スタバ 中国グルメ 中国出張 のお勧め記事

中国のスタバでコーヒーセミナーに参加、ブラックエプロンもいました。

2016/10/09

先日、友人からスタバのコーヒーセミナーに招待をいただきました。中国でもコーヒーセミナー、やってるんですね。しかもブラックエプロンもいるとは。こんな中国の地方都市にもコーヒーが浸透してきつつあるようです。

ある日、友人からWe Chat微信でこんなメッセージが送られてきました。

姐姐星期五下午3:00到5:00有时间吗?帮我个忙?那天我有个咖啡教室,需要邀请几个客人喝咖啡,你有时间的话,可以过来吗?

(金曜日午後3時から5時まで時間ありますか?助けて欲しいんですが…。その日コーヒーセミナーがあってお客さんを数人招待しないといけないんです。時間あったら来てくれませんか?)

 

彼女の職場はスターバックス星巴克

 

ってことはあの、「スタバのコーヒーセミナー咖啡教室」に参加できる!

 

ってことはタダでスタバのコーヒーが飲める!!(*゚∀゚)=3

 

 

ということで行ってきました、(中国の)スターバックスのコーヒーセミナー。

 

さて当日、ちょっと時間が迫ってきましたが、私のいる街は、日本で言うと沖縄なみに生活のリズムがのんびり生活节奏很慢なのでと、自分に言い訳しながら出かける準備をしていると友人から電話…

 

你们三点能到吗?要准时开始呢。快点儿!
(3時に着けるの?時間通りに始めないといけないんだけど。急いで!)

 

おっと、こんなのんびり屋さんの街でもスターバックスは標準時間のようです。

キッチリしてますね。いや、本当はこれが当たり前か。

はいはい。急いで行きますね~

 

 

…と、スターバックスに着きました。

中国のスタバ

この街でスタバは、まだまだ高級コーヒーショップという位置づけです。私も滅多に来ることはありません…

関連記事:中国のスタバでアイスラテとキャラメルフラペチーノを頼んでみた

外観は日本と一緒で、なんとなくホッとします…

そして、お店にいる人がなんだか妙にオサレさんばかりなのも、初期の日本のスタバに似ているかも。

 

セミナー開講です。

中国スタバのコーヒーセミナー講師の黒エプロン

ブラックエプロンのコーヒーマスター咖啡大师さんが今日の講師です。

中国にもブラックエプロン黑围裙さんがいるんですね…

 

中国スタバのコーヒーセミナー

さて、テーブルにはちょっとしたフルーツ水果などが用意されていました。

そして、そこに少なめのコーヒー咖啡と、プラスチックのコップ塑料杯に入ったお水が。

 

なるほど、今日はコーヒーセミナーですから、タダでガブガブとコーヒー飲み放題という訳にはいかないようです。

まずはコーヒーの味わい方から教わります…

 

まずは、プラコップに入っている水を少し口に含み、口の中をきれいにします。

中国のスタバのコーヒーセミナー

 

次に、コーヒーの入っているカップを手に取り、もう一方の手でそのカップに3/4ほど蓋をするように覆います。

そして、その1/4の隙間から香りを嗅ぎます。

 
先生から、片方の鼻を塞ぎ、もう片方で香りを嗅いでみてくださいと言われました。

そして、今度は逆側の鼻で同じことを。

 

…あら、不思議!

どちらの鼻で嗅ぐかによって、感じる香りが違うんですね~

 

中国スタバのコーヒーセミナー

次にコーヒーを一口、口に含ませます。

まずは舌の先で甘味甜味

次に舌の側面で酸味酸味

最後に奥で苦味苦味を楽しむのだそうです。

 

これもオドロキ、舌のどこで味わうか、場所ごとに担当(?)の味覚があるのですね…

普段は何も考えず飲んでしまうことが多いので勉強になりました〜

 

他にもコーヒーの起源等についても勉強しましたよ。

 

そして最後にお土産まで頂いちゃいました。

中国スタバのインスタントVIA

 

咖啡大师さん、楽しい時間をありがと~

-スタバ, 中国グルメ, 中国出張

この記事を書いた人

C-STUDY管理人。フリーランスのプログラマー+中国語通訳翻訳+ブロガーをやってます。中国語は独学でHSK8級+中検準1級。中国・中華圏を中心に東アジア~東南アジアが活動範囲です。もっと詳しく

共有する

これは役に立つ!面白い!と思ったら共有してくださるとうれしいです。シェアしていただけると、がぜんやる気がでます^^

C-STUDYの定期読者になりませんか?

ブログの更新情報をメールでお届けします。購読は無料、解除も簡単です。 読者数:245人

関連記事