ローカルフード 中国グルメ 中国出張 のお勧め記事

日本のラーメンと全然違う!?中国で本場のラーメンを食べてみた

2016/09/22

日本のラーメンは中国発祥の料理と思われていることが多いですが、実は日本のラーメンと全く同じものは、中国には存在しないんです。中国と日本のラーメン、比べてみました。

日本のラーメンのルーツは?

日本のラーメンにはいろいろなバリエーションがありますね。

これは、日本のとんこつラーメンですが、チャーシューや煮卵、ネギのトッピングなどがあって、とてもおいしそうです。

とんこつラーメン

さて、日本のラーメン(中国語では、日式拉面は中国発祥の料理と思われていることが多いですが、実は日本のラーメンと全く同じものは、中国には存在しません。

Wikipediaによれば、ラーメンの語源には諸説あるようです。

1つは中国西北部に位置する蘭州の麺の一種「拉麺」が由来という説である。中国語の「拉」とは「引っ張る」という意味で、拉麺は蕎麦やうどんのように刃物で切り分けて細長い形にするのではなく、手で引っ張り伸ばして細長い麺の形を形成する手打ちの技法で作られる。この拉麺は麺生地を延ばし何層か折りたたんで包丁で細い麺状に切る「桿麺」とともに日本のラーメンの原型となったが、日本では各地にラーメンが広まった時期と製麺機が登場・普及した時期が近かったため、麺の手打ち職人が育つ間もなく製麺機での製麺が一般的になった。2つは老麺を由来とする説で、一部の辞典はラーメンの項目で「拉麺」とともに「老麺」という漢字表記も採用している

中国本場のラーメン

こちらが、中国の「ラーメン(中国語では、拉面」です。

中国のラーメン

一見、同じような食べ物に見えますが、麺がかなり違います。

ストレート麺で、日本のラーメンほどかん水の含有量が多くないので、どちらかと言うと細いうどんのような食感です。

こちらは「兰州牛肉拉面」と呼ばれる料理です。

中国語の「拉面」には、「小麦粉の生地を手で引っ張って延ばしたもの」という意味があります。

日本にも「手延べそうめん」や「手延べうどん」がありますね。それらをイメージしていただければ良いと思います。

日本語と中国語で異なる「麺」の意味

」が引っ張るという意味、「」が小麦粉という意味です。

中国の汁なし麺

麺(面)は、もともと『細長いひも状の食べもの』の意味ではなかったんですね。

中国から日本に伝わった際に、意味を間違えて伝わってしまったそうです。

ビーフンは麺料理ではない

例えば、こちらはお米で作った麺(ビーフン)なのですが、

これは「面」ではなく「米线」と呼びます。

汁ビーフン

中国ラーメンは牛骨スープが基本

また、スープは基本的に牛骨スープのようです。

青菜ラーメン

このラーメン自体は辛くないのですが、辛い物がお好きな方は、テーブルに置いてあるラー油(辣椒油)を、好きなだけかけることもできます(^^

ラー油

今度、中国に行かれた時に「兰州牛肉拉面」、ぜひ試してみてください。

-ローカルフード, 中国グルメ, 中国出張

この記事を書いた人

C-STUDY管理人。フリーランスのプログラマー+中国語通訳翻訳+ブロガーをやってます。中国語は独学でHSK8級+中検準1級。中国・中華圏を中心に東アジア~東南アジアが活動範囲です。もっと詳しく

共有する

これは役に立つ!面白い!と思ったら共有してくださるとうれしいです。シェアしていただけると、がぜんやる気がでます^^

C-STUDYの定期読者になりませんか?

ブログの更新情報をメールでお届けします。購読は無料、解除も簡単です。 読者数:245人

関連記事