中医・中薬 中国と健康 中国出張 のお勧め記事

ヤマイモは中国の名薬「四大怀药」の一つ、でもニセモノに気をつけて

2016/09/22

日本ではとろろご飯やそのまま醤油をかけて食べることが多いヤマイモですが、中国では様々な使い方をされています。そしてなんと、漢方薬としてもよく使われるんです。

中国の山芋

山芋は中国語で「山药」と言います。

山芋?長芋?大和芋?

山芋の仲間は、日本語では「山芋(ヤマイモ)」、「長芋(ナガイモ)」、「大和芋(ヤマトイモ)」、「自然薯(ジネンジョ)」などと色々な名前で呼ばれますが、中国語ではすべて「山药」と呼ぶようです。

7748721706_179da11c62_zphoto by kattebelletje

日本でも「ナガイモ」と「ヤマイモ」は混同されることが多く、スーパーで売っているのはほとんどが「ナガイモ」ですが、中国でも一般の食材としては「ナガイモ」が主に使われています。

ナガイモと本物の「ヤマイモ」は違う種類の植物なのだそうです。(参考:Wikipedia

中国流 長芋・山芋の食べ方

日本ではナガイモを生で食べることが多いですが、中国ではあまり生では食べません。

中国では「食品を生で食べると身体を冷やす(身体に良くない)」と信じられているので、大抵の食品は熱を通してから食べることがほとんどです。そして、ナガイモも例外ではありません(^^そのまま食べる場合も、ほとんどは一度蒸してから食べます。

中国のレシピサイトを見てみると、山药の煮物、スープ、炒めものなど様々なレシピがあります。

どうしても「とろろご飯」ばかりになりがちなナガイモ、色々な料理法を試してみるのもいいですね。

豚肉と長芋のスープ

例えば、寒い日には「豚肉とナガイモのスープ猪骨山药汤」なんてどうでしょう?

ヤマイモ(ナガイモ)と豚肉のスープphoto by Celestial_Troupe2012

鍋に水を張り、豚肉(できれば骨付き肉)のぶつ切り、生姜のスライス、ローレル1枚を入れて煮立たせたら30分ほど煮込みます。その後でとうもろこし(芯つきを輪切りに)、皮を剥いて乱切りにしたナガイモの順に入れていき、塩で味を整えたらできあがりです。

簡単であたたまりそうですね。ぜひ一度お試しください。

山芋は「山薬」として漢方薬にもなっている

さて、ナガイモとヤマイモは別物という話をしましたが、「ヤマイモ」の方になると、中国では漢方薬中药として珍重されています。

こちらがそのヤマイモ山药です。日本でも「山薬」という名前で漢方薬の処方に入っているようですね。

四大懐薬・ヤマイモ・山薬

中国の「四大懐薬」

中国には「四大懐薬四大怀药」というものがあります。この「懐怀」というのは、現在の河南省北部のあたりを指す地名(怀庆府)です。日本語風に訳すと「河南の4大名薬」とでも言えばいいでしょうか^^

この地方は、気候的に漢方薬の原料の栽培に適していて、ここで栽培された4つの生薬は、はるか3000年も昔から、名薬として知られています。そして西暦前8世紀には当時の周王朝にこの四大怀药が献上され、王室がたいそうこれを気に入り、後の清の時代に至るまで四大怀药は王室献上品として珍重されていました。

後に、日本や山西省などの研究者が、この「怀庆府」の土を持ち帰って、同じように栽培をしようと試みたようですが、いずれもうまくいかず、この地方の風土が四大怀药を名薬としていることが改めて確認されました。(参考:百度百科

その生薬と言うのが、山薬(サンヤク/ヤマイモ、中国語では山药),牛膝(ギュウシツ/イノコヅチ、中国語では牛膝),地黄(ジオウ、中国語では地黄),菊花(キクカ、中国語では菊花)の4種類です。

特にこの地方でとれたものはそれぞれ、怀山药怀牛膝怀地黄怀菊花と呼ばれ、非常に高価に取り引きされています。

路上の山薬売り

さて、河南省の北部に行くと、路上で山药売りを良くみかけます。買うと写真のような箱に入れてくれます。

この種類は「铁棍山药」といって怀山药の中でもさらに高級品とされる種類なんです。

四大懐薬・ヤマイモ・鉄棍山薬

ただ、正直なところ、私も路上で売っている山药はあまり信用していません。ここは中国ですから、何にでもニセモノ假货があります。箱や袋なんてどうにでもなってしまうのが中国です(涙

という訳で、私はあくまで普通の「ヤマイモ」として買っています。路上販売の相場は500g一斤あたり15元~20元(約290円~380円)です。これぐらいならニセモノでも、まあいいかなという値段ですね^^

そのまま蒸して砂糖白砂糖や蜂蜜蜂蜜をかけて食べたり、お粥熬粥」に入れたりするのが中国式の食べ方です。

ヤマイモのブルーベリーソースかけphoto by Kejing GU

ナガイモよりも水分が少なくちょっともちっとした食感で、食材としてもとても美味しいですよ。

みなさんもぜひ、こちらに来て、ヤマイモ料理を食べてみませんか?

-中医・中薬, 中国と健康, 中国出張

この記事を書いた人

C-STUDY管理人。フリーランスのプログラマー+中国語通訳翻訳+ブロガーをやってます。中国語は独学でHSK8級+中検準1級。中国・中華圏を中心に東アジア~東南アジアが活動範囲です。もっと詳しく

共有する

これは役に立つ!面白い!と思ったら共有してくださるとうれしいです。シェアしていただけると、がぜんやる気がでます^^

C-STUDYの定期読者になりませんか?

ブログの更新情報をメールでお届けします。購読は無料、解除も簡単です。 読者数:243人

関連記事