ローカルフード 中国グルメ 中国出張 のお勧め記事

中国のベジタリアン・精進料理「素食」を体験してきました。

2016/09/27

中華料理というと、肉類多めというイメージがあるかもしれませんが、実は野菜中心の生活をしている人も多い中国。そんな野菜料理の究極とも言える中国の精進料理「素食」を香港で体験してきました。リーズナブルに食べられて、そのクオリティの高さにオドロキです。

中華料理は肉だらけ?

餃子饺子、北京ダック北京烤鸭、豚の角煮东坡肉、麻婆豆腐麻婆豆腐、酢豚糖醋猪肉、ホイコーロー回锅肉などなど、確かに日本で人気の中華料理は肉類がメインのものが多いですね。

実は野菜好きの中国人

でも、中国の家庭料理は意外(?)と肉を使わない料理も多いんです。

よく食べられるのは青菜などの野菜をニンニクと塩でさっと炒めたもの清炒で、セロリやレタスなども炒めて食べることが多いです。油とニンニクでコクを出すので、必ずしも肉が入っていなくてもいいのかもしれませんね。
(関連記事:中国一般家庭の料理は炒めもの中心

中国のベジタリアン食「素食」

それとは別に、究極のベジタリアン食として、中国には「素食」というジャンルがあります。

素食三層肉photo by kaurjmeb

この「素食」、元々は宗教的な理由で肉類を食べない人のための、いわゆる精進料理だったのですが、最近は健康的な理由で食べる人が多いそうです。卵も牛乳も使っていないので、厳格なベジタリアン(ビーガン)の人でも食べられます。(上の写真は、大豆で作られた、豚のばら肉「風」の食べ物)

「素食」と言っても「質素な料理」ではありません。中国語の「素食」には「菜食」という意味があります。

香港で「素食」を体験

さて、香港香港で「素食」レストランを体験する機会がありました。

特別なレストラン餐厅ではなく、フェリーターミナルに併設されたショッピングセンターの、レストランフロアにある普通のレストランです。

中港城

 

それだけ、中国人(香港人)にとって「素食」は一般的なのでしょうね。メニューには「素食」以外の料理もあるので、一緒に食べる人も気を使わずに注文できます。

(ちなみに、写真左側に青い船と赤い船が止まっている場所、やたらと金ピカですが、ここはマカオ行きのフェリー乗り場なのだそうです、わかりやすいですね(^^)

「素食」のクオリティ恐るべし

例えば、これは「素食」なのですが、ぱっと見そうは見えませんね。

一見肉のようなものが入っているように見えますが、いわゆる「肉もどき」と言われる大豆加工品です。

しっかり目に味付けされているので、物足りない感じもありません。

香港素食1

 

雑穀ご飯杂粮饭を選ぶこともできます。

スープの中の団子も、フィッシュボールのようにも見えますが、これも「素食」なのだそうです。

香港素食2

 

そして、こうした非「素食」も頼むことができます。

香港昼食1

メニューが「素食」だけではないことを説明するために、あえて肉料理も頼ん…だのではなく、やっぱり肉が食べたかったので私は肉料理を(^^;

それでも、雑穀米を合わせることができるので、「普通の料理が食べたいけれど、ちょっと健康に気をつけたい」という人にもいいと思います。

 

2週間の中国旅行で少しだけ疲れた胃腸に優しい味でした。

香港昼食2

 

菓一道健康餐廳 Fruit Stop Health Food Restaurant
住所:尖沙咀廣東道33號中港城6座平台1號舖(Googleマップ

-ローカルフード, 中国グルメ, 中国出張

この記事を書いた人

C-STUDY管理人。フリーランスのプログラマー+中国語通訳翻訳+ブロガーをやってます。中国語は独学でHSK8級+中検準1級。中国・中華圏を中心に東アジア~東南アジアが活動範囲です。もっと詳しく

共有する

これは役に立つ!面白い!と思ったら共有してくださるとうれしいです。シェアしていただけると、がぜんやる気がでます^^

C-STUDYの定期読者になりませんか?

ブログの更新情報をメールでお届けします。購読は無料、解除も簡単です。 読者数:244人

関連記事