高端产品が流行り始めています。

中国デパートのトイレ

「トイレ」は中国語で?

ちなみに、「トイレ」はどの言語でも様々な婉曲表現がありますね。日本語でも「かわや」「ご不浄」「便所」「トイレ」「お手洗い」「化粧室」などと数多くの表現があります。おおむね左に行くほど「古い=直接的」で、右に行くほど「新しい=間接的」と言えるかもしれません。

中国語で「トイレ」を表す表現も様々です。いくつか挙げてみましょう。

厕所

中国の公衆トイレphoto by Tomas Maltby

厕所:一番一般的な表現です。上厕所で「トイレに行く」という意味になります。ある中国人の意見では「最近の人、特に女性はあまり使いたがらない」そうですが、日本語の「便所」よりはまだまだ使われているように感じます。そうすると日本語の「トイレ」に近い立ち位置でしょうか。

洗手间

中国の公衆トイレ看板

洗手间:今のところ一番無難な表現でしょうか。日本語で言うと「お手洗い」と立ち位置が近いでしょうか。

卫生间

中国の公衆トイレ看板

卫生间:あまり話し言葉で使う人はいないような気がしますが、案内看板标牌などにはよく使われているので、知っておくといいですね。日本語の「化粧室」も似たようなポジションにいるかもしれません。

このあたりは出身地や育った環境によってだいぶ感覚が違うので、自分の周りにいるネイティブ何人かに尋ねてみると面白いですよ。

TOTO中国のショールームに行ってみた

少し前に、TOTO东陶のショールーム展示厅を訪ねてみました。

中国のTOTOショールーム

ウォシュレットは地方都市ではまだこれから

このショールームは、トイレ製品、特にウォシュレット卫洗丽をメインに扱っているようでした。

ただ、私たちの街では認知度はまだまだと言った様子で、ショールームもガランとしていました。

良い機会なのでお店の人を捕まえて色々と質問してみたのですが、店員さんも詳しい機能はわかっていない様子でしたので、これからですね。

日本のウォシュレットも、普及までにかなりの時間がかかったようですから、仕方がないかもしれません。

 

これがショールームにあったウォシュレット設置見本です。地味なディスプレイで、「分かる人には分かる」と言った様子でした。

日本でも「ウォシュレット」は商品名で、製品分類は「温水洗浄便座」になりますが、このお店での製品分類は「智能便盖」と書かれていました。訳すと「スマート便座」でしょうか。

中国では今、「スマート智能◯◯」というのがちょっとした流行語のようになっていますから、それにあやかっているのかもしれません。

中国のウォシュレット

中国のウォシュレットの値段

値段はこのタイプ(暖房便座便座保温+温水洗浄自动清洗+乾燥機能暖风烘干)で便座便盖と便器马桶も含めて約8000元(約15万円)でした。

操作部も中国語だらけですね!

ウォシュレット操作部の中国語

こうした日本企業のお店を訪ねて、色々と尋ねてみるのは、中国語の勉強にもなりますのでお勧めの方法です。

皆さんもこちらに来られたら、ぜひ試してみてください。

-中国と健康, 中国出張

この記事を書いた人

C-STUDY管理人。フリーランスのプログラマー+中国語通訳翻訳+ブロガーをやってます。中国語は独学でHSK8級+中検準1級。中国・中華圏を中心に東アジア~東南アジアが活動範囲です。もっと詳しく

共有する

これは役に立つ!面白い!と思ったら共有してくださるとうれしいです。シェアしていただけると、がぜんやる気がでます^^

C-STUDYの定期読者になりませんか?

ブログの更新情報をメールでお届けします。購読は無料、解除も簡単です。 読者数:246人

関連記事