ローカルフード 中国グルメ 中国出張 のお勧め記事

【閲覧注意】中国の食堂で豚のアタマが丸茹でに…

2016/09/27

【事務局より】この記事には人によってはショックを受けるかもしれない画像が含まれていますので閲覧には十分注意してください。
ここは中国のとある街、道を歩いていると食堂の店先の大きな鍋で何かを茹でている様子。なんだろうと近づいてみると…

中国的食堂=オープンカフェ?

中国には個人経営の小さな食堂小吃店が数多くあります。

手頃な値段で美味しい(美味しくないこともありますが(^^:)ご飯が食べられるので、地元の人に大人気ですよ。

大抵の食堂は外に向かって開放されていることが多く、外に並べられたテーブルや椅子を利用して食事をしている人も多くいます。さながら中国版オープンカフェ?と言ったところでしょうか

中国の食堂photo by llee_wu

沖縄では豚肉は鳴き声以外ぜんぶ食べる?

ところで、沖縄では「豚肉は鳴き声以外ぜんぶ食べられる」と言いますね。沖縄料理はラフテー(ばら肉)、ミミガー(耳)、ソーキ(アバラ)、テビチ(豚足)、ハナガー(鼻)、チラガー(顔)、ジュー(尾)などなど、珍しい部位を使った料理が多いです。

こうした部位にはコラーゲンを含むものが多く、最近では女性にも人気があるのだとか。

ミミガーphoto by Jun OHWADA

テビチphoto by Hajime NAKANO

牧志公設市場のチラガー

沖縄に行ったことのある人ならよく知っている「牧志公設市場」。ここにはたくさんの小さなお店がならんでいて、その中でもずらっと並んだ「チラガー」はなかなか衝撃の光景です(^^。下の写真でもショーケースの横に「チラガー」がぶら下がってます。
関連記事:

牧志公設市場photo by Hideyuki KAMON

さて、話がずいぶん脱線してしまいましたが、これも読者の方のショックを和らげるためです。いよいよ本題に戻りたいと思います。

 

「オープン小吃」で見かけた豚のアタマの丸茹で

中国のとある街を歩いていたところ、オープン形式の食堂の店先で何かが大釜で茹でられているのを発見!

近づいてみると、そ、それは…

 

とりあえず小サイズで…

kashira_

 

もうちょっと大丈夫な人は中サイズで…

kashira_

 

はい、ブタさんのアタマの丸茹ででした。

 

もうちょっと近寄ってみました。

 

ちょっとショッキングかもしれませんよ…

 

豚のアタマ(カシラ)の丸茹で

 

ブタさんが気持ちよさそうにお風呂に、という訳ではありません…(ノ∀`)アチャー

 

お店の人に、「初めて見たよ~第一次看」と話しかけてみました。

 

お店の人は、「なんで为什么?」ととてもツレナイ反応。

 

食文化ってそういうものですよね~

-ローカルフード, 中国グルメ, 中国出張

この記事を書いた人

C-STUDY管理人。フリーランスのプログラマー+中国語通訳翻訳+ブロガーをやってます。中国語は独学でHSK8級+中検準1級。中国・中華圏を中心に東アジア~東南アジアが活動範囲です。もっと詳しく

共有する

これは役に立つ!面白い!と思ったら共有してくださるとうれしいです。シェアしていただけると、がぜんやる気がでます^^

C-STUDYの定期読者になりませんか?

ブログの更新情報をメールでお届けします。購読は無料、解除も簡単です。 読者数:244人

関連記事