香港・マカオ のお勧め記事

中国と香港の違い?「簡体字+人民元」と「繁体字+香港ドル」

2016/09/20

中国でありながら、中国でない。 香港(中国語では、香港はそんな不思議な立ち位置にある都市です。普段は上海やその周辺を訪問することが多いのですが、今回、初めて香港を訪問しました。香港と中国の違いなど、少し書いてみたいと思います。

香港は元々イギリスの植民地

香港って中国なんですか?なんて聞かれることがあります。その答えは、ある面ではそうですが、でもある面では違います、となります。どういうことかと言うと…

アヘン戦争後、イギリスの植民地となった香港は、 1997年に中国に返還されましたが、その後も「高度な自治」を維持していて、 公用語、通貨、法律、政治制度の全てが中国とは異なったままの状態が続いています。

2013-11-17 13.19.50

言葉の違い:香港の公用語は広東語だが中国語も通じる

中国の公用語は中国語(中国語では普通话」、いわゆる北京語)ですが、 香港の公用語は広東語(中国語では、「粤语」もしくは「广东话」)です。

中国語(普通話)と広東語は、どのくらい違うかとよく尋ねられます。

例えば「私は日本人です」という日本語を中国語では「我是日本人」と発音しますが、広東語では「我係日本人」と発音します。かなり違いますね!

でも、最近は香港でもほとんどの場所で「普通话」が通じるようです。また、英語も通じますし、店によっては日本語が通じるところもあるようですので、それほど心配はいりません。

漢字の違い:香港の漢字は繁体字、中国の漢字は簡体字

文字も、中国では簡体字(中国語では、「简体字」もしくは「简化字」)が使われていますが、

04_浦東到着_5

香港では繁体字(中国語では、繁体字が使われています。繁体字は日本の漢字により近いので、見るとちょっと安心します。

2013-11-16 18.08.30

通貨の違い:香港の通貨は「香港ドル」、価値は人民元の8割ぐらい

中国の20元(約380円)紙幣(中国語では、纸币

2013-12-06 00.03.44

香港の20香港ドル(約300円)紙幣

2013-11-20 07.42.36

中国との関係:今のところ独立した政治・経済の仕組みをもってはいるが…

香港は1997年の返還時に、中国の「特別行政区」として中国本土とは別の政治・経済の仕組みを保ったまま中国の一部となりました。

それで、今でも中国との往来には出入国審査が必要です。(関連記事:香港から広東省深セン 東莞 広州などに行く

香港人は中国に自由に出入りできますが、中国人が香港に出入りするにはビザ(通行証)を発行してもらう必要があります。

2013-11-17 13.17.00

表向き、民主主義・資本主義自由経済の形を取っていますが、完全な民主主義とは言いがたく、また中国本土からの圧力も大きいため、しばしば政治デモが起きています。

これから香港がどのように変化していくか、世界から注目されています。

ところで、海外旅行保険の準備はお済みですか?
C-STUDYイチオシのEPOSカード年会費完全無料なのに、
 海外旅行保険自動付帯
 治療保障最高270万円
 キャッシュレス診療対応
といいことづくめ。
海外旅行に行くなら持っておいて絶対損はしませんよ。
【今なら8000pt還元中】エポスカードに入会するなら今がチャンス! 

-香港・マカオ

この記事を書いた人

C-STUDY管理人。フリーランスのプログラマー+中国語通訳翻訳+ブロガーをやってます。中国語は独学でHSK8級+中検準1級。中国・中華圏を中心に東アジア~東南アジアが活動範囲です。もっと詳しく

共有する

これは役に立つ!面白い!と思ったら共有してくださるとうれしいです。シェアしていただけると、がぜんやる気がでます^^

C-STUDYの定期読者になりませんか?

ブログの更新情報をメールでお届けします。購読は無料、解除も簡単です。 読者数:245人

関連記事