中国グルメ 中国出張 家庭料理 のお勧め記事

なかなか入り口にたどりつけない?中国の市場を探検してみよう!

2016/09/27

運河沿いにある我が家の近所の市場に散歩がてら野菜を買いに行きました。中国の市場にはいろんなものが売っていて、見ていて飽きないです。

中国ではまだまだ現役の運河

その市場菜市场は運河运河沿いにあります。まずは橋の上から

002

船の上にショベルカー挖土机が載っていて、川底にたまった土砂をすくっています。

日本では起重機船浮吊船という専用の船を使ってやるところですが、器用に組み合わせて使っていますね。

でもきっとバランス崩してドボンと落ちてしまうこともあるでしょうね・・・

手前の青い船は市場からでるゴミ垃圾を収集する船です。

日本では運河がほとんど廃れてしまいましたが、中国ではまだまだこうして現役で生活に密着して活躍しています。

市場の前には大量の出店が

市場の入り口にやってきました。人で大変賑わっていますね!このごちゃごちゃとした感じが、中国を実感させてくれます。

018

入り口にはいろんな出店があります。

さながら築地の場外と言ったところでしょうか。

003

手芸系・・・

まずは手芸系。おにーさん、どこから仕入れてきたんですか??

035

石ころ系・・・

そのお隣は、石ころ系・・・文字通り玉石混淆玉石杂糅と言った様子です。お宝が隠れているかも??

IMG_0955

衣料品系・・・

続いて、衣料品系。ここに来ると並べ方が相当にカオスです。商売する気があるのかないのか・・・

IMG_0957

靴下袜子選びは片方ずつがバラバラになってしまっていて、トランプの「神経衰弱纸牌记忆游戏」状態・・・、これでも買う人がいるのが中国です。

IMG_0953

 

食べ物系・・・

中国の少数民族少数民族の窯焼きナン馕饼がありました。香ばしい香りが漂ってきます!

032

昆虫系・・・

これは何を売ってるのかな?

これは秋の虫、コオロギ蛐蛐とキリギリス蝈蝈ですね。

031

段ボールに「好养到明年春节」と書いてあります。

019

「育てやすいので、来年の春節(旧正月)まで楽しめます。」という意味ですね。中国人の生活の中では今でも旧正月が1年の区切りなのがここからも伺えます。

004

ちなみに上の写真、手前のおじさんがかぶっているグッチ古姿の帽子帽子は本物でしょうか。

中国でも最近では本物のブランドものを身につける人もかなり増えてきましよ。

さらに奥へ・・・

そう言えばまだ市場にはたどりついていないのでした。

おじさんに付いて行って、さらに市場の奥へと向かいます・・・

020

ひしめきあう屋台の間をくぐり抜けて・・・

029

雑貨屋さんもあります。

028

やっと野菜市場に潜入!

やっと野菜市場菜市场に入ります。

IMG_0936

野菜系・・・

元気そうな野菜たちが並んでいます。

025

海鮮系・・・

手前右にあるのはカリフラワー花菜です。

その奥には海鮮(中国では湖や川と言った淡水域のものが多いですが)を扱っているお店が見えます。

021

お店の女性の左側に小さな液晶画面が見えますね。市場では検定に合格した秤だけが使用を許可されていて、重さの誤魔化しなど不正行為がないようになっています。

006

 

麺類系・・・

こちらは麺屋さん面条店。さまざまな中華麺を扱っています。

007

芋系・・・

こちらはお芋系のお店ですね。里芋芋头、ゴボウ牛蒡、長芋山药などが見えます。

026

パノラマでどうぞ!

IMG_0945

スーパーで買い物もいいですが、野菜の新鮮さ、出店の面白さはやっぱり市場ですね!

-中国グルメ, 中国出張, 家庭料理

この記事を書いた人

C-STUDY管理人。フリーランスのプログラマー+中国語通訳翻訳+ブロガーをやってます。中国語は独学でHSK8級+中検準1級。中国・中華圏を中心に東アジア~東南アジアが活動範囲です。もっと詳しく

共有する

これは役に立つ!面白い!と思ったら共有してくださるとうれしいです。シェアしていただけると、がぜんやる気がでます^^

C-STUDYの定期読者になりませんか?

ブログの更新情報をメールでお届けします。購読は無料、解除も簡単です。 読者数:244人

関連記事