中国出張 季節の風景 のお勧め記事

中国の金魚すくいはビッグスケール!

2016/09/22

少し前にこちらのローカル遊園地に遊びに行きました。金魚すくいをやっていたのですが、日本のものとはずいぶんと様子が違ってオドロキました。

中国のローカル遊園地にあった金魚すくい

こちらの遊園地游乐园(と言ってもローカルの小さな遊園地ですが)に、地元の友人たちと出かけました。

園内をブラブラと歩いていると、金魚すくいの看板を発見。

金魚すくいと言うと日本人は、

金魚すくいphoto by MIKI Yoshihito

こういうのを思い浮かべます。

4564322844_294de7d7b2_bphoto by Nullumayulife

このポイ纸网がすぐに破れてしまって、子どもにはなかなか難しかったのを覚えています。

ポイには習字などに使われる半紙が貼られているのだそうです。すぐに水にふやけて破れてしまうのも納得です。

 

さて、私が見つけた中国版金魚すくいで、どの金魚にしようか狙いを定める少年。

その横顔からチラリと伺える視線には天性のハンターの素質が…あまりなさそうですが、それよりも気になるのは彼の手にある網。

中国の金魚すくい網

日本の金魚すくいでその網を使ったら間違いなくピピーっ!反則!

ただしかしここ中国で、あの破れやすい「ポイ」で金魚すくいをやったら、クレーム必至でしょう。

「わざと破れやすい紙使っただろ!」

「枠にちゃんと貼り付けてなかったからすぐに剥がれた!」

「何もやってないのにとれた(T_T)」

・・・うん、中国では普通の網がいいと思います。

 

2人目の少年は、少し柄の長い網を持っているような気がします。

こちらの金魚すくいも、年齢によってハンデをつけてもらえるのでしょうか。

※実は日本の金魚すくいも、屋台によっては子どもの年齢によって破れにくい「ポイ」にしたりハンデをつけてくれるのだそうです。

中国の金魚すくい

いや、柄が長いのはいいですが、ちょっと池におっこちそうで危ない…

って言うか、なんで池そんなに深くするかな…

 

 

中国の金魚すくいは子ども用プールを流用…

実はこれ、子ども用プールを流用して作った金魚すくいだったのです。

中国の金魚すくい

 

ポイで難易度を上げるのは難しいので、プールを深くして難易度を上げているのか、

金魚すくい用の池を作るのが面倒なので、子ども用プールで間に合わせたのか。

 

どちらにしても、きっと誰か、落っこちちゃった子どもはいると思んですよね(><

 

金魚すくいは中国語で何と言う?

さて、この金魚すくい、中国語で何と言うのか、周りにいる友人たちに聞いてみました。

聞いてみたのですが、そもそも、金魚すくいという遊びは中国では馴染みがないそうで、みんな「それは食えるのか?」状態。

いや、確かに見た目はスーパーの「小魚取り放題タイムセール」に見えるかもしれませんが、これは食べる魚ではなく、観賞用の金魚でして…

 

ということで、諸説入り乱れて収集がつかなくなったのでネットで検索(ーー;

捕金鱼(金魚とり)

捉金鱼(金魚つかまえ)

捞金鱼(金魚すくい)

の3つが代表的な中国語訳のようです。

 

日本語に一番近いのは「捞金鱼」ですが、ここで気に留めておきたいのが日本語と中国語の表現の「濃度」の違い。

日本語は抽象的・間接的で、中国語は具体的・直接的

日本語は物事をできるだけ抽象的・間接的に表現することをよしとしますが、中国語は物事をできるだけ具体的・直接的に表現することが好まれます。

 

ですから、「捞金鱼」だと中国語的にはちょっと言葉足らずな感じがします。

何のために「すくう」のか、すくった後はどうするのか?この辺りまで答えると中国語としてはスッキリした表現になります。

と、言うことで、中国語ネイティブの感覚からしてしっくりくるのは「捕金鱼」ぐらいでしょうか。

王浩智先生の「日本語から学ぶ中国語、中国語から学ぶ日本語」という本に「お風呂に入る」→「洗澡」という例があります(p.15)。
日本語では「身体を洗う」ことを「お風呂に入る」と言う間接表現で済ませるところ、中国語ではそのものズバリ「洗澡」と言う、日本語と中国語の濃度の違いをよく示す例です。

 

具体的・抽象的という視点から中国語と日本語を見比べると、面白い発見がたくさんあると思いますよ。

-中国出張, 季節の風景

この記事を書いた人

C-STUDY管理人。フリーランスのプログラマー+中国語通訳翻訳+ブロガーをやってます。中国語は独学でHSK8級+中検準1級。中国・中華圏を中心に東アジア~東南アジアが活動範囲です。もっと詳しく

共有する

これは役に立つ!面白い!と思ったら共有してくださるとうれしいです。シェアしていただけると、がぜんやる気がでます^^

C-STUDYの定期読者になりませんか?

ブログの更新情報をメールでお届けします。購読は無料、解除も簡単です。 読者数:244人

関連記事