中国語 のお勧め記事

正しい中国語なのに通じない?『日本語は「空気」が決める 社会言語学入門』

2016/09/22

最近読んだ本から気付かされたことがあります。

 

「生きた言葉が存在するのは、人と人とのコミュニケーションが行われている社会です。社会という環境のなかで言葉がどう働いているのかを知って初めて、言葉の真の姿が見えてきます。」

「ちまたには、日本語について書かれた本は溢れていますが、その多くは『正しさ』について書かれた本です。・・・『ふさわしさ』を決める社会的なルールは、文法のような正しいか正しくないかのルールではなく、・・・ゆるやかなルールなのです。」

 

6200767901_a7d403c52a_z

Locust I | Flickr - Photo Sharing!

 

この本は日本語ネイティブを対象として書かれた日本語に関する本なので、そのまま私たち日本人の中国語学習者に当てはめることはできませんが、
「正しい」と「ふさわしい」の対比はとても参考になりました。
私たちも中国語を学ぶ時に、文法的に「正しい」フレーズを学ぶことより、その場に「ふさわしい」フレーズを覚えると、中国語をより楽しく学ぶことができると思います。

 

例えば、日本人は「あいさつ」をとても重視しますから、初心者向けのテキストには下のようなフレーズが良く載せられています。

 

  • 日本語:はじめまして⇒中国語:「初次见面
  • 日本語:よろしくお願いします⇒中国語:「请多关照
  • 日本語:おじゃまします⇒中国語:「打搅了
  • 日本語:いただきます⇒中国語:「吃饭了
  • 日本語:ごちそうさまでした⇒中国語:「吃好了

 

2014-03-09 12.24.20

上のフレーズは、文法的には「間違ってはいない」のですが、実際の場面では「ふさわしくない」ことが良くあります。(※実際、中国語ネイティブがこれらのフレーズを使うことはほとんどありません)

 

「ふさわしい」フレーズを学ぶには、テキストだけでなく、ネイティブのことをよく理解している先生が必要です。
C-STUDYのテキストは現地で使われているテキストですので、上のような日本人向けのフレーズは使われていません。
また、実際に現地で生活しているC-STUDYの講師は、その場面に最もふさわしいフレーズをよく知っています。

 

2014-03-10 08.09.21

みなさんも、レッスンの時にはよく質問して、本物の中国人に通じる中国語を身につけてくださいね!

-中国語

この記事を書いた人

C-STUDY管理人。フリーランスのプログラマー+中国語通訳翻訳+ブロガーをやってます。中国語は独学でHSK8級+中検準1級。中国・中華圏を中心に東アジア~東南アジアが活動範囲です。もっと詳しく

共有する

これは役に立つ!面白い!と思ったら共有してくださるとうれしいです。シェアしていただけると、がぜんやる気がでます^^

C-STUDYの定期読者になりませんか?

ブログの更新情報をメールでお届けします。購読は無料、解除も簡単です。 読者数:245人

関連記事