中国グルメ 中国出張 日本の食べ物 のお勧め記事

ぶっかけうどん+なす天を中国の丸亀製麺で食べてきた

2016/09/20

中国にはたくさんの美味しい中華料理が食べられますが、やはり時には和食も食べたいもの。そんな日本人の声に応えるように、最近は中国のあちこちに「丸亀製麺」が!中国語のメニューの勉強にもなるので、さっそく行ってきましたよ。

中国で日本の味が恋しくなったら丸亀製麺

中国ぐらしが長く続くと、ずっと中華料理中国菜が続いてしまい、たまに無性にだしの効いた汁が食べたくなりますww

そんな時は丸亀製麺(中国後では、丸龟制面へ!

丸亀製麺は2012年から中国に進出していて、大都市にはすでに大人気なのだとか。

そして、実はこの街にも何軒か出店していた訳なのですが、遅ればせながら本日、中国の丸亀製麺に初挑戦!

家からそう遠くない、フードコート内の店舗にお邪魔しました。

中国の丸亀製麺

お店の名前の横には「讚岐乌冬面专门店」(さぬきうどん専門店)と書いてあります。

事務局から
このお店の中国語は「日本っぽさ」を出すためか、ところどころでわざと一般的でない中国語の使い方をしているようです。ここに出てくる中国語、特にメニューの名前などはそのまま中国の人に話しても通じない可能性があるので、注意してくださいね(^^

お店のディスプレイもなんか「日本らしい」ものを飾ってあって、中国人のお客さんにもアピールしてるんでしょうね。

日本と同じスタイル、同じ味が中国人にも大人気

お店に入ったら順番に並んで排队メニューを注文する点菜スタイルはもちろん、味味道も日本と全く同じ。

中国の丸亀製麺メニュー

周りに座っているのが中国人であるということ以外は、まるで日本にいるかのよう!

中国人・・・?

そうなんです。このうどん乌冬面+だし高汤の味、意外と地元の中国の人たちにも人気なんですよ!驚きです。

うどんメニューの中国語

日本と全く同じメニューもあるのですが、中国向けにアレンジしたメニューもあって、そちらを好んで食べている地元の人たちも多くいました 。

日本のうどん(日式乌冬面)

上の写真のメニューだと左側の4つ「原汁原味哈日范儿(オリジナルテイストの日本ファンスタイル)」が日本と同じメニューです。

哈日は「日本(の現代文化が)大好きな人たち」、范儿は「スタイル」という意味のようですよ。

釜あげうどん

锅捞乌冬面

かけうどん

清汤乌冬面

ざるうどん

竹屉冷乌冬面

ぶっかけうどん

浓汤乌冬面

肉うどん(肉盖乌冬面)

上の写真の左から2つ目のグループ「无肉不欢族(肉がなきゃダメ派)」は、その名の通り肉うどんです。ここのメニューのうち3つに「人气」とシールが貼ってあります。やっぱり肉ないと物足りないですよねw

牛肉うどん

牛肉乌冬面

とんこつうどん

高汤乌冬面

牛肉トマトうどん

牛肉番茄乌冬面

牛肉釜玉うどん

牛肉蛋拌乌冬面

それから、こちらにも釜玉うどんはあるのですが、さすがに生卵は使えないので、温泉卵温泉蛋を使っているようです。中国の人は半熟卵も苦手な人もいるぐらいですが、温泉卵なら比較的受け入れられるのでしょうか…?

ガッツリ系(重口味)

真ん中のグループ「重口味联盟・辛(ガッツリ連盟・辛口)」ですが、グループの名前がいちいち面白いですw。

「マーボうどん」はまだちょっと許せる組み合わせかな。それから、「酸っぱいスープ」。うどんのスープが酸っぱいって、ちょっと想像できません><!試す勇気もありませんw

カレーうどん

和风咖喱乌冬面

酸っぱいスープの牛肉うどん

酸汤肥牛乌冬面

マーボうどん

麻辣乌冬面

野菜系(蔬菜类)

野菜うどんも1種類ありました。「素食主义控(ベジタリアン)」と書いてあります。

というのは「ボディコン」とか「マザコン」とかの「コンプレックス」の音訳だそうです。

野菜うどん

野菜乌冬面

ご飯物(米饭类)

最近は日本の丸亀製麺でもあるみたいですが、こちらの丸亀製麺では以前から牛丼,カレーライスを扱っています。中国では和風ラーメンチェーンでも回転寿司にもカレーライスが置いてあるそうなので、中国で「和食=カレーライス」というイメージが定着してしまっているのかもしれませんw

牛丼

日式牛肉饭

カレーライス

咖喱饭

新メニュー(新菜)

豚軟骨うどん

猪软骨乌冬面

牛肉トマト丼

牛肉番茄饭

麺がちょっと残念

ただ、味はいいのですが、麺が白玉うどんなんです。。

コシ劲道のあるうどんだったら文句ないんですけどね〜

こればっかりはしょうがないですね♪

でも、中国の「食べログ」的サイトを見ると、「麺のコシが最高!」とか「麺がシコシコしてて美味しい!」なんてレビューがそこそこあるので、このぐらいのコシが中国の方には適正なのかもしれません。

値段は日本とほぼ同じ=ちょっと贅沢

今回のメニューは かけうどん清汤乌冬面 並小碗 15元と、なす天茄子天妇罗5元で合計20元(約380円)でした。今のレートだと、日本とだいたい同じぐらいの値段になりますね。

中国の丸亀製麺でナス天・かけうどん

ローカル食堂でいつも済ませる貧乏学生には、ちょっこっと贅沢なランチでした♪

でもこの値段で和食が食べられるのは本当にありがたいです。丸亀製麺さんありがとう!

-中国グルメ, 中国出張, 日本の食べ物

この記事を書いた人

C-STUDY管理人。フリーランスのプログラマー+中国語通訳翻訳+ブロガーをやってます。中国語は独学でHSK8級+中検準1級。中国・中華圏を中心に東アジア~東南アジアが活動範囲です。もっと詳しく

共有する

これは役に立つ!面白い!と思ったら共有してくださるとうれしいです。シェアしていただけると、がぜんやる気がでます^^

C-STUDYの定期読者になりませんか?

ブログの更新情報をメールでお届けします。購読は無料、解除も簡単です。 読者数:246人

関連記事