中国語 のお勧め記事

中国語会話はキャッチボール、ではなくピンポン!

2016/09/22

「会話はキャッチボール」というのは良く言われますが、中国の方との会話に限っては「会話はピンポン!」と言ったほうが良いのでは、といつも感じています。

9039812294_8a94dcbd18

(Photo: mini_Sh@wn)

 

ピンポン、つまり卓球乒乓球のことですね。

 

中国の方が話すテンポを思い浮かべてから、この動画を見ると、

そう思いませんか?(^^

 

卓球で、できるだけ長くラリーを続けようと思うと、

安定したテンポで、同じ高さ・正確なコースで、すぐに打ち返すのが親切ですね。

 

会話も、それと同じように感じています。

【安定したテンポ】

初心者のうちは、知っている単語は早口なのに、知らない単語になると急に遅くなる、ということがよく有ります。私もそうでした(^^;

でもこれは、卓球で言えば、スーパースローとスマッシュをランダムに混ぜるような上級テクニック?なのです。相手にはかなりの試練になりますね。

380

ゆっくりでも全然構いませんので、自分に無理のない、安定して話せるペースで話してみてください。

 

【同じ高さ、正確なコース】

中国語で、高さと言えば声調(四声)ですね。

第1声はより高く、第2声はしっかり上まで、第3声はとにかく低く、第4声は十分な高さから・・・

外国人ですから多少不自然でも構いませんから、相手が判別しやすい声調(四声)で話すと親切です。

DSCF3250

 

 

【すぐに打ち返す】

中国の方は特に、「会話が続く」ことを好みますよね。

時によっては、私たちには「売り言葉に買い言葉」と聞こえることもありますが、それが彼らの心地よいテンポなのですね。

P1000690

ここでちょっとズルいテクニックを。

相手の方が訛りがきつかったり、スピードが速かったりして「な~んか良く聞き取れないな~」と思っても、なんとかして単語一つだけでも聞き取りましょう。

そしてその単語を「オウム返し」するのです。

例えば、「★●#!@■☆※~~~公平感~~~★●#!@■☆※」というようなことを相手が話していたら、すかさず「公平感?」と返してみてください。

 

私も、中国語1年目はそうして切り抜けました(^^;

もちろん、「空振り」も良くあって、「そんなこと言ってないけど?」という顔をされたこともしばしばですが、そこにメゲてはいけませんね!

 

ぜひ、今度のレッスンで先生と「ピンポン!」会話を楽しんでみてください。

 

ネイティブがよく使う中国語表現
ネイティブがよく使う中国語表現于 美香 于 羽語研 2010-08-10
Amazon

by G-Tools

 

-中国語

この記事を書いた人

C-STUDY管理人。フリーランスのプログラマー+中国語通訳翻訳+ブロガーをやってます。中国語は独学でHSK8級+中検準1級。中国・中華圏を中心に東アジア~東南アジアが活動範囲です。もっと詳しく

共有する

これは役に立つ!面白い!と思ったら共有してくださるとうれしいです。シェアしていただけると、がぜんやる気がでます^^

C-STUDYの定期読者になりませんか?

ブログの更新情報をメールでお届けします。購読は無料、解除も簡単です。 読者数:246人

関連記事