中国の不動産 中国出張 のお勧め記事

中国でマンションの内覧に行ったはずが「突撃!隣の晩ご飯」だった?

2016/11/06

最近引っ越しをされた卒業生からのレポートです。それにしても中国の家探しはどうにもこうにも奇想天外ですね。
家探しのはずが、中国版「突撃!隣の晩ご飯」になってしまったというお話しをどうぞ(^^
関連記事:中国でマンションのニセ大家と闘った話

 

中国のマンション探しは見学の段階から即決

ある時、不動産屋さんに飛び込みで入って、いいお家があるか聞いたところ、「あるよ、近くだけど今から見に行く?」と聞かれました。

中国の不動産会社
中国の家探しはとにかく条件のいいお部屋はすぐに決まってしまうので、もちろんすぐに見に行くことにします。

不動産屋さんが大家さんに連絡をとってくれ、大家さんと一緒に見に行くことに。

(注:中国の賃貸マンションは、基本的にマンション内の各部屋がそれぞれ別の個人オーナーになっています。日本で言う「分譲賃貸」に相当する形態です。)

大家さんにあれこれと詮索されながら、目的地に到着しました。

中国の夕方

 

見学するマンションの部屋をなぜかノックする大家

で、大家さんがお家をノックします。

中国マンションの玄関

 

ノック?

 

(´・ω`・)エッ??

 

空き家、じゃないの???

 

中から、ドアが開きました。

そして、あろうことかその家の住人が出てきました!

 

まだ人が住んでいる部屋を、アポなし突撃見学!

あれ?と私たちが思っているとお家の人もビックリしてる様子!

なんとアポなし突撃訪問だったようです。そりゃビックリするよ!!

 

しかも、ちょうど夕食の時間で、さらには赤ちゃんが寝てるとのこと(Θ.Θ) zZ…

 

こちらは、まだ人が住んでることも、ましてや突撃訪問だったなんて知らなかったので恐縮しっぱなし。

失礼にも程があるヾ(`Д´)ノ"

 

中国マンションの室内

いややめとくよ、見なくてもいいよ、と不動産屋と大家に言いますが、

2人ともそんなの全然お構いなし!

大丈夫、入れ入れ!の一点張り。

 

仕方なく、せめて赤ちゃんを起こさないように、抜き足差し足で、手前だけ見て引きかえそうとするのですが、

大家たちから「中もちゃんと見て!写真も撮りなさい!」とダメ出しヽ(`Д´)ノ

 

中国のマンションでは空き部屋期間を作りたくないので、前の住人が住んでいるうちから見学を受付

この家の住人たちはもうすぐ引越しの予定で、大家としてはできるだけ空き部屋期間なしに部屋を埋めたくて、前の住人が住んでいる内から見学を受け付けているそうです。

これは中国では珍しくないことらしく、この家の住人たちも、家を見学されることは予期していたようですが、

さすがに赤ちゃんのいる家に、晩ご飯の時間にアポなし見学はないだろう、と…

 

中国の町並み

心臓に悪い見学でした。(;´д`)トホホ…

-中国の不動産, 中国出張

この記事を書いた人

共有する

これは役に立つ!面白い!と思ったら共有してくださるとうれしいです。シェアしていただけると、がぜんやる気がでます^^

C-STUDYの定期読者になりませんか?

ブログの更新情報をメールでお届けします。購読は無料、解除も簡単です。 読者数:245人

関連記事